« 黒いサポータで集中 | トップページ | タイムマネジメントの極意 »

2016年6月27日 (月)

この説明の発想に脱帽

Facebookのコラムを見ていて、感心した記事
と出会った。

お墓参りに行く前に、母親が子供に行った言葉。

「仏壇はタブレット、墓はデスクトップ、おじいちゃんは
クラウドに保存されている。
今からデスクトップをアップデートしに行く。」

これを聞いて、納得する子供も凄い。

以下の解説がついていた。

おじいちゃん(データ)は、空の上(クラウド)にいて、
家にある仏壇(タブレット)と墓(デスクトップ)を通じて、
挨拶(アクセス)できる。

そしてお墓参りは、お墓を綺麗にする(アップデート)
ために行うものだ、ということ。

これは、話しとして出来過ぎている。
誰かが作った話しではないか。

しかし、そうだとしても、実によく出来ている。
不謹慎と言われれば、そのとおり。
でも、この発想は凄い。

古来の習慣を、IT用語を使って、うまく解説
している。

宗教的な本来の意味からは、若干外れている
かも知れない。

しかし、訳が分からないよりは、余程いい。

こういう発想の仕方は、これからは、より
求められるようになるだろう。

どこまで、頭の柔軟性を保てるかが勝負だ。

|

« 黒いサポータで集中 | トップページ | タイムマネジメントの極意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この説明の発想に脱帽:

« 黒いサポータで集中 | トップページ | タイムマネジメントの極意 »