« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月29日 (火)

日記の下の五線譜

月刊「致知」4月号に掲載された、作曲家 船越徹
(83歳)氏と筑波大学名誉教授 村上和雄氏の対談が
興味深かった。

対談テーマは、「喜怒哀楽の人生を生きる」。
村上氏が質問者となり、船越氏が答える形。

船越氏は、日本を代表する作曲家。
日本の情緒を紡ぎ出す演歌を生み出し続け、
これまで世に送り出した数は、5000曲以上。

17歳で作曲家を志した後の人生を、連綿と語られ
ていた。
その中で、以下の言葉が、特に印象に残った。

「作曲家を本格的に目指そうと決めてから、
日記をつけるようにしました。」
「その日にあった出来事を書いて行く。」
「その下に五線譜を引いて、その日の文章に合った
メロディを書き込んで行く。」
「そうやって、その日の喜怒哀楽を形にして行く事を
何年も続けました。」

自分の感じた事を、日々音楽で綴って行く。
何と素晴らしい営みではないか。

努力の仕方も、いろいろある。
・大学等教育機関で勉強する。
・高名な先生に従事する。

しかし、自分の心と対話しながら、自分に習う
という方法もあるという事。

この場合の評価者は、聴いて頂く方々。
即、本番の世界。

長い年月の中で、育まれて来た感性は、嘘を
つかないという事か。

改めて、その道程に感じ入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

農業の革命期来たる

日経ビジネス最新号で、「TPP時代に勝てる農産物ジャパン」と
題した特集が組まれていた。

いつもは、記事を斜め読みで、殆ど読み飛ばしている。
しかし、この特集を読み始めたら引き込まれてしまった。

今まで、手厚く国により守られて来た日本の農業。
しかし、TPP発効後は、否応なしに海外の農産物が国内へ。
この事態に、どう対応すればいいのか。

記事は、これを迎え討ち、攻撃に転ずる布陣として、
サッカーのスターティングメンバーに例え、
有力な農産物をラインアップしていた。

センターフォワード:日本農業界が誇るストライカー
あまおう【果実、福岡】
レフトウイング:真価発揮する「日本の肉」のリーダー
松坂牛【畜産物、三重】
ライトウイング:中国爆食市場への切り込み隊長
常呂(ところ)産ホタテ貝【海産物、北海道】
トップ下:あまおうと日本果実の橋頭堡に
リンゴ「サンふじ」【果実、青森】
サイドハーフ:欧州首脳も絶賛、本場産と真っ向勝負
十勝産チーズ【乳製品、北海道】
ボランチ:和食を世界に、日本農業攻撃の起点
「獺祭(だっさい)」【日本酒、山口】
サイドハーフ:海外産流入防ぎ、隙あらばカウンター
十勝産川西の長いも【野菜、北海道】
サイドバック:世界が垂涎、平安からの甘み
九条ねぎ【野菜、京都】
センターバック:「機能性」で海外産寄せ付けず
「さらさらゴールド」【野菜、北海道】
サイドバック:今も輸入はわずか、日本有数の水産資源
気仙沼のサンマ【海産物、宮城】
ゴールキーパー:攻撃参加も可能な日本農業の守護神
魚沼産コシヒカリ【コメ、新潟】

秀逸の例えで、感心した。
この布陣で、農業に革命が起きる事を、ぜひ期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

体温保持を考える

桜開花の頼りも聞かれ、だんだん春めいて
来た今日この頃。

しかし、晴れていても、まだ風が冷たい。

先日、晴天の日、もういいだろうと思い、
コートなしの、スーツだけで仕事に出掛けた。

少し寒かったが、大した事はないだろう。
そう思って、1日を過ごした。
それがいけなかった。

翌日、どうも調子がおかしい。
体がだるい。
そして、くしゃみも出て、のども痛い。

前日、インフルエンザ上がりの営業と
半日を一緒に過ごしたためか。
しかし、熱はない。

どうやら、気温の変化に、体がついて行け
なかった模様。
体温調整で、体力を消耗したのだ。

新陳代謝機能が、低下したと言う事か。
エンジンを無理に回さないと熱が生じない。

残念だが、やむを得ない。
寒暖対策として、保温をもっと真剣に
考えなくては。

季節を経る度に、こう思う事が多くなって来た。
風邪をひくと、確実に体力が減退する。

この先も、留意して臨みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

3つの「あ」

先日、テレビで、スキージャンプ競技の高梨沙羅
選手のインタビューの様子が放映されていた。

ちょうど、高梨選手が、今期最後のフィンランド大会
から帰国したタイミングでの記者会見。

ワールドカップで、シーズン個人総合優勝3回目の快挙。
これは、複合競技の萩原健司選手に並ぶ、
日本人最多記録。

インタビューの様子は、非常に落ち着いていた。
とても19歳とは思えない。
元々動じないタイプだが、更に増幅した感じ。

一瞬の勝負の場を経て来ると、こうも成長するのかと
感心した。

「大事にしている事は何ですか。」
「それは、3つの「あ」です。」
「3つの「あ」とは、あせらず、あわてず、あきらめずです。」

この言葉は、チームの管理栄養士さんに教えて頂いた
との事。

「いつも、この3つの「あ」を、忘れずに居ます。」

ジャンプ競技は、飛び出す一瞬でほぼ全てが決まる。
空中姿勢もあるが、後は、まさに運を天に任せる感じ。

路面状況、風速風向、飛翔角度等を素早く察知した上で、
飛ぶ瞬間を逃さないためには、極度の集中力が要求される。

でも、このような瞬間は、実は誰にでも訪れる。

その時のために、3つの「あ」を、我々も日頃から心掛けて
行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

ベレー帽!到着

71hxggrzjnl__ul1500_
待っていた、ベレー帽が届いた。

購入したのは、「ロスコG.Iスタイル ベレー帽」。
・ブラック 58cm
・ウール98% ナイロン5%

動機は、少しカッコをつけるため。

帽子は、これまで余り縁がなかった。
ダイビングや登山等、必要な場合だけ着用。

しかし、これからはお洒落もしてみようかと。
でも、ただの飾りでは、物足りない。

同じ被るなら、本物を。
それも、かなり印象の強いものを。

という事で選んだ品が、軍隊仕様ベレー帽。

お洒落とは、言い難いかも知れない。
だが、スタイリッシュである事は違いない。

アマゾンで、数日に渡りチェック。
外国仕様は、頭囲が大きい。
やっと、58cmを見つけた。

色は、ダークグリーンが欲しかったが、
品切れ状態。
結果的に、ブラックとなった。

威圧感が若干あるが、まあこれも愛嬌。
サングラスを掛けて、さらに強面に。

体をブラッシュアップする励みが、
さらに出て来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

論語の奥深さ

論語に書いてある内容は、当たり前の事ばかり。

だから、若い頃は、歯牙にも掛けていなかった。
そんな事、分かっていると。

しかし、ここまで生きて来て、それが不遜な事で
あった事がよく分かる。

当たり前のことが、出来ているのか。
そこには、出来ていない自分が居る。

年月を経て、初めて分かる。
当たり前の事を実行し続ける事が、いかに難しいか。

軸を持ち、動じない心が備わっていないと、
「続ける」事は出来ない。

論語の場合は、最も深い想いが「仁」となる。
この仁を、いかにして行動の中で表して行くのか。

論語では、それを「礼」を守る事としている。
礼儀を重んじ、仁を深めて行く。

その過程で、自らを磨いて行く事となる。
しかし、それが難しい。

磨き方が独りよがりになってしまっては、何にも
ならない。
そして、人がいつも助言してくれるとは限らない。

必要になって来るのが、天と対話する事。
その方法は、自分で探して行くしかない。

論語を読んでいると、宇宙に居るよう。
天は、宇宙に通じている。
自分を大きく捉え、宇宙に放って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

ダイビング器材発送

3月末から、再び奄美へ向かう。
目的は、スクーバダイビング。

でも、それだけではない。
自然に抱かれに行く。
この表現の方が、よりふさわしいかも知れない。

都会で暮らしていると、人間中心。
人間に都合がいいように、全てが作られている。
昼夜を問わず明るく、コンビニへ行けば手軽に
必要なものが手に入る。

しかし、その便利さが、我々を蝕んでいる。

運動不足で体の活力が失われ、免疫力が低下し
虚弱体質となる。

人工的に作られた食品で栄養が失われ、
偏食・カロリー過多を通し成人病が併発。

周りに対する感謝の念が失われ、非道な振る舞い
が各所で見られる。

繁栄の代償は、大きいと言わざるを得ない。
体だけではなく、心も深く静かに病んでいる。

これらに気づけば、行う事はひとつ。
自然に戻る機会を作る。

私の場合は、それが奄美へ行く事。
空と海と生物。
それぞれに、教えを請いに行く。

昨日、早々とダイビング器材一式を、お世話に
なるショップへ発送した。
45回目の奄美が、カウントダウンに。

今度は、どんな出会いが待っているのだろう。
抱かれ、学び、気づきを得て来たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

出掛ける時は

現在、ビジネスで、4つのバッグを使い分けている。
必須アイテムである小物は、それぞれのバッグに、
全て共通したものを入れてある。

それにプラスして、当日必要なものを入れて行く。
その際、大事にしている事がある。
それは、それぞれの入れる所を決めておく事。

目的は、3つある。

① 準備にもれがないか、確認出来る。
② 現場で素早く取り出せる。
③ 片付ける時、忘れ物をなくせる。

①は、納めるべき箇所に入れない場合、
  それでいいか確かめる事が出来る。
②は、納めた箇所が分かっているので、
  探す必要がない。
③は、納めたい箇所が空いていると、
  おかしいと感知出来る。

前提条件がある。
収納する場所を、予め地図のように覚えておく事。

これは、習慣化して記憶するのが効果的。
感覚で覚えておかないと、すぐにピンと来ない。

最近、4つのバックの収納やポケットに、何を
入れれば効果・効率的か分かり、固定化して来た。

ここまで来れば、時間を要する事なくかつ正確に、
応答する事が出来る。

この反応は、急いでいる時や緊急事態発生時に、
特に効果を発揮する。

今後も、迷わずに機敏に行動して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

焦点の置き所

最近、あるテーマの調査・研究を行った事例を、
お伺いする機会を得た。

発表者は、その仕事に携わった経営コンサルタント。
受講者は、同業や講師の方々。

基本的には、講演会。
しかし、発表者のご配慮により、受講者同士で
話し合う場を、要所で設けて頂いた。

私のグループは、私を含め4名。
どなたも、経営コンサルタントが本業の方々。
研修講師に軸足を置いているのは、私だけ。

「では、各グループで、ここまでの感想や
情報の交換を行って下さい。」

配られていたラベルに記入し、グループ内で発表。
これを、途中で3回行った。

これらの話し合いで、感じた事。
それは、3名と私の話す観点が、180度違っていた事。

経営コンサルタントの皆さんは、調査方法の是非や
発表内容の優劣について、コメントを述べられていた。

私は、講演から何を学び、それらを今後どのように
自分の中で活かして行きたいかを述べた。

この違いを、彼らは感じただろうか。

他者に焦点を置くのか、自分に焦点を置くのか。
howに焦点を置くのか、whatに焦点を置くのか。

単に批評するだけでは、物足りない。
それを、どのように自分の課題として取り込んで
行くのかが大事。

元経営コンサルタントとして、気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

飽食の食料品売場

先日、最寄りのイオンの、食品売場に足を踏み入れた。
ある品を探すために。

イオンへは、気晴らしによく行っている。
しかし、専門店やフードコートが中心。
スーパーマーケットの方は、ほとんど出向かない。

慣れない売場を、商品を探しながら、歩き回った。
その途中で、否応なしに、いろいろな食品が目に入る。

パンが山積み。
乳製品も、数限りなし。
その他諸々。

その一角で、店員さんが商品の撤去をしていた。
消費期限が来た品を、棚から外していたのだ。

「これらが、全て廃棄か。」

思わず、つぶやいてしまった。

「ここで買われていく商品は、一体どれ位の量なのだろう。」

スーパーは、大量陳列で消費者の購買意欲をあおる。
そのため、品切れはもっての外。
売り切れないのは、計算済み。

マーケティング手法としては分かる。
しかし、何と勿体ない事か。

これが、机上で考える理論と現場の認識の違いだろう。

「何とかならないのかなあ。」

売場で、1人で思わず考え込んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

昼食はフルーツグラノーラで

3月は、年度の最終月。
各社とも多忙なのか、研修の稼働が落ち着いてる。

その代わり、4月以降の準備で、自宅にいる事が多い。
頭が煮詰まって来ると、ついお菓子に手が出てしまう。
これが、カロリー過多になる元凶。

何とかしなければ。

お腹が膨れて、美味しいもの。
なおかつ、カロリーコントロールがし易いもの。

検討して行き着いたのが、シリアル食品の
フルーツグラノーラ。

イオンに、トップバリュー製品で、
「脂質50%オフ フルーツグラノーラ」が販売されていた。

・5種の果物入り(レーズン、パパイヤ、りんご、いちご、マンゴー)
・5種類の穀物(オーツ麦、コーン、小麦、玄米、ライ麦)
・鉄分
・8種類のビタミン(B1・B2・B6・B12・C・葉酸・パントテン酸・ナイアシン)

1食(50g)当たり、197kcal。
これは、深めの中皿に入る量。

30ccのスプーンで計ると、5杯分。
5回に分けて口に入れると、約200kcalとなる。

午前・午後、甘いものや空腹になった時、スプーンで口に
入れればいい。
ミルクではなく、口に水を含めば十分。

昼食も、これで兼用出来れば一石二鳥。

効果は、どうだろうか。
しばらく、試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

対話と会話

「対話と会話、どう違うと思いますか。」

ある方が、記事の中で問い掛けていた言葉。

広辞苑で調べたが、有意な差は認められなかった。
これは、言葉に、どういう意味を込めるかで
見解が変わって来る。

ならば、自分でどう捉えるかが大事。
頭の中で、思いをいろいろ巡らせてみた。

対話は、対面して話す。
会話は、会合して話す。

対面の方が、より距離が接近している感じ。
大事な点は、物理的な距離よりも心理的な距離。

私も研修テキストの中で、これまで意識して
「会話」ではなく、「対話」という言葉を使って来た。

相手の「表層」を聞くだけではなく、「深層」を聴く。
本音または心根と言ってもいい。

氷山の水面上の部分と、水面下の部分。
下の部分が、より大事。

ここが分かっていないと、タイタニック号の
ような末路を辿る可能性が高くなる。

本音を聴くためには、本音で接する。
構えずに、自然体で接する。

それらに耐えられる、余裕のある自分を育てて
おく必要がある。

心技体の3面から、改めて余裕を培って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

ミロの出番

通っているジムで、今年からサロンで、
プロテインを提供するようになった。

品種は、明治のザバスのココア味とバナナ味。
しかし、まだ一度も頂いた事がない。

なぜならば、自前のプロテインを、貸しロッカーに
置いてあるから。
個人会員になった8年前から、ジムにも常備している。

現在飲んでいるプロテインは、プレーン味。
つまり、何も味が付いていない。

これまで、いろいろな味のプロテインを試して来た。
チョコ、ココア、バナナ、ストロベリー等。

しかし、ある時、気づいた。
目的は、良質のタンパク質を摂取し、筋肉を組成する事。

フレーバーが混じると、性能が落ちる。
それからは、プレーン一筋。
プレーンでも、今はとても飲み易くなっている。

しかし、時には遊び心も必要。
と言う事で、先日、麦芽飲料のミロの粉末を買って来た。
何でもブレンド出来る点も、プレーンのいい所。

ネッスルのミロは、有名な栄養機能食品。
カルシウム、鉄、ビタミンDが、豊富に含まれている。

以前からいいなと思っていたが、値段が少し高め。
でも、試す程度ならば、気にならない。

1日1杯(15g)当たり、60kcal。
カロリーも大した事はない。

就寝前に、美味しく頂く事としたい。
これで、寝る前の楽しみが、少し増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

先生とは

時々、「先生」と呼ばれる事がある。
しかし、自分としては、どうもしっくり来ない。

だが、こう呼ばれる事が、普通になっている方々も
いらっしゃる。

例えば、学校の先生方。

先生とは、「先にいる人」。
先達として、後から来る人々に教えを授ける。
簡単に言うと、指導。

カタカナで言うとティーチング。
だから、ティーチャーと言う。
学校の先生方は、まさにこの立場。

しかし、私の場合は、指導もするが、軸足は
支援にある。

支援者とは、「共に歩む人」。
歩む人々に寄り添い、共に考える。
その方にとっての、妥当解を。

だから、先生と呼ばれたら、こうお答えしている。

「先生もいいけれど、Iさんと呼んで頂ければ
もっと嬉しいです。」

決して、謙譲ではない。

私の名刺の肩書は、ビジネスメンター。
私は、メンターを以下のように定義している。

「夢の実現を目指し、共に歩む、心からの支援者」

メンタリングを行う過程で、私も同時に相手から
育てられている。

この感覚を、忘れずに大事に持ち続けて行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

ストレッチ専門店体感!

先日、ジムの帰りに、ストレッチ専門店立ち寄った。

最寄りの駅前で、女性の方が、ちらしを配っていたのだ。
尋ねると、開店2日目で、無料体験会を開催中との事。

クールダウンを省略していたので、いいタイミング。

「場所は、どこですか。」
「すぐ近くのビルです。ご案内します。」

ちらしには、こう書いてあった。
「プロスポーツ選手が受けるストレッチをどなたでも!」

無料体験は、15分間だった。
試しに、左下肢をストレッチして頂いた。

「ストレッチ専門店とは、初めてお伺いしました。」
「そうですか。現在当店では、約100店展開しています。」

いろいろな専門店があるものだ。

「何が売りですか。」
「予防を目指した、コアバランスストレッチが特徴です。」

お伺いした話しを要約すると、以下のとおり。

・体幹及び関節の可動域拡大を意識して行う。
・左右の筋肉のバランスを整える。
・担当トレーナーが、作成したカルテを基に継続実施する。

トレーナーとの、信頼関係が大事と話されていた。
完全脱力を促すには、まず心からという事か。

ストレッチをして頂いたYさんも、とてもいい感じの方。

僅か15分ではあったが、充実した時間を過ごした。
また、新たな世界が広がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

チョコレート効果は如何に

Img_20160310_185343
先日、ホームの母を訪ねた時、姉が来ていた。
そこで、姉が母に、高カカオチョコレートを
勧めている事を知った。

以前から、カカオポリフェノールには関心あり。
血圧低下、抗ストレス、脳の活性化、通便改善等。

そして、何しろチョコが大好き。
しかし、同時に高カロリーなので控えていた。

でも、ここで改めて好奇心が復活。

母の持っていた、明治製菓の「チョコレート効果
カカオ72%」を試食させてもらった。
ビターではあったが、美味し過ぎる。

これでは、これまでと同様、次々と食べてしまいそう。

ではと思い、86%を購入。
結構ビター。
でも、甘さも、ほんのり感じる程度残っている。

「これだな。」と思い、86%を、しばらく継続して
食べてみる事にした。

BOXに12個入り。
計算すると、1個当たりの数値は以下のとおり。

・28.9kcal、糖質1.1g、脂質2.3g
・カカオポリフェノール135.7mg

1日2個で、約60kcal。
この程度だったら、許容範囲。

同製品には、95%のものもある。
一体、どんな味がするのだろう。

機会があれば、試食してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

個人番号カード入手

先日、個人番号カードを、最寄りの区役所で入手した。

このカード、個人情報が丸見えになると、導入反対の
声もあった。

しかし、個人情報を完全にガードする事は、これだけの
ネット社会になれば、ほぼ不可能。

であるならば、一定のルールの下に、個人情報を一括管理
する方が、むしろ安全と言える。

ポイントは、管理する主体を信用出来るかどうか。
ここは、政府を信用する事としたい。

個人情報カードは、今後、社会保障分野や税分野で、
マイナンバーと身元の証明書類として活用出来る。

具体的には、年金支給や確定申告の電子申請等で役立つ。
ただし、自宅パソコンでカードを利用する場合は、
ICカードリーダライタが必要になるが。

行政サービス面では、コンビニで住民票等が取れる。
また、顔写真付きなので、一般の身分証明書として使える。

他のカード等と連動すれば、その用途は限りなく広がるだろう。

有効期限は、20歳以上は、発行後10回目の誕生日まで。
ただし、電子証明書の有効期限は、5回目の誕生日まで。

表の下部に、臓器提供意思表示欄もあった。
運転免許証の裏にも、健康保険証の裏にも、同様の欄がある。
全て、提供するで記載済み。

これら、個人番号や臓器提供意思表示欄等を隠す銀色の
テープが付いた、透明カードケースも付いて来た。

これからの、効果的な活用を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

自然と対話する方

3月暮れから、再び奄美へダイビングに出掛ける。
5年間で、45回目の奄美。

奄美は、私にとって、自然と対話する場。
奄美の空、海、風、緑豊かな山々。
そこに居るだけで、癒される。

そして、最もインパクトを受けるのが、海の中。

その海を案内して頂いているのが、ガイドインスト
ラクターの方々。

最初お世話になっていたショップから、何人もの方が
独立し、自分のショップを営んでいる。

そのお一人に、SHさんが居る。
とても気さくな方。
自分のリズムで生きている。

SHさんと居ると、不思議な事が起きる。
レアな生物に出会うのだ。

・ザトウクジラ、ミナミバンドウイルカ
・マダラトビエイ、アマミホシゾラフグ

小さな生物にも、事欠かない。

なぜだろうと考えた。
それは、きっとSHさんが「自然と対話」しているから
ではないか。

彼らの居場所が分かる。
空や海や風と対話しながら。
ボートで横顔を見ていると、そんな感じを受ける。

人と会話する時も、自然を通して対話しているよう。
全く飾らない。自然体そのもの。

彼も、奄美の自然の一部。
そう考える方と、合点が行く。

奄美の自然と、再び触れ合う時が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

志と絆

月刊「致知」の最新4月号で、鍵山秀三郎氏(イエロー
ハット創業者)と上甲晃氏(松下政経塾元塾頭)の対談が
掲載されていた。

そこで、人生の危機管理における重要ポイントとして、
2つのキーワードを上げられていた。

それが、志と絆。

意訳すると、以下のようになる。

志のある者は、その「熱い魂」に、突き動かされる。
打算は、一切なし。
それが、苦境を突破するエネルギーとなる。

同志と絆を結んでいる者は、いざという時に、
「自然と」支え合う関係となる。

例として、5年前の東北大震災後の、あるパン屋さんの
復興例を挙げられていた。
奇しくも、今日が震災から5年目。

突き動かされる「熱い魂」と、「自然」と支え合う関係。
両者に共通するのは、利ではなく、仁の心。

損得勘定を超えた使命、いや天命の世界。

使命とは、授けられたもの。
言い換えると、天の使者から命じられたもの。
任務の上位バージョン。

天命とは、遣わされたもの。
言い換えると、天そのものから命じられたもの。
天の分身として、天から命を賭して行うように諭されたもの。

自分の行いを、どのレベルで捉えるか。
改めて、覚悟を振り替える機会を与えられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

遂に空気清浄機購入

もう我慢できない、何とかしなければ。

花粉症で目がかゆい上に、頭がぼーとしている。
そのため、仕事の能率が、がた落ち。

という事で、遂に空気清浄機を購入する事にした。
調べると、多メーカーから多機種が販売されている。

店頭で現物を確認し、カタログをチェックし、ネットでも情報収集。
その結果、以下の商品を、アマゾンで購入した。

シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター搭載
FU-F51-W(ホワイト)

・サイズ:35.6cm×18cm×52cm、質量:5.2kg
部屋の空きスペースに、ちょうどいい大きさ。

・清浄時間:8畳/12分
・空気清浄適用床面積:24畳
私の部屋が6畳、リビングが13畳なので、範囲内。

・風力:最大5.1m2/分(静音:1.0)
・消費電力:最大39W(静音:2.5)
・電気代:最大1.05円/h(静音:0.07)
・運転音:最大52dB(静音:16)
通常は静音で使用するので、気にならない程度。
フィルターも、集塵、脱臭、プレと3重で付いている。

店頭では、最新機種FU-E51-Wが売り出されていた。
つまり、今回購入した機種は、型番落ち商品。

しかし、仕様を確認すると、ほぼ同じ。
アマゾンでの購入者のコメントも上々。
そして、値段が、最新機種の何と半額。

実際の使い勝手も、とてもいい。
これで、能率アップ。
いい買い物をさせて頂いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

確定申告終了

やっと、昨日3/8(火)の11時過ぎに、27年分の
確定申告書を提出して来た。

2月早々に着手しようと思っていたが、ここまで
遅れてしまった。

理由はいろいろあるが、切迫感が足りなかった事が
一番だろう。

3/5(土)から作成開始。
日々の記帳は、その都度、パソコンソフトに入力済み。
後は書類との整合性を確認して、3/7(月)の朝一番に
提出するはずだった。

しかし、冒頭で、1社の支払調書がない事が判明。
作る気が、一気に失せた。

しかし、そうも言って居れない。
(土)にも関わらず、担当営業にメールで連絡。

休日にも関わらず、すぐに応答あり。
経理担当から、委託先の税理士に連絡したとの事。
素早い対応に感謝。

しかし、さすがに(月)には届かなかった。
だが、(火)の早朝には、PDFファイルで受領した。
この対応、昔では考えられない。

しかし、怪我の功名もあった。
(土)(日)の空いた時間に、作成の手引きを改めて精読。

その結果、妻の関係で、控除出来る金額を控除して
いなかった事が判明。
これを、今回適正に処理出来た。

年々、状況が変わる中で、昨年同様の対応ではまずい。
この事を、身を持って、改めて知らされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

真に「楽しむ」とは

論語の中に、以下の章句がある。

「之を知る者は、之を好む者に如かず、
之を好む者は、之を楽しむ者に如かず」

知らないものを知る喜びは、確かに存在する。
ここでは、好奇心がものを言う。

しかし、好むや楽しむは、結果としてなるもの。
目指すものではない気がする。

無理に「好きになろう」や「楽しもう」と思っても、
こじつけにしかならない。

それよりも、現実を見据えながら、自分を信じて
行動する事の方が大事。

まず、突破口を見い出す。
見つかったら、勇気を持って突き進む。
求めるものが大きければ大きい程、それはいばらの道。

場合によっては、一生を掛ける事になるかも知れない。

道半ばのいばらの道を歩む事自体を、好きだと思ったり
楽しいと思ったら、これは本物。
心に余裕がなければ、「好き」も「楽しむ」もないだろう。

ちょうど、山の頂上へ向かう中腹の見晴らし台で、
素晴らしい眺めに感動し、新たな闘志が沸いて来るのと
似ている。

山が高ければ高い程、それは充実感に満ちたものになる。
問題は、その中腹に至るまで我慢が持つかどうか。

途中での困難は、天が与える試練なのかも知れない。
試練を与えられる事自体を、喜びと受け止めて行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

同名のロールケーキをプレゼント

パーソナルトレーニングを始めて、7ヶ月が経過した。
きついけれど、コアとアウターが、バランスよく
鍛えられている。

そのため、先月、3回目の契約更新をした。

先日、ストレッチを受けている時、イタリアオペラの
話しになった。

「100回を超えてから、10回ごとに、先生と共に
ケーキを頂き、励みとしているよ。」
「それはいいですね。」

「ケーキは、ガトーSさんで、いつも買っている。」
「美味しいのでしょうね。」
「それはもう。特にKロールが美味しいよ。
そう言えば、Kさんと同じ名前だ。」

ガトーSさんがある通りを、K通りという。
その名をとって、Kロール。

「そうだ、契約3回目を記念して、今度買って来るよ。」
「それは、ありがとうございます。」

そして、昨日、Kロールを持参した。

「ありがとうございます。さっそく頂いて恐縮です。」
「スタッフの皆さんで、召し上がって下さい。
改めて、これからもよろしくお願いします。」

Kさんには、今後も末長く、私のパーソナルトレーナー
としてサポートして欲しい。

「この先10年間は、このままのペースでと思っている。」
「分かりました。」

10年先は、70歳。
どこまで進化出来るか、楽しみが増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

これは旨い!讃岐純正うどん

Img_20160225_134010
先日、Yahoo!ショッピングからメールが来た。
ポイントが明日で失効すると。
今日中に、商品と交換する事を勧められた。

これまでは、僅かなポイントだったのでそのまま。
でも、今回は数百点あったので、商品を当たってみた。

その結果、選んだ商品が、以下のとおり。

「ご当地うどん 麺が本気で旨い 讃岐うどん
お試しセット 4人前 お取り寄せ」
240g(2人前)×2袋

届いた麺を、一昨日夕食時に頂いた。
素晴らしく美味しい!
腰があり、歯ごたえ抜群。

販売元は、香川県三豊市の(株)本気モード。
さすが、うどん県の本気。
「僕の玉手箱」で、販売している。

同封されて来たメッセージカードに、
こう書いてあった。

「僕の玉手箱屋ー」では、玉手箱のように
「あけてビックリ」をお届けすることを、
目指しております。

当店の商品を手に取って頂き、お客様が笑顔に
なって下さる事が、私達の幸せであります。

本気でお客様と向き合い、末永く愛されるお店を
目指して頑張って参ります。

気持ちが伝わって来る文章。

食べ物には、余り拘らない方。
しかし、旨いものを食べると、やはり幸せな気分になる。

これからも機会があったら、玉手箱を開けてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

筋肉覚醒!

今年に入り、毎月海外に出掛けていた。
1月は仕事でシアトルに、2月はダイビングでパラオに。

その間も、これからの仕事の準備は、滞りなく行う
必要がある。
そのしわ寄せが、ジムに来ていた。

週3回通えず。
現在、年初から合計で6日足りない状況。
この事態を打開すべく、3/2(火)から仕切直した。

しかし、3/2も、打ち合わせを2つ実施。
終了した段階で、花粉症もありクタクタ。

帰宅したい気持ちと葛藤しながら、ジムへ。

まず、マットの上で、ストレッチ。
ルーティンとして、いつも行っている。
ここで、心静かに自分と対話。

すると、心の声が聞こえて来た。

「仕切直すのであれば、ウエイトを上げてはどうか。」

疲れているのに、と一瞬思った。
しかし、現状を打破するには、ちょうどいいかも。

大腿筋と大胸筋の4種目で、さっそくウエイトアップ。

やれば出来るものである。
パーソナルトレーニングの効果が、同時に確認出来た。

これを機に、春に向けて、改めて筋肉増強を図って
行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

東西のメンターに思う

最近、改めてメンター制度の運用の難しさを感じている。

メンター制度は、とても形骸化し易い。
そのため、あっても全く機能しない場合がある。

メンターになるためには、それなりの知識と自覚が必要。
さらに言うと、人生経験も必要。

メンターとは、一口で言うと「支援的助言者」。
しかし、その支援の対象が、西洋と東洋では違う気がする。

西洋型メンターは、「組織での過ごし方」が対象。
東洋型メンターは、「人生での生き方・あり方」が対象。

西洋は、howを助言する。
東洋は、whatを支援する。

微妙な違いだが、ここが重要なところ。

西洋と東洋では、社会環境や価値観が違う。
そのため、どちらの方が良いとは言えない。

どちらの立場を取るかは、まさにその組織の考え方に
依存する。

だからこそ、メンター制度に関するスタンスを、
最初にきちんと整理しておく必要がある。
ここが曖昧だと、最初からつまずく。

その上で、メンターのスキルとぶれない軸が必要となる。
単なるスキルだけでは、物足りない。

アドバイスにしろ、サポートにしろ、バックに自分の
価値機軸が通っている必要がある。

メンター制度は、メンティのためだけの制度ではない。
同時に、メンターの人間的成長を促す制度でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

高品質LANケーブルでゴー

Img_20160225_135545
モバイルパソコンの、OneDriveとの同期が
うまく取れない。

マイクロソフトのトラブルシューティングで
調べて見ると、アプリを更新した上で、OneDriveを
リフレッシュすると解決する場合が多いとあった。

では、さっそく試そうと思ったが、ここで一考。

現在、モバイルパソコンは、無線LANで接続している。
若干、ネットへの接続速度が落ちる。

リフレッシュとなると、再度データをダウンロード
し直す事になる。

かなりのデータを、バックアップも兼ねてネットへ
アップしているため、ここは有線LANで接続した方が無難。

という事で、LANケーブルを求めてショップへ出向いた。

ここでも、技術の進化を感じる事に。
壁一面に、様々な特長を持ったLANケーブルが並んでいる。

じっくり説明を読んで、選んだのが「極薄タイプ」のもの。
薄さが、何とわずか1mm。
カーペットの下に、違和感なく配線できる。

(株)ミヨシ製、TWU-607BK(ブラック)
超高速対応、カテゴリー6準拠
8極8芯、RJ-45プラグ付、ヨリ線、ストレートタイプ

今回は、デスク周囲で余裕を持って取り回し出来る
ように、7mのものを購入。

これで、快適なモバイル空間を確保したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

年金手続きでの学び

今年の2月の誕生日で、61歳となった。
いよいよ、年金を受ける時期がやって来た。

年金受給は、原則として65歳から。
しかし、私の場合は、厚生年金の比例報酬部分だけ、
先行して61歳から受ける事が出来る。
これを、「特別支給の厚生老齢年金」と言う。

しかし、受給するためには、手続きが必要。
そのため、昨日、申請のため自転車で走り回った。

まず、8:30に区役所へ。
住民票と戸籍謄本を求めて。

すぐ欲しかったため、自動交付機の所へ。
しかし、調子が悪く、何と印鑑証明書が出て来た。
やむを得ず、窓口へ。

しかし、それが幸いした。
年金手続きが理由の場合、戸籍謄本450円が無料となる。
手続きパンフレットのどこにも記載なし。
教えて下さった窓口の方に、感謝。

年金事務所では、個別ブースで手続きを行った。
窓口の方は、感じのいい初老の男性。
手続きが終盤に近づいた頃、個人的な会話が始まった。

この方はHさんと名前で、何と合気道7段。
週5回道場へ通い、師範として教えているとの事。
常に微笑みをたたえられており、心の余裕を感じた。

「型を覚える事は大事。 しかし、相手に合わせて
立ち振る舞う事が出来ないと、成長が止まる。」
「芯を保ちながら、脱力する事が大事。」

短い時間だったが、合気道の極意を伝授して頂いた。
これらは、どこかで聞いた言葉。

どの世界も根本原理は同じという学びを、改めて得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

初めての加圧トレーニング

先週の日曜日、初めて加圧トレーニングを体験した。

加圧トレーニングとは、ベルトで腕や太股の上部を
縛った上で行うトレーニング。
1966年に、ビルダーの佐藤義昭氏が開発した。

血行が制限を受け、乳酸が溜まり易い。
その結果、短時間でトレーニングした効果が表れる。
重たいウエイトを使う必要がない。

一方で、ベルトで縛れる箇所が限られるため、
鍛えられる筋肉が限定的となる。

そのため、忙しい方や女性、または初心者向きと
されている。

でも、経験のため、試してみたいと思っていた。
今回、通っているパーソナルトレーニングのジムで、
その機会を得た。

時間は、30分間。
最初、短いと思ったが、結果的にはこれで十分。

腕は、何とか耐えた。
しかし、脚のつらさと言ったら、この上なし。
昔の、部活を彷彿とさせる厳しさ。

「Iさんは、通常のトレーニングの方がいいですね。」
「そう願いたいよ。」

腕を見ると、点状出血が数カ所に。
解放された血流で、古い毛細血管が破壊された証拠。
これが、新しい毛細血管の生成を促す。

さすが、加圧と言うだけある。
加速にも通じているのかと、妙に納得した。

数日経ったが、まだ筋肉痛が残っている。
急速充電は、ほどほどにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »