« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

今後の方向性

すっかりご無沙汰してしまった。4月は、年度始めの診断協会関係のイベント実施やキャリアカウンセリングの大きな仕事が入ったため、全く余裕がなくなってしまった。

しかし、忙しい中で独立1年目を迎えたが、今後の方向性につき、何をしたらいいかが見えて来た。まさに神の啓示である。それは、ヒューマン、キャリア、人事関係の方向性である。

もともと「人」には興味があったが、なかなか形になって来なかった。在職中は、卸のワンストップ経営コンサルタントを目指して幅広く勉強した。特にロジスティクス、ITは現場レベルで話しができる実践力を身につけた。しかし、いつも物足りなさが残っていた。もっと深いところに問題があるのではないかと。

独立後、すぐにキャリアカウンセラーの仕事を頂いたのが、きっかけとなった。やはり最後は「人」だと。独立を目指す脱サラの若者、定年退職前にやめて自分のしたい第2の人生を踏み出そうとする高齢者、パートで働きたいという中年のご婦人、いろいろな方との出会いが合った。TセンターやAガーデンでのキャリアデザインセミナーや講義でも、数々の方と出会った。

経営コンサルタントとキャリアカウンセラー、呼び方は違うが、根っこは「人助け」でつながっている。アプローチの仕方が少し違うだけだ。いや、私にとって呼び方など、どうでもいいのだ。個々人がそしてこの方々が構成する組織が、活き活きしたものになればそれでいいのだ。既存の枠に捉われることなく、私自身も自分の信ずるところに従い、活き活きと過ごして行きたい。

今年度も、このブログを自らを振返る鏡として活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

完璧バックアップ体制

昨日3/31(金)に、外付けハードディスクを買って来た。パソコンのディクス容量が足りなくなったからではない。大切なデータのバックアップ体制を整えるためだ。

開業してちょうど今日で1年になる。この1年の間に、パソコンの中にお客様のデータをはじめ、大切な仕事上のデータが、かなり蓄積されてしまった。従来は、終了した仕事のデータをMOに移して保存していたが、日常のデータはパソコンの中に置いたままだった。

これでは、パソコンのハードディクスがクラッシュしたら、一貫の終わりだ。パソコン上のデータが全て失われることになる。前から気になっていたのだが、時間がなく対策に手がついていなかった。

従来から、手数がかからずかつ安価で信頼できるバックアップ方法につき、研究はして来た。今回、その研究成果も含め、実現に移したという訳である。

今回構築したバックアップ体制は、何と4重に及ぶ。1重目はパソコンのハードディスク、2重目は今回購入した外付けハードディスク、3重目は従来から活用しているネットワークハードディスク、4重目はMOだ。

1重目のデータをミラーリングソフトを使用して1時間単位で2重目のハードディスクにコピーする。その上で、1週間単位で3重目のハードディスクにコピーする。そして完了したデータはMOへ保存するという構成だ。

ミラーリングソフトは、いろいろ探したが、オンラインフリーソフトでいいものを見つけた。世の中には、本当にすごい人がいるものである。市販のソフトより、軽く使い易く、本当にいつも関心している。しかもタダである。本当に感謝したい。

という訳で、これで安心して仕事に打ち込める。やはり環境整備は大事だと言うことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »