« 体系的理解の重要さ | トップページ | イタリアオペラ発表会秒読み開始 »

2016年7月13日 (水)

27回目の献血

今日、仕事帰りに、献血ルームへ立ち寄った。
今回で、27回目の献血。

まずは、いつもどおり、血液検査を。
結果は、至って正常。
よって、今回も400ccの献血をする事に。

今日は、雨降りのウイークディ。
いらしている方も少なく、すぐ献血台へ。

「では、これから採血を始めます。
5分から10分程、掛かります。」

看護師さんの声掛けで、スタート。

手持ち無沙汰だったので、横にあった機器を観察。
すると、機器の正面に、カウンター表示が。
順次、カウントダウンしている。

これが、献血量の残数を示している事は、すぐ分かった。
どんどん、数字が減っている。

試しに、針を刺している左腕の掌を、閉じたり開いたり。
すると、カウントダウンがさらに速くなった。
これは面白い。

あっと言う間に、終了のブザーが。
その間、5分足らず。

「速いですね。」

感心される事しきり。

血流がいい事は、望ましい事。
しかし、事故等で流血した時は、要注意。

物事には、2面性がある。
心を整えて、過ごす事にしたい。

|

« 体系的理解の重要さ | トップページ | イタリアオペラ発表会秒読み開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27回目の献血:

« 体系的理解の重要さ | トップページ | イタリアオペラ発表会秒読み開始 »