2019年5月19日 (日)

これは便利!マジックハンド

先日、姉からメールが来た。

「マジックハンドが欲しい。」

病室からの依頼メール。
4月下旬に、左大腿骨の頸部を骨折し入院中。

1週間程度で、杖を使って歩ける程度に回復。
しかし、まだ、かがむ事が出来ない。

床に落ちたものを拾う度に、多忙な看護師さん
を呼ぶには忍びない。

そこで、マジックハンドの登場。

メールを受けたのが、羽田空港で搭乗が始まった時。
大至急、アマゾンで検索。

たくさんの商品が、アップされていた。
コメントを斜め読みし、商品を特定。
さっそくクリックして発注。

このタイミングで注文しないと、明日届かない。
那覇に到着してからでは、明後日になってしまう。

手に入れたのは、以下の商品。

つかみ棒 ZB-4905

サイズ:約2cm×83cm×10cm
材質:本体=スチール 握り部=PP つまみ先端部=ゴム
商品重量:136 g
滑り止め付き

翌日、帰宅してから届いた商品を確かめると、
なかなかの優れもの。

まず軽い。適度な長さで取り扱い易い。先端にゴムが
張ってあるので、細かいものを確実に掴める。

その日の夕刻、病室に持参。
とても喜んでくれた。

その後も、重宝して使っているとの事。
負担が少しでも減り、早く回復する事を願いたい。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

生活指導員と生き方支援者

今年も、メンター研修が始まる。

このメンターという役割発揮、実は、とても奥が深い。

私が入社した当時、「生活指導員」と言う制度があった。
先輩が後輩に、会社での過ごし方を教えるという趣旨。
ロッカーの使い方、食堂の利用方法、会議室の取り方等。

最初は右も左も分からないので、確かに助かる。
しかし、この程度であれば、別に制度として運用する
までもない。

会社生活を送って行く中で、諸々の壁にぶつかり、
次第に悩みが深くなって行く。
心が折れて、メンタル不調になる若者が増える一方。

本来、これらの社員の発生を防ぐのは、上司の仕事。
しかし、上司もプレイヤーの仕事を課され、手一杯に。

そこで、考え出されたのが、メンター制度。
先輩が、後輩のビジネスキャリア上の相談に乗るだけ
ではなく、ライフキャリア上の相談にも応じる。
言葉を替えると、「生き方支援者」。

この役割を果たすには、かなりハイレベルな能力が
求められる。

まずは、相手と言う人を理解する能力が不可欠。
その上で、相手の分かる言葉で会話する事が大事。
自分のペースで、説教口調になるのは論外。

この任に就く青年を動機づけ、前向きに取り組んで
もらえるように支援するのが、私の役割。

「生き方支援者」の「生き方支援者」。
単なる生活指導員とならないように、
自ら心して臨みたい。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

大宮盆栽美術館へ再訪

Dsc_0004
昨日、仕事が終わった後、今年も
大宮盆栽美術館へ足を運んだ。

連休明けのためか、午後の早い時間だったが、
館内はかなり空いていた。

例年は、若い方の姿がかなり見られた。
しかし、今回はどちらかと言うと、
年輩の方が多かった。

欧米の方々も、ちらほらと。
伺う度に外国の方に出合う事から見ると、
盆栽は世界に認められた芸術と思わざるを得ない。

今回の注目すべき展示は、各元号に呼応した、
素晴らしい盆栽の数々だった。

まず、大正、昭和、平成の各時代に、
表彰等を受けた盆栽が屋外展示されていた。

陽光に照らされ、それぞれ独自の小宇宙を
醸し出していた。

そして、一番最後に、令和を代表する梅の展示。
なぜ梅かと言うと、令和の名が、万葉集の
梅の花の歌32首の序文から引用されたから。

展示されていた梅は、説明を読むと
樹齢100年を越える古木との事。

もう花は散っていたが、新緑の若葉が日に
照らされて、輝きを放っていた。

静寂の中の、至福のひととき。

来年も、また来ようと思った。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

これは便利!マグネットバー

書棚の大整理の際、改めて購入したものがある。
それが、ボッスクティシュ用のマグネットバー。

以前持っていたが、ある時に空いたボックスティシュ
と共に、捨ててしまった経緯がある。

それ以降、ボックスティシュを、デスクの背後のある
書棚に置いて来た。
そのため、使う度に振り返り、ティシュを取る事に。

使う頻度が多くなると、振り返る動作が多くなる。
書棚も手狭になって来ると、スペースが欲しい。

と言う事で、今回、以下の製品を再購入する事に。

日本製紙クレシア
マグネットバー くっつくん3本パック
クリネックス・スコッティ用

ボックス裏面の専用挿入口に差し込んで使う仕様。
説明を読むと、同社のキッチンタオルボックスや
ペーパータオルボックスにも使えるとの事。

他社の製品でも、カッターで切り込みを入れれば、
使用可能だと思う。

マグネットバーを装着したボックスティシュを、
デスク横のスチール製引き出しに張り付ける。

これで、書棚の省スペースと振り返り動作が解消。

僅かな事だが、これが大事。
塵も積もれば山となる。

これからも、こまめに身の回りをチェックして行きたい。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

ソファー視察

連休中の計画の一つに、ソファー視察があった。

現在使っているソファーは、独フクラ製のもの。
スエード張りで、当時、かなりの値段がした。
しかし、もう30年近くが経過。

色も褪せ、かなりくたびれて来た。
この辺で、買い替えようという話が。

その日は、妻以外に、長女も来てくれた。
久しぶりに、親子3人での外出。

当日は、妻が立てた計画に沿って行動。
まず、3箇所を回った。

五反田TOC、東京ドームプリズムホール、
台場アクアシティ

歩きに歩いた。
求めたソファーは、今と同じ、2人掛けと1人掛け。
そして、ソフトな座り心地のもの。

しかし、思いどおりのソファーが、見つからない。
と言う事で、もう一箇所行く事に。
それが、東京ビッグサイト大塚家具ショールーム。

伺って驚いた。
広大なスペースのショールーム。

棒のようになった脚を、とにかく前へ出して
進む感じ。

しかし、その甲斐あって、各部品をオプションで
選べるソファーを発見。

クッションの硬さから始まり、肘掛けの厚さ、
脚の高さ・材質、生地の色まで自由自在。

これはいい。
まずは、第一候補に。

この後も、少し時間を掛けて、さらに検討を重ねたい。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

孫と行ったイチゴ狩り

少し前になるが、4月中旬に、次女と孫の優真
そして妻と共に、イチゴ狩りに行って来た。

行った先は、越谷市にあるいちごハウス。
昨年もお伺いしたが、私は仕事で同行せず。

当日は雨降りで、天候が優れなかった。
しかも、(水)という事も手伝い、広いハウス
の中には、我々以外に1組だけ。

そのため、熟れたイチゴを堪能する事が可能に。
様々な種類のイチゴが、栽培されていた。

30分間食べ放題。
しかし、45分まで猶予して頂いた。

コンデンスミルクも販売されていたが、使わず。
自然の甘さを堪能した。

3歳の優真も、自分でちぎって、盛んに食べていた。
しかし、制限時間の半分位で、飽きてしまった。

その時、イチゴの帽子が置いてあったので、
被って記念撮影。

その後、ハウスの中を散歩。
そして、イチゴの生育状況を観察。
まるで、理科の時間。

その興味も尽きたところで、時間が来た。

皆で、文字通り、美味しい時間を過ごす事が出来て、
幸せ気分を満喫する事が出来た。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

日々を有意義に過ごす

今年の4月以降、かなり自由な時間が持てている。

これらの時間を、どう使うかが大事。
一番時間を掛けたは、論語の再学習。

それも、安岡定子氏と伊與田覺氏の著作を
深く読む事に絞った。

これまでも、お二人の著された本を、何回も
読んで来た。

安岡氏の本は、小学生でも分かるように
とても分かり易く解説してくれている。

ですので、研修で語句を引用する際、
大変参考にさせて頂いている。

伊與田氏の本は、とても味わい深い。
説明に使われる言葉も、かなりハイレベル。

ですので、広辞苑を傍に置き、その言葉の
意味内容を確認しながら熟読。
日本語の奥深さに、改めて感動するばかり。

お二人の本を読みながら、引用されている
論語の章句を、その度に論語の原書で確認。

その繰り返しを行いながら、自分の中で
論語の深い意味を、自ら説き起こして行く。

この自分の中で理解して行く事が、重要。

しかし、空いた時間を、全て論語に費やして
いる訳ではない。

明日何を行いたいか、今日何を行ったか。
予定と実績を手帳に書いて記録に残している。
書くことが大事。

時間の使い方を自覚し、自らを切磋琢磨する。
今後も、焦らず弛まず、日々の時間を
有意義に使って行きたい。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

今年も新着ポロシャツ入手

連休に入り、次第に気温が上がって来た。
もう、半袖の方も、かなり拝見するように。

そろそろ、長袖とお別れする時期が近づいて来た。
と言う事で、半袖シャツを再点検。

毎年、暖かい時期は、ポロシャツで過ごしている。
以前は開襟シャツが中心だったが、いつの頃からか
ポロシャツに移行。

今、最も気に入っているのが、ユニクロの
ドライEX プリント ポロシャツ(半袖)。
ポリエステル100%で、着心地と通気性が快適そのもの。

この素材が出るまでは、カノコシャツを愛用して来た。
綿で肌触りが良く、色の種類が多い。
しかし、汗を多くかいた時は、少し違和感が。

ドライEXの中で、更にいいなと思っているのが、
山口歴(めぐる)氏がデザインしたポロシャツ。
シンプルな中に、躍動感がある。

今年も既に、山口氏のシャツを1着購入済み。
この後も、ポロシャツを何着か、更新する事に
なるだろう。

後は、ポロシャツを格好良く着こなせる体づくり。
上半身は大胸筋と三角筋、下半身は腹筋と背筋が
物を言う。

夏場に向かい、改めて贅肉を削ぎ落としたい。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

積み重ねラック活用

Dsc_0003

書棚の大整理を行って、かなり棚が空いた。
このスペースを、更に有効活用したい。

これまで、ツアーやダイビング時に入手した記念品を、
雑品類と共に、書棚の空きスペースに並べていた。

更に見栄え良くするためには、これらの雑品を
片付ける必要がある。

雑品とは、出張時に持参する道具類が中心。
必要なものである事には、違いない。

ならば、省スペースで収納する事を考えたい。
という事で、さっそくダイソーへ。

最寄りのダイソー3店を回り、いいものを見つけた。
スチールワイヤー焼付塗装製の積み重ねラック
アイボリー、耐荷重1kg
幅23cm、奥行17cm、高さ16cm

上部両脇に返しが付いている。
積み重ねる場合、そこに上のラックの足をはめ込む。
積み重ねない場合でも、上棚のものの落下防止になる。

さっそく、書棚に設置。
ただし、積み重ねは、書棚の高さの関係で不可だった。
しかし、上下にものを置く事が出来、空間を有効活用
する事が出来た。

少し知恵を絞るだけで、住環境が整えられて行く。
この後も、定期的に見直して行きたい。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

久しぶりの多摩動物公園

今回の10連休2日目に、孫家族と共に、
多摩動物公園で楽しいひと時を過ごして来た。

多摩動物公園は、多摩丘陵の山岳地帯にある。
そのため、アップダウンが厳しい。
何と、高低差が60m。

そして、広い。
東京ディズニーランドが、すっぽりと入る。
3歳の優真が、これらの地形に、どこまで対応出来るか。

しかし、それは杞憂だった。
坂道をどんどん登り、下りは掛け降りる。
こちらが、付いて行くのがやっと。

「ゾウとカバが見たい。」
像はアフリカ像とアジア像が居たが、かばは居なかった。

「じゃあ、クマでいいや。」
幸いにして、つきのわ熊が居てくれた。

しかし、動物への興味は、この後、キリンとサルで終了。
後は、ひたすら地面を見つめ、アリやダンゴムシに夢中。

尺取り虫を見つけ、驚喜。
自ら縮んで延びる真似をして、楽しんでいる。

糸を引いて、枝からぶら下がっている尺取り虫も発見。
丸々と太った緑鮮やかなアオムシも、何匹も見つけた。

動物公園は、自然に満ち溢れていた。
緑豊かな森と、澄んだ空気。
そこに居るだけで、癒される。

「動物公園って、いいね。」

親である次女が、静かにつぶやいた。
またいつか、一緒に来たいものだ。

| | コメント (0)

«これは素敵!クラシックバレエ