« 太田選手敗退だが | トップページ | 「真経営学読本」読了 »

2016年8月 9日 (火)

未来に生きる

最近、よく思う事がある。

それは、未来は過去の延長線上にある
のではなく、別の世界であると。

現有する資産は、確かに過去の蓄積
の結果。

しかし、これは未来を創る必要条件かも
知れないが、十分条件ではない。

そして、変化の時代には、その傾向が
さらに強まって来ている。

では、何を持てば未来が拓けて来る
のだろうか。

それは、志だと思う。

こうありたいと言う姿を描き出し、
それを忘れない。

ありたい姿を支える根底にあるものが志。
価値観と言い換えてもいい。。

この価値観がぶれてしまっては、ありたい姿
も砂上の楼閣となってしまう。

さて、この価値観。
平易に言うと、大事にしたい考え方。

これが、分かるようで分からない。
単なる作文では、魂が入らない。

未来を目指し、試行錯誤する中で
次第に見えて来るもの。

こう考えると、
未来は、今と共に形作られて行く
ものなのかも知れない。

|

« 太田選手敗退だが | トップページ | 「真経営学読本」読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来に生きる:

« 太田選手敗退だが | トップページ | 「真経営学読本」読了 »