« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月21日 (火)

ピサロ展

昨日、東京駅へ向う途中で、大丸ミュージアム東京に立ち寄った。

ここで、印象派の巨匠であるカミーユ・ピサロ展が開催されて
いたためだ。

魂のまま自由に描く印象派の絵画は、私の好きな作風のひとつ。
期待しながら会場へ入った。

少し暗い照明の中、歩を進めるごとに、いろいろな作品に出会う
ことができた。

通常の油絵に加え、デッサンや長男リシュアンに宛てた直筆の
手紙も展示されていた。

油絵は、自然や田園で働く人々を、光と色彩を用いてあるがままに
描き出し、懐かしさややさしさ等、何かほっとさせる温かいものを
感じさせるものが多かった。

一度ざっと全部を見渡し、再度展示の逆順に見直し、そして
もう一度、印象に残った作品だけを追いかけじっくり鑑賞した。

今回は、以下の3作品が特に気に入った。

「チュイルリーの庭園、雨天」 カミーユ・ピサロ
「モンフェルメイユ、森の小川」 ジャン=バティスト=カミーユ・コロー
「ラ・ガレンヌ・サン=ドニのセーヌ川」 スタニスラス=ヴィクトール
=エドゥアール・レピーヌ

一部、ピサロと同時代の画家の絵も含まれているが、
どの作品も、光のコントラストが素晴らしい。

日常の見慣れた庭や森、川の風景を繊細なタッチで描き出した
それらの風景は、見つめているとその世界に引き込まれそうな
錯覚を覚える。
それほど、自然に無理なく描かれているということだろう。

帰りに、これらの絵画の絵葉書が売られていたので、さっそく
購入して来た。

この大丸ミュージアム、大丸百貨店がメセナ(文化貢献活動)の一貫
として開催している。
低廉な入場料で、このような高貴な芸術鑑賞が出来ることは、
本当に有難い話しである。

今後の展示会も、大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

50歳からの体力づくり

数年前に購入した「50歳からの体力づくり」を再読した。

ねらいは、そこに書いてあったチューブを使ってのトレーニングを
マスターするためだ。

結論からいうと、昨日の出張先のホテルへ本とチューブを持参し、
いろいろ試してコツを掴んだ。

チューブは、ジムでもダンベル等と併用して使っているため
その基本的な使い方や留意点、メリットは分かっていた。

そのうえで、バリエーションを研究したかったのだ。

いろいろ試すうちに、本に書いてないことで、自分に合った
効果的なトレーニング方法を発見することもできた。
何事も実践あるのみである。

最近、出張が多くなって来たため、ジム通いの不足分を
補いたいという思いも実はあった。
4日以上空けると、感覚が鈍って来るのである。

何とか、今の水準を維持したいと、かねてから思っていた。

しかし、今回、改めてチューブと自重を使ったトレーニングでも、
結構、筋肉に刺激を与えることができることが分かった。

問題は、これをホテルで続けられるかである。
持続するには、より一層の根性が求められそうだ。

まあ、チューブがだめなら、クッションボールという手もある。
あまり気負わず、気分転換も兼ねて、楽しみながら
試して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

ダブルベッドとパソコン

いやー、これは楽チン!

昨夜チェックインしたホテルの部屋のことだ。

一人なにのなぜかダブルベッド。
そして、何とデスクトップパソコンまで、使いたい放題で
置いてあった。

この2つ、出張先では、ありがたい存在だ。

ゆったりした「睡眠」は、体を休めるために欠かせない。
そして、空き時間を活用した「メール」の処理。

とくに今回は土曜の夜一泊なので、メールも少ないと
思い、パソコンを持参しなかったのだ。
やはり、あると便利さが違う。

おかげさまで、昨夜はゆっくりメールしながら
のんびり過ごせた。

これから少し予習をして、今日の仕事に臨むこととしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

覚悟のすすめ

久々に骨のある本を読んだ。

タイトルが、「覚悟のすすめ」

阪神タイガース外野手である、金本 知憲(かねもと ともあき)氏の
著作である。

「ケガをしていても、それをいわなければケガではない。」

レギュラーの地位を勝ち取り維持するための、まさにハングリー精神
のかたまりのようなことばだ。

この気持ちが、結果として「連続フルイニング出場世界記録」を更新
させていると言える。

しかし、金本選手のすごいところは、ここからだ。

「世界記録を更新中のいまも、いつケガをしてもかまわないという
覚悟で試合に臨んでいる。」
「でなければ、全力でプレーすることなどできない。」

全力プレーすることが第一なのだ。

何が、それほどまでに彼を全力プレーに挑ませるのだろうか。

いろいろ書いてあったが、最後は「プロ」ということばに行き着く。

「(休場は、)サラリーマンでいえば有給休暇のようなものだ。」
「しかし、「それはどうなんだろう」そんな思いが私にはあった。」
「プロとして報酬を受け取っている以上、24時間、365日、プロとして
の意識をしっかり持ち続け、仕事はきっちりしたい。」
「プロとしての責任をまっとうするために、身体が動くかぎり試合に
出場するのは、自分の義務であり、誇りと思っているのである。」

すごい決意だ。

「練習で3割できれば試合で8割できる。5割できれば10割できる。」

これはまさに、試合という極限状態の中での集中力が成せる技だ。
なんとアグレッシブな捉え方だろう。

しかし、金本選手は、自分の弱さもしっかり押さえている。

「私はいわゆるビビリだったから、努力することを「やめられなかった」
という面もある。」

実に謙虚な心掛けだ。

彼は、自分と自分を信頼してくれているチームと、そして彼の活躍を
見に来てくれる観客のために全力プレーをしているのだ。
そして、そのための努力は、決して欠かさない。

「たとえお金にならないことでも、全力でプレーするのがプロ」

お金では表現できない貴重なものを、彼は我々に教えてくれている。

「覚悟を決めて 我が道を 突き進む」

帯の文字が光る一冊だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

いかモダン焼き

昨日の夕食は、「いかモダン焼き」だった。

関係先の若手との会食だ。

8連戦の仕事の中間まで来たため、これまでの振り返りと
今後の進め方についての確認をするためだ。

普通ならば、居酒屋かレストランで打ち合わせをするのだが、
今回は、お好み焼き屋さんとなった。

実は、私がお好み焼きが大好きなのだ。

昨日朝、ホテルから会場へ歩いていく途中で、少し外れた所に
お好み焼き屋を発見したのだ。

「ん、あの看板は、もしかしたらお好み焼き屋さん?」
「時間はあるな。よし、偵察行動開始!」
{おお、やっぱり! 今晩はここだ。」

そう決めていたので、「どこかへ行きましょうか。」と
声を掛けられた際、すぐに「お好み焼き屋」と答えた訳だ。

おいしかった。

よかったのは、たれがいろいろ選べたことだ。

ホルモン焼きたれ
激辛たれ
ゆずたれ
マヨネーズ
その他もろもろ

トッピングも、のりのほかおかかとか数種類
用意されていた。

いろいろ組み合わせて、味わった。

結局、1時間半ぐらいいたが、仕事の話しは
10分程度で終了。

あとは、全国のお好み焼きの話しやその他で
終始してしまった。

「あっ、もうこんな時間だ!」
「では、お互いにホテルに戻って仕事をしましょう。」

アルコールはなし。

これから、夜の仕事の部が開始になるのだ。
だから、大盛りは注文しなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

ホテルからご来光

昨日から三重県の津に来ている。

関係先の方が、駅前のホテルを予約してくれていたので
夜遅くチェックインした。

少し疲れていたので、寝過ごしてはいけないと思い
目覚まし代わりにカーテンを開けて寝た。

そのおかげで、今朝、「光」を感じて目覚めることができた。

「うーん、朝か。」
「ん? あれは何だ。だいだい色の光。」
{もしかして、太陽?」
「となると、この方向は伊勢湾か。」

そう、今まさに伊勢湾から太陽が昇る瞬間だったのだ。

「すごい! きれい! 感動した!」

どこかの政治家のようなことばだが、そのとおりだった。
やはり、自然は素晴らしい。

見る間に、太陽が昇って来る。
確か、直径を移動するのに2秒だと、小学校のときに
担任だった山本先生から教わった記憶がある。

「これは今日、いい仕事ができそうだ。」

そう思ったとき、前回打ち合わせ時に関係先の方が
おっしゃったことばを思い出した。

「いいお部屋をお取りしておきました。」
「きっとご満足頂けると思います。」

確かにそのとおりだった。
これも、全てを見通してのことだったのか。

このご来光の感動、さっそく今日の「つかみ」で
話させて頂くことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

12時間耐久レース

今日、12時間耐久レースを行ってきた。

車やバイクではない。
研修の仕事でである。

朝9:00から開始して21:00まで、途中に昼食と
夕食が入ったとはいうものの、質問等を受けていたため
ほとんどぶっ通し。

そのうえ、ほとんど立ちっぱなし。

演習が多かったので、話す時間は三分の一程度だったが
それでも正味4時間である。

しかし、まだ緊張状態が続いているため、疲れたという感じではない。

「明日ゆっくり休もう。」

普通はこういう展開になるのだが、今回はそうはいかないのだ。

実は、明日も12時間耐久レースを行うことになっている。

こういうとき、ジムでトレーニングした成果が表れる。
もっとも今回は、昨日行ったトレーニングが効いて
ダブルパンチのような形になっているが。

この後、ゆっくりシャワーを浴びて、今日は早めに寝ることとしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

広尾明治屋ストア

広尾にある明治屋ストアをご存知だろうか。

高級食品マーケットだ。

明治屋ストアの旗艦店だけあって、その高級ぶりは
並ではない。

私はパンに目がないのだが、ここにもホームベーカリーが
あり、焼きたてのパンを販売している。

今日、夕刻から出張に出た際、電車内でのおやつの
代わりに、ここでパンとラスクを買って行った。

ナッツデニッシュと黒糖ラスクだ。

安くはなかったが、やはり味は抜群だった。

「ウーン、うまい!」
「これから1個ずつ、全部食べてみたい!」

これから、近くに行く度に立ち寄ることとしたい。
これぐらいの贅沢は許されるよなと弁解しつつ。

しかし、秋になって体重が増加傾向になっているのが
若干気にはなっているのだが。

バランスを取るというのは、本当に難しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ブラックサンダー

昨日、出張先の愛知県豊田市のホテルで、夕食を買うために
近くのローソンへ行った。

何を買おうかなと考えながら店内を歩き、お菓子売り場の横を
通りがかったときである。

高校生2人が来るなり、「あった!」と叫びながら、あるものを
わしづかみにして行ったのである。

「なんだろう?」

興味が沸いてその商品を見ると、「ブラックサンダー」とあった。

「これか。体操の内村選手ご用達のチョコ菓子とは。」

こうなると、買わない訳には行かない。
好奇心がむくむくと湧き出て、1個カゴに放り込んだ。

さっそくホテルで食後に試食した。

思っていたよりもおいしかった。
ビターチョコの苦さとクランチの軽い歯ざわりが
うまくバランスしていた。

「なるほど。税込み32円でこの味だったら確かにヒットになるな。」

3かじでなくなるが、この小ぶりさが、ダイエットや
スポーツ前に少しというニーズにマッチしているのかも
しれない。

パッケージには「若い女性に大ヒット中」とあった。

実は、隣の棚に気になる商品があった。
その名は「ビッグサンダー」

次に機会がある時は、ぜひこちらを試食してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »