« ノンノーネクタイの日々 | トップページ | パーソナルトレーニングが素晴らしい »

2016年6月12日 (日)

ダイブコンピュータ水没

「あれ、ダイブコンピュータの表示がおかしい。」

6月初旬に訪れた奄美でのダイビングで、
1本目を終了し、ボートへ上がって来た時に
その事態は発生した。

腕時計型のダイコンで、ローバッテリーの表示。
その後、画面が消えたり点いたり。
少し経つと、初期画面となってしまった。

パソコンで言うと、クラッシュの状態。
まさに、異常事態。

帰京後、購入したダイブショップへ持参。
チェックのため、メーカーへ送ってもらった。

その結果、水没していた事が判明。
水圧センサーが離脱寸前等、モジュール
自体が破損状態。

該当するモジュール交換しかないとの事。
しかし、終売品なので、別商品のものを
装填する事になるとの事。
訊くと、結構なお値段。

これは、もう諦めるしかない。
5年間350本連れ添ったスントD9だったが
お別れ。
ショップに廃棄をお願いした。

機械だから、いずれは壊れる。
分かっていても、こんなにも早く
あっけないとは。

しかし、壊れたものは仕方がない。
高性能のダイコンだったが、水没は致命的。

でも、初めてのダイコンだったので、より自分に
合ったダイコンの機能も分かった。

この経験を活かし、新しいダイコンを
購入する事としたい。

|

« ノンノーネクタイの日々 | トップページ | パーソナルトレーニングが素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイブコンピュータ水没:

« ノンノーネクタイの日々 | トップページ | パーソナルトレーニングが素晴らしい »