« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

OneDriveで窮地脱出

8月から、マイクロソフトのクラウドである
OneDriveが有料となった。

現在、クラウドとしては、他にグーグルと
ドロップボックスを使っている。
どちらも無料。

暫く検討したが、やはりデータのバックアップを
を取るには、OneDriveが便利。

エクスプローラのフォルダーとして管理が出来、
更新する度に、ほぼリアルでクラウド上に
データをアップしてくれる。

クラウド上でのデータ保管には、セキュリテー
の関係で若干不安もあるが、オープンになっても
実害がないファイルばかり。

有料を承知の上、契約。
ただし、50GBで、たったの月170円。

これが、今回幸いした。

モバイルパソコンをあわてて持ち出したため、
当日使うファイルを、家庭LAN上でメインパソコン
からコピーせずに出掛けてしまった。

気づいた時は、もう自宅には戻れない所まで
来てしまっていた。

「そうだ、OneDriveにアクセスしよう。」

会場の最寄駅に到着。
さっそく、ホームのベンチでスマホのテザリングを
使って、OneDriveにアクセスし、必要なファイルを
ダウンロード。

これで、事なきを得た。

便利な世の中になったものである。
今後も、いろいろな形で、OneDriveを
大いに活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

癒しのハルモニアリサイタル

今日は、私のイタリアオペラの先生である
井上美樹さんのリサイタルの日だった。

場所は、近江楽堂。
音響効果抜群の、小ホール。
まるで、チャペルのような雰囲気。

そのホール全体に、優しい、でも張りのある
艶やかな声が響き渡った。

リサイタル名が、ハルモニア 井上美樹リサイタル。
「ハルモニア=バッハが求めた調和の世界へ」
というサブタイトルが付いていた。

その名のとおり、バッハの曲を独唱。
そして、伴奏はチェンバロ。
お友達でもある、石井里乃氏の演奏。

素朴なチェンバロの音色が、さらに
心安らぐ世界にいざなってくれる。

それに今日は、フルート演奏も数曲加わった。
同じくご友人の、中川朋氏。
変化のあるアンサンブルも、同時に味わえた。

終始、穏やかで心地のよい世界に身を委ねる。
歌声と共に、魂が天窓から大空へ、そして
宇宙に広がっていく感じがした。

大声で、自分本位に歌い上げるのではない。
まさに、天地との調和を取るが如く控え目に
でも、力強く。

美樹さんの、清楚に、そして凛として生きる姿
が投影されたようなリサイタルだった。

これからも、弟子として、歌唱法だけではなく
謙虚に学ぶ姿勢や生き方も、慎んで受け止めて
行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

改めて「江戸しぐさ」

久しぶりに、「江戸しぐさ」の本を紐解いた。

江戸しぐさとは、江戸時代に生きた庶民の知恵を
活かした行動や考え方の事。

相手や周囲の事を思い、さりげなく行動する姿が美しい。
まさに日本人の心得のような行動様式。

例えば、以下のようなものがある。

傘かしげ:
  すれ違う相手に、傘のしずくが掛からないようにする。
肩引き:
  狭い道で行きかう時、ぶつからないように擦れ違う。
七三歩き:
  三つの幅を歩き、七の幅は空けておく。

これら以外でも、時泥棒をしない、三脱の教え等
現代でも通じる教えが、たくさんある。

日本の美しさは、自然だけではない。
このような伝統に支えられた、心の美しさにも
目を見張るものがある。

最近は、都心に出ると、外国の方々を見ない日はない。
このような、目立たない美しさも、ぜひ感じ取って欲しい。

そして、それに恥じない行動を、日本人には求めたい。

この江戸しぐさ、時々、コンプライアンス研修でも
引用して紹介している。

個々人の心の豊かさが、企業倫理まで関係して来る。
組織と言えども、最後は個人の心の持ち方と行動で
その存在が否定される事にも繋がる。

古くして、新しい課題。

しっかりと実行して行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

使えるシニアvs使えないシニア

日経ビジネス最新号に、おもしろい記事が
掲載されていた。

会社をリタイアした後、30年をどのように
生きるかの特集。

50歳になったら、10年掛けて計画的に
取り組む必要があると書かれていた。

定年後の生活のみを考えるならば
妥当な線かも知れない。

しかし、「人生いかに生きるか」という観点から
見れば、これでは遅いと思う。

論語に「四十にして迷わず」という言葉がある。
自分の生きる命題を、40歳で見極める趣旨。

生活するだけで精一杯という人も居るだろう。
そして、誘惑の多い現代では、つい流されてしまう。

以下の記事が、再就労サポート「マイスター60」
から、シニアの情報として掲載されていた。

【成功する人】
専門性・実務能力が高い
知識・経験の幅が広い
明るく若々しい
バランス感覚・柔軟性がある
自分の役割や空気が読める
若い経営者とも対話ができる

【失敗する人】
プライドが高く謙虚さに欠ける
古巣との比較をしてしまう
過去の地位や人脈にこだわる
役割や職責への理解不足
能力が陳腐化し自信が空回り
健康に問題がある

定年後を生きるのではなく、人生を生きる。
現職を是とする事なく、生涯の生き方を求める事が
まさに求められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

ロゴス・エトス・パトス

言葉を繰っていると、古今東西で相似の表現と出会う。

①ロゴス・エトス・パトス
これは、アリストテレスの言葉。
人を説得する3要素として、「弁論術」に記述されている。
ロゴスは「論理」、エトスは「人格」、パトスは「情熱」

②知仁勇
これは、孔子の言葉。
君子の備える3要件として、「論語」に記述されている。
知は「知者」、仁は「仁者」、勇は「勇者」

③智情意
これは、渋沢栄一の言葉。
完全な常識の3側面として、「論語と算盤」に記述されている。
智は「智恵」、情は「情愛」、意は「意志」

体に例えると、順に、左脳、心、右脳
能力に例えると、順に、IQ、EQ、EQ
軸に例えると、順に、技、心、体

どの3要素もお互いに繋がり、一体として機能する点は同じ。
どの言葉も、人から信頼を得、一角の人物になるための
重要な教えを短い言葉で説いてくれている。

これらを、現実の世界で、どのような観点で捉え
自分を鍛えて行くのか。

人によって、それは様々。
大事な事は、続ける事。
常に、3つの言葉の3つの観点を意識し、鍛錬して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

50年ぶりの宮島

Dsc_0046
昨日9/4(日)、50年ぶりに宮島を訪れた。

台風12号が九州に接近しているため、今日から
の仕事に備えるため、昨日午後一番に広島到着。

まだ、雨は降り始めていなかった。
これをチャンスに宮島へ。

運のいい事に、予約して頂いたホテルが、
宮島行きのフェリー乗り場のすぐ近く。
荷物を預け、携帯デイバックで乗船。

50年前は、小学生高学年の時。
しかし、全く覚えていない。
記憶にあるのは、赤い大鳥居だけ。

せっかくなので、ホテルで頂いたマップを
頼りに、宮島を踏破する事にした。

厳島神社を始め、北西端の大元神社、
南西端の大聖院、東端の宮島伝統産業会館等。
歩いた歩数が、実に17025歩。

途中で、野生の鹿に多数遭遇。
そして、揚げもみじ饅頭を買って、食べ歩き。
おもしろい顔と格好をしたお地蔵さんとの
出会いもあり。

賑やかな清盛通りの裏の町屋通りでは、
宮島の古い街並みも味わい深かった。

3時間位だったが、宮島を堪能。
外国人の方々も、多く見掛けた。

日本三景のひとつで、世界遺産登録の宮島。
いい思い出作りとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

台風騒ぎでダイビング中断

今週は、台風12号に翻弄された。

8/31(水)午後から、ダイビングで奄美入り。
その時は、まだ低気圧。
しかし、海の中では、多少うねりが入り始めていた。

9/1(木)になると、沖縄南方海上で台風に成長。
奄美に、急速接近の模様。

9/4(日)に中国地方に来るかも知れないとの事で
研修会社から、3(土)に5(月)の仕事先である
広島へ出向いて欲しい旨の連絡が入る。

その前に、2(金)に奄美から飛行機が飛ぶかが問題。

やむを得ず、1(木)の午後は、ダイビングをキャンセル。
ホテルに戻って、関係先への連絡や、飛行機の
運行状況チェックで首っ引き。

特に、2(金)の成田行バニラ便が飛ぶかに気を揉んだ。
13:35発だと、台風接近にギリギリ間に合うかどうか。
JAL便を調べたら、12:05発しか空いていない。
これでは、同じ状況。

ところが、2(金)の早朝、バニラエアからメールが。
機体やり繰りのため、出発を14:50に変更するとの事。
これは、きわどい。

2(金)の早朝8:00にホテルをチェックアウト。
奄美空港のJALカウンターへ。
12:05発の伊丹乗継便を、取り急ぎ予約。

何と、乗継割引でも、46800円との事。
バニラ便だと、6890円。
この差は大きい。しかし、やむを得ない。

午前中、空港レストランで仕事をしながら天候調査。
台風の速度が落ちたのか、悪天候にはならず。
結局、JAL便の予約を取り消し、バニラ便で帰京。

今回は、台風に翻弄された奄美だった。

しかし、今日9/4(日)から広島へ。
5(月)の仕事終了後、東京へ戻れるかが、また心配。
まだ、台風に翻弄される日々が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »