« 「啓発録」読了 | トップページ | 体系的理解の重要さ »

2016年7月10日 (日)

「これから」が大事

ある本を読んでいて、次の言葉と出会った。

「あなたの「これから」が、あなたの「これまで」を
決めるのです。」

理学博士 佐治晴夫(さじ はるお)氏が仰った言葉。
普通は、逆に考える。

「「これまで」が、「これから」を決める。」

これは、因果応報の考え方。
とても論理的。
過去の延長線上に、未来がある。

これを、敢えて逆に捉えている。
未来の切り拓き方で、過去が違った意味を
持って来る。

言い方を替えれば、過去の出来事は、全て
このためにあったと思える未来を作ればいい。
つまり、過去に拘束される必要はないと言う事。

何と、希望に満ちた言葉ではないか。

確かに、自分のこれまでの人生を振り返って
みても、合点の行く所がある。

前職で、暗中模索の中を歩き続けた日々。
しかし、自分を信じて、決して諦めなかった。

今思うと、全ては越えるべき試練だったのかも知れない。
でも、だからこそ、これからが大事だと思っている。

世のため人のため、自分がどれだけ役に立てるのか。
これからも、模索を続けながら、自分道を歩んで行きたい。

|

« 「啓発録」読了 | トップページ | 体系的理解の重要さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「これから」が大事:

« 「啓発録」読了 | トップページ | 体系的理解の重要さ »