« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

遺品収集60年の人生

月刊「致知」に、先の大戦で亡くなった方々の
遺骨や遺品を、沖縄の地で、60年の長きに渡り
収集している方のインタビュー記事が掲載されていた。

その方の名は、国吉 勇(くによし いさむ)氏。

編集者が、記事の冒頭に、以下の言葉を掲載していた。

「十年偉大なり。二十年恐るべし。三十年歴史なり。
五十年神の如し。」

この言葉から鑑みると、国吉氏は神掛かっている。

自身も戦火に会い、親兄弟5人を次々と亡くした。
戦争の辛さを、身を持って体感された方。
黙々と遺品を収集する姿は、祈りに繋がるものを感じる。

「遺族と対面させてあげたい。」

この一心で収集されて来たとの事。
遺族の方々の喜ぶ顔が、忘れられないと言う。

その度に、ご自身も亡くなった家族と対面されて
いたのかも知れない。

「収集した場所は、丁寧に、そして綺麗に場を整えて
から帰る事を徹底していました。」
「収集した遺品は、全部手洗いし、銃弾は火薬を抜いて
錆止めも塗って、種類ごとに綺麗に仕分けするんです。」

掘り出した遺骨は、約3,800柱。
遺品は、約13万点。

遺骨は、糸満市の国立沖縄戦戦没者墓苑に納め、
遺品は、自宅の一室を「戦争資料館」として保管されている。

現在、77歳。
現物を持って戦争の悲惨を語る姿。
これ以上、訴え掛けるものはないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

体の声に従う

出張へ出ると、夕食等をコンビニで調達する場合が多い。
しかし、どうも体調がおかしい。
家庭で妻が作ってくれる食事と、明らかに違う。

以前は、そんな事を気にせずに食べていた。
しかし、最近は、体が敏感になって来たのかも知れない。

健康欲が、食欲に勝って来た証拠か。

海で自然に接していたり、オペラで芸術と触れている事で、
本物に触れる機会が多くなったせいか、
食に対する本来の感覚が磨かれて来たらしい。

古代中国に、老家という思想家集団が居た。
その代表である老子が次の言葉を唱えた。

「無為自然」

意味は、人為的な行為を排し、宇宙のあり方に従って
自然のままに振る舞う事。

この考え方を、社会生活において、そのまま適用する
事には、若干違和感がある。

しかし、自分の心身を健康に保つためには、
いい教訓となる。

体から発して来る声に、耳を傾ける。
頭から発して来る声が、いつも正しいとは限らない。

人工的に作られた味に、惑わされない。
健全な味覚の下に、健全な心身が培われる。

今後も、体からの声に従って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

改めてMBTI

世界で一番活用されている性格タイプ検査、それがMBTI。

マイヤーズ・ブリックス・タイプ・インジケータが、その名称。
私は、その認定ユーザー(取扱資格保持者)。

最近、研修の中で、久しぶりにMBTIを扱った。
そのため、事前に綿密に再学習。
改めて、その完成度の高さを実感した。

自分と、どうも波長が合わない人がいる。
改めて分析し直すと、この性格タイプが違う事が多い。

MBTIは、基本的に16種類の性格タイプで分類されている。
しかし、人間は複雑な生き物。
なかなか、16種類で割り切れない場合もある。

また、後発で磨かれたスキルが、影響するケースもある。

さらに、経験を経る中で、ベストフィットタイプが変移して行く。
現に私も、ENFJとENFPの間を、行ったり来たりしている。

しかし、最近、本質であるトゥルータイプは、ENFJであると
自覚する事が多い。

人から見るその人の「らしさ」は、変わる事がある。
それは、その人の行動が変わるから。
行動は、性格にも影響を与える。

しかし、本質が変わる訳ではない。
自分の行動を客観的に分析する事により、真の自分を
見つけ出す事が大事。

しかし、分かっているようで分からないのが自分。
そして、見つけ出す支援をするのが、認定ユーザー。

これからも、自他共に支援を続けて行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

バッグの掛け方考察

「あれっ、バッグのポケットの位置が変更に
なっている。」

かなり前に、愛用のマンハッタンパッセージのバッグを
買い換えた時に気づいた。

左肩に掛ける仕様が、右肩に掛ける仕様に変わっていた。
これは、どうしたことか。

私の利き手は、右手。
そのため、バッグは左肩に掛けて、右腕はフリーにして
置きたい。

世の中の皆様は、どうしているのだろうか。
街ゆく人を、ある時観察してみた。

すると、10人に9人が、バッグを右肩に掛けている。
バッグの仕様変更にも、納得出来た。

その方々は、右手に持ったバッグを、そのまま右肩に
掛ける感じなのだろうか。

結論から言えば、どちらでも、特に大きな問題ではない。
しかし、ポイントは、いざという時に、自分が素早く対応
出来るかどうか。

バッグは、外へ持ち出すもの。
運搬手段であると共に、ある時は、盾のような防御手段
としても考えて置きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

20分のアクアウォーキング

年末に向けて、10月から改めて体質強化トレーニングを
開始した。
毎年、この時期になると行っている。

トレーニングでは、3ヶ月がひとつの目安。
3ヶ月続けると、心身に変化が表れる。

ただし、筋肉増強は手強い。
しかし、体脂肪を絞る事なら可能。

という事で、いつも力を入れているのが、
アクアウォーキング。

最近、時間が限られているので、筋トレは
軽く済ませ、その後プールへ。

歩く時間は、20分間。
15分でもなく、25分でもない。

私の場合は、20分間歩くと、脂肪が燃焼する模様。
15分では足らず、25分以上だと疲れが残る。

まず落ちるのが、お腹周りの脂肪。
しかし、なかなか落ちないのが、下腹の脂肪。
しっかりと、蓄えられている感じ。

主治医からは、脂肪合成能力の長けた体と
診断されている。

有り難いが、一方では、なかなか脂肪が落ち難い
体とも言える。

無理をする事なく、かっこいい肢体を目指して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

「未来」に書かれたもの

田坂広志氏の「風の便り」に、興味深い記事が
掲載されていた。

映画『アラビアのロレンス』の中での出来事。

ピーター・オトゥール演じる英雄ロレンスが、
落馬して砂漠に取り残された兵士を救い
戻って来た際、ある兵士に次の言葉を返した。

「Nothing is written.(何も書かれてはいない。)」

その兵士は、落馬した兵士の命運が尽きた事は、
既にコーランに書かれている(It is written.)
と言って、救出不要を進言していた。

それに耳を貸さず、ロレンスは砂漠に引き返した。

未来は、作り出すもの。
しかし、「生きる不安」から逃れるため、我々は
勝手に理屈を付けて、進む事を拒もうとする。

でも、その不安の一方の顔が「生きる輝き」。

「チャンスは、ピンチの顔をしてやって来る」
と言う言葉もある。

立ち止まっていたのでは、何も起こらない。
歩み出す事で、変化が起きる。

その変化を楽しむ事が大事。

全ては、成長への一里塚。
長い階段に踊り場があるように、
ある時は立ち止まったり、座り込んだり。

「未来」に書かれたもの、
それは、希望の二文字だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

挑戦とは

今朝、何気なしにパソコンに届いたメーリングリストを
読んでいる時、ある単語が目に止まった。

それが、「挑戦」。

「挑戦とは、ときに孤独なものですが、一人だけで生きている
人間は世界中どこにも存在しません。」

「周囲の人とのつながり、他者とのコミュニケーションを
常に重視すべきです。」

「そして、挑戦とは、常識的な意味での社会的な名誉や
ステータスを得ることだけがその目標なのではなく、
自らがしっかりと生きていくこと、
そして、自分と他者が共に生きていくことを支えていく
営み自体の中に、本当に困難な部分があり、
その営みこそが、最も重要な挑戦なのだと思います。」

これを仰ったのは、東大教授の福島智氏。
東大入学式でのスピーチの一節。

そして、福島氏は、全盲ろうの方。
幼い時に、次第に視覚、聴覚を失った。

ここまで生きて来るまで、いろいろな事があっただろう。
お母様が、指文字でひとつひとつ物事を教えてくれた
時の事を、感謝の気持ちを込めてインタビューに
答えていらした記事を読んだ事がある。

他者との距離の取り方。
頼り過ぎず、でも協調し合う事の大切さ。

自分の存在は、他者と共にある。
その事を、まさに実感されているのだろう。
その証拠に、写真で拝見するお顔は、とても柔和。

周りとの「つながり」の中で、自他共に活かす挑戦を
続けて行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

ジムが備えたい最高の要件

今日も、広尾にあるジムへ出掛けて来た。

さいたま市の自宅から、片道1.5時間の行程。
週3回となると、ちょっとした通勤。
でも、それだけの価値を備えている。

マット上でウォーミングアップをしていた時の事。
フロントスタッフが、マダムを引率してジムエリアへ。
どうやら、見学の方のよう。

盛んに質問をされている。。
感じからすると、お近くにお住まいの方の模様。

答えるスタッフの声は、聞こえて来なかった。
もし、その方が、メンバーである私に、このジムの
良さを尋ねて来られたら、どのように答えるだろうか。

「まずは、この清潔な空間をご覧下さい。
床も設備も、整備が行き届いて居ます。」

「次に、ホスピタリティに溢れたインストラクター。
とても親切に接してくれます。」

「そして、ゆったりと流れる時間。
他のジムでは味わえない、ゆとりの時間を満喫出来ます。」

まさに、このジムには、素晴らしい空間、人、時間が
備わっている。

さすがに、フィットネスジムではなく、ウェルネスジムと
銘打っているだけの事はある。

今日も、今週の激務で疲れた心身を、ストレッチで伸ばし、
ジャグジーでマッサージして来た。

これでまた、明日から全力投球する事が出来る。
これからも、通い続けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

事実前提と価値前提

事実前提とは、確認した事実をベースとする事。
価値前提とは、設定した価値をベースとする事。

故に、事実前提の経営とは、問題という「事実」を
確認し、改善を目指す経営。

一方、価値前提の経営とは、ビジョンという「ありたい姿」を
描き出し、改革を目指す経営。

こうして2つを比較すると、どうしても、どちらが望ましいか
という話しになる。

結論から言えば、両方必要。

前者は、帰納法的経営。
一つひとつの「事実」を大事にし、足元を固めて行く。
過去から現在を見詰める。

後者は、演繹法的経営。
「ありたい姿」を大事にし、将来を見据えて行く。
未来から現在を見詰める。

前者がなければ、足元をすくわれる。
後者がなければ、進む方角を見失う。

両者がバランスよく機能する事により、初めて
この環境変化の厳しい現世を生き抜く事が出来る。

これは、会社経営に止まらない。
個人のキャリア開発にも、そのまま当てはまる。

現在の自分を見詰め、今後自分がどうありたいのかを
考える。
そのために不足している能力を、自ら開発する。
そこに妥協はない。

事実前提と価値前提。
これらの言葉を、うまく活用して行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

蛻変(ぜいへん)とは

ビジネス週刊誌を読んでいて、蛻変(ぜいへん)と言う言葉
と出会った。

意味を調べると、「蝶等の卵が幼虫になり、蛹(さなぎ)になり、
羽化して成虫になっていく様を表す」とあった。

なるほど、これは理科の時間に習った「完全変態」の事だ。

この変態を、経営哲学の域に高めた方がいらっしゃる。
2012年3月に逝去された、明治大学名誉教授の藤芳誠一氏。
その名も『蛻変の経営哲学』。

さらに調べていくと、大元が見つかった。
帝人社長だった大屋晋三氏が仰っていた言葉との事。

大屋氏も、多分、何かの書を見て啓発されたのだろう。
最近では、昨年、富士重工業の吉永泰之社長が、
年頭の挨拶で引用された模様。

幾多の方々が使われている、この蛻変の経営。
環境変化の時代にあって、まさに意識したい経営スタイル。

環境に合わせて、大きく変移して行く。

生物の変態は、体内のホルモンによって促進されるとの事。
組織の中にあっては、誰かがこのホルモンになる必要がある。
そして、さらに、一歩を踏み出す勇気が求められる。

誰かは、誰でもその地位に付く事が出来る。
たとえ、新入社員でも。

覚悟して行動する時に備え、心技体を鍛えておきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

不発!消しカスクリーナー

21qmkudwgul「ん、これはよさそう。」

NHKの「まちかど情報室」で紹介されていた商品。
それが、「消しカスクリーナー」。
愛称が、まめコロ。

粘着テープのミニ版で、ノートの上で転がすと、
消しゴムのカスを取ってくれる。

これまでは、手で摘んでゴミ箱に捨てていた。
時々、運び損ねて床の絨毯の上に。

それに気づかず、やがて縫い目に入り、黒点となる。
新居から13年。
至る所に黒点が。

これが防げると思い、すぐ購入した。
しかし、1.5ヶ月経つが、ほとんど活用していない。

なぜか。

デスクの扱い易い位置においてはいる。
しかし、手を延ばし、蓋を開け、終わったらまた
蓋を閉じて元の位置に戻す。

どうやら、これが面倒なよう。
何でもない動作だが、度重なると置きっ放しとなる。
動線を見直し、改めて活用出来るように仕切り直したい。

(参考)
シード 消しカスクリーナー まめコロ ホワイト
定価702円
アマゾン売価468円 送料460円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

モデリングから始まる

この10数年間、研修の企画打ち合わせで、
多くの企業を訪問して来た。

内容は、管理職対象のマネジメント研修が多かった。
その中で、上がって来る多くのテーマが、人材育成。

思うように部下が育たない。
原因は、いろいろあるだろう。

部下と言っても、今や歳も価値観も契約形態も多様。
国籍が違う場合もある。
まず、部下自身や彼らの立場を理解する事が必要。

これらは、主体として個人を知る観点。
それと共に大事なのが、個人へのアプローチの仕方。

ここで、味わって頂きたい言葉がある。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ」

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、
人は育たず」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、
人は実らず」

これは、連合艦隊司令長官 山本五十六、後の
元帥海軍大将の言葉。

実に見事に、3アプローチを言い分けられている。
これは、ティーチング、コーチング、ラーニングを意味する。

本人の能力レベルと意欲レベルをしっかりと把握する。
その上で、使い分ける大切さを述べている。

しっかりと、先人に学びたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

夢を語る大事さ

マネジメント研修を行っている時、時々、
世代の経営者の言葉を紹介する事がある。

つい最近、自職場のビジョンを描き出し、
自分の言葉で語って頂く演習を行った。

その時、紹介した言葉が、永守重信氏の名言。

「ホラを吹き、夢を語る。
会社や世の中をもっと良くするんだと
楽観的に考えていかないといけない。
私は役員会では厳しいことを言って危機感を持たせ
ますけど、 社員には夢しか語りません。」

08年5月に、カンブリア宮殿に出演された時も、
同様の事を仰っていた。

「経営者は、ホラを吹かないと、夢を実現出来ません。」

永守氏は、日本電産の社長兼CEO。
小さな会社を、M&A等を効果的に活用しながら、
世界有数の会社に育て上げた。

ホラとは、つまり夢。
ここでは、魂のこもった、こうなりたいという強い想い
を意味している。
他をそそのかそうとするウソとは、全く次元を異にする。

自分で言った以上は、執念を持って取り組む必要がある。

「すぐやる。かならずやる。できるまでやる。」

これも、永守氏の言葉。
この言葉を仰る永守氏の姿には、気迫が満ちていた。

次世代を生き抜く、リーダーの姿を見た。
後に続きたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »