« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

手回し充電器購入

Photo
整理整頓の一環として、手回し充電器を買い替えた。
従来のものは、携帯電話用の端子しかなく、
スマホへの充電が出来なかった。

今や、スマホは情報収集手段として欠かせない。
東北大震災の時も、宿泊させて頂いた某大学の
会議室で、ワンセグが大活躍した。

アマゾンで、数日掛けて、多数の製品をチェック。
使った方々のコメントが、大いに参考となる。
しかし、全てが分かる訳ではないので、最後は自己責任。

検討の結果、Lovtenの製品に決定。
先日、届いた。
主な機能と遣い勝手は、以下のとおり。

ラジオ(AM/FM) :自動選局機能付き、まあ拾ってくれる。
LEDライト(白・点滅) :白というより青白かった。
サイレン :かなり大きめの音
スマホへ手回し充電 :大変、千回回して1%上がる程度。
USB充電 :ACアダプタで充電、状況をLEDで確認可。

マニュアルには、1分間に120回して、ラジオ 7分、
LED 30分、サイレン 3分、スマホ通話 20~40秒、
スマホスタンバイ 10~20分とあった。

しかし、実際には、もっと回す必要がある。
スマホを、ネット等に接続して普通に使えるようにするには、
気が遠くなる程回さなければならない。

これは、あくまでも緊急避難の道具と考えた方がいい。
それぞれの機能を、単体で確保する事が望ましい。

そう、強く実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

興奮!トミカミニカー

61l1hg2cqjl__sl1500_
「ん、救急車がお気に入りか。」

孫の優真が、我が家へ来る度に持って来る
トミカミニカーの救急車。

さすがに、男の子。
1歳4か月に成長し、自動車に興味深々な様子。
後ろのハッチバックドアを、開けたり閉めたり。

ミニカーは、かつて私も大好きだった。
その再来か。

ここは、その好きな気持ちに応えなければ。
さっそく、アマゾンで検索。

トミカミニカーが、140台以上に増えている事を
その時、改めて知った。
もちろん、全部チェック。

最も目を惹いたのが、建設用車両や輸送用車両。
いわゆる、特殊車両。
もう、孫を忘れ、完全に自分の世界。

ここは、自分の好みで、以下に決定。

・コマツ 油圧ショベルPC200-10型(No.9)
・コマツ ブルドーザD155AX-6(No.056)
・いすゞ ギガダンプカー(No.101)
・トヨタ L&F ジェネオ(No.111)

さっそく購入し、先日届いた。
しかし、箱に気になる事が書いてあった。

「誤飲・窒息の危険がありますので、3歳未満の
お子様には絶対に与えないで下さい。」

ここは、一旦、親と相談した方が良さそう。
しかし、それにしても精巧に出来ている。
これで、全て309円。

自分が、コレクションしてしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

徹底!整理整頓

年末に出来なかった部屋の整理整頓を、
現在、徹底的に行っている。

独立して12年目に、これまでストックして来たものを
全て確認。
思い切って、断捨離を実行。

まず、ファイルボックスの見直し。
在職中の資料や過去10年間一度も見なかった資料は、
全て廃棄。

海外出張や海外旅行の資料も廃棄。
状況がどんどん変わっているので、もう参考にならない。

写真も、主な家族写真は別にして、溜まったものを廃棄。

非常用品も見直し。
食料品は、妻に任せ、もっぱら非常用の電池等の見直し。

まず、充電地を充電し直した。
しかし、過放電で充電出来ず。
無理もない。ほぼ10年ぶりの充電。

手回し充電器も確認。
付属のラジオ、ライト等は、正常に機能した。
しかし、携帯電話接続用の端子しかなく、
スマホに充電出来ず。

ソーラー充電器は、何とか単3充電池に
充電出来た。

10年経つと、性能や規格が大幅に変わる事を実感。
かなり買い替える必要がある。

他にも、書籍や備品小物も見直す予定。
やる時は、徹底的に行う。
これが、自分流だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

仮入場でチャージ

「あっ、スイカのチャージが切れそうだ。」

これから奄美へ行こうとする成田空港での出来事。
奄美でも、生協やコンビニではスイカが使える。

ダイビングからの帰路立ち寄る事が多いので
財布は出来るだけ持ち歩きたくない。
その点、カードだと安心。

最近、ホテルは素泊まりなので食料調達に便利。
同時に、ポイントも貯まる。

そのためにも、空港のどこかでチャージが必要。
出来れば、オートチャージで行きたい。

迷った後、意を決して待合室からJR成田空港駅へ。
改札口でスイカをタッチした瞬間、1万円が補充された。

その上、運良くあったワレット機で、ビューポイントを
スイカに変換。
結果として、残高が2万円近くになった。

後は、改札口を無事出るだけ。

「すいません。忘れ物をしました。」
「では、入場を一旦キャンセルしますね。」

入場してすぐだったので、おとがめなし。
あくまでも非常手段だったが、助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

ミニキーボードで効率アップ

61iorwx2cgl__sl1000_
最近、暮らしの周辺を見直している。

そのひとつが電脳分野。
これまでに、整えたものは、以下のとおり。
・ワイヤレスイヤホン
・活動量計
・miniUSB⇔microUSB変換アダプタ

今回、それに加え、ワイヤレスミニキーボードを購入した。
bluetoothで、スマホやパコソンと連動。

特に、外出時に、スマホでビジネス上の長めのメール等を
入力する時に便利。

とてもコンパクトで扱い易い。
タッチパッドも搭載しているため、マウスも不要。

・90g
・L18.5×W8.5×H3.5mm
・2時間の充電で、スリープモードで20日間使用可能
・バックライト付き 夜間のキーボード確認可
・LEDランプ内蔵 懐中電灯として活用可能

以上のように、数々の便利な機能がついている。
また、ファンクションキーで、音楽等の再生にも活用出来る。

まさに、至れり尽せり。
よくここまで凝縮したと、感心する。

大いに活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

活動量計の効果は

Carbonblack
活動量計を1/7(土)に身に付け始めて、2週間が経過した。

昨年の暮れ以降、検討した結果購入したのは、以下の製品。

・MISFIT SHINE2 カーボンブラック
・8g 50m防水 最大6ヶ月動作
・歩数、消費カロリー、移動距離等1日の様々な活動を記録
・睡眠の長さと質を自動で測定
・各種アプリでスマホと同期

一番気に入ったのが、8gしかない点。
24時間身に付けているので、軽い方がいい。

それと、ボタン電池で6ヶ月動作する点。
心拍数等を計るものは、バッテリーが数日しか持たない。
バッテリーのお世話は、スマホだけでいい。

5気圧防水なので、プールや風呂も気にしなくていい。

ただし、付属のベルトは本体がすぐ外れてしまうとのコメントが
多かったので、別途ステンレス鋼バンド(メッシュブラック)を購入。
82gもあるが、やむを得ない。

これまでは、とてもいい感じで、活動量を計ってくれている。
スマホとアプリで連動しているため、データはアプリで様々な形
で確認出来る。

主に見ているのは、歩数と睡眠時間及び睡眠の深さ。
歩数は、スマホでも見ているが、いつも持っている訳ではない。

睡眠時間と質は、貴重なデータ。
他では見た事のない、初めての数字。
実感とも合っている。

これからも、様々なアプリを使い活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

ファイブフィンガーズ入手

Photo
今年も、昨日からパーソナルトレーニングを開始。

私の筋肉の状態等を知り尽くした、トレーナーのKさん。
昨日も、体幹と瞬発力を意識したメニューを行った。

毎回の定番メニューと共に、必ず新しいメニューが入る。
よく考えつくものだと感心する。

しかし、どのメニューにも共通する大事なポイントがある。
それが、足下の安定。

常に体のバランスを取りながら動くため、床に対する
加重が安定している必要がある。
つまり、シューズが大事と言う事。

これまでは、大工さんが内装時に室内で履く
薄いインナーシューズを活用して来た。
よかったのだが、接地面が若干滑るのが難点だった。

体を斜めにするメニューの場合、これでは意識が
集中出来ない。

そこで、今回購入したのが、ビブラムファイブフィンガーズと
言う5本指シューズ。
型番は、EL-X(BLACK)。119gしかない。

昨日、さっそく試したが、床へのグリップ力が凄い。
安定度が抜群。
これならば滑らず、安心して高度なメニューに取り組める。

しかし、難点もあった。とても、履き難い。
5本の指が、うまく入らない。
足に馴染むまでに、少し時間が掛かりそう。

焦らず、じっくりと取り組んで行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

遂に加入「Amazonプライム」

今年1/1(日)に、遂に「Amazonプライム」に会員登録した。

これまでは、日本の物流に過度の負担をかけまいと思い、
見送って来た。

しかし、翌日にどうしても欲しい品が出てきたため、
やむを得ず「無料体験」として加入。

Amazonプライムに入ると、数々の特典がある。
まず、「お急ぎ便、お届け日時指定便」が無料となる。
今回は、これを活用したかった。

他にも、「プライム・ビデオ」として、映画やTV番組が
無料でパソコン・スマホ等で視聴出来る。

三が日、テレビが家族に占有されたため、この機能も
有り難く活用させて頂いた。

アクションやアニメ等、見たいメニューが目白押し。
これは、出張時にホテル等で楽しむのに最適である。

他にも、「Prime Music」として、100万曲以上が
聴き放題とか、「プライム・フォト」等の特典がある。

まんまとアマゾンの戦略に陥りそうで憎いが、
便利な事は否めない。

アマゾンだけではなく、グーグルの存在も含め、
ネット上のサービスは、その利便性が群を抜いている。
これから、どのような世界が展開するのだろうか。

便利な一面、怖さも感じた。
30日間の無料体験後、正式に会員登録するか再考したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

ムービングトライアルで学習

キャリア研修の中で、ムービングトライアルという
ゲーム演習を、冒頭で行う事がある。

体を動かしながら、これから行う研修の趣旨を
感じ取って頂く事が目的。
アイスブレイクも兼ねている。

ルールが、3つある。

・2人を定め、自分との位置関係が正三角形になる
ように自分が移動する。
・2人は、途中で変えない。
・コミュニケーションは、アイコンタクトも含め一切禁止。

これで、何が分かるか。

まず、3つの事が確認出来る。

① 自分が第三者から選ばれている事に気づかない。
    (2人の動きのみに意識が集中し、視野が狭くなっている。)
② 自分が移動した事が、回り巡って自分に影響を与える
    可能性がある事に気づかない。(「つながり」に気づかない。)
③ コミュニケーションが大事である事に気づく。

ここで、より大切なのが①と②の気づき。

① 視野を広く持つ。その上で、常に周りの状況を感知する。
② 全てのものは繋がっている。その意識を持って行動する
    必要がある。

このゲームを行うと、ムードががらりと変わる。

「視野を広く持って下さい。」
「つながりを大事にして下さい。」
と言っても、言葉では分かっても、腑に落ちない。

体得がいかに大事かが、よく分かる事例。

五感で感じ取る演習を、今後も行って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

仕事観について

自分のキャリア開発を考える時、仕事観を
どのように持つかは、とても大事。

させられているのか。
行っているのか。

同じ「仕事」という言葉も、捉え方によって
呼び方が違って来る。

勤務 :勤めなければならないもの
任務 :任されたもの

ここまでは、義務の「務」が付く。
この先は、「命」が付く。

使命 :授けられたもの
天命 :遣わされたもの

まさに、生命エネルギーを使う事になる。

勤務は、小人(しょうじん)の世界。
任務は、中人(ちゅうじん)の世界。
使命は、大人(たいじん)の世界。
天命は、聖人(せいじん)の世界。

見詰める目は、職場、会社から社会へ。
そして、人間社会から自然社会へと
広がって行く。

天地神明に誓って、この仕事を全うする。
この境地に至りたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

「人づくり」が大事

人材マネジメントの中で、重要な位置づけにある
のが、人材育成。

現在の人材育成は、「能力開発」だけではなく、
「キャリア開発」も含んでいる。

その人材育成を進めるのは、果たして誰か。

支援する事が期待されているのは、もちろん上司。

しかし、主体となって動くべき者は、本人。
この点を忘れて、教えてもらうのを待っているよう
では、全く本末転倒。

そのため、主体的自律的行動を取れる「人づくり」が
求められる。
言葉を替えると、自己開発を進んで行う人づくり。

このような人が、さらにバージョンアップすると、
プロフェッショナル社員となる。
プロフェショナルは、誰にも頼らず自らを律する。

このような人づくりを目指した先人がいる。
それが、松下幸之助氏。

「松下電器は、人を作っています。
併せて電気製品も作っています。」

単なる「能力開発」でも「キャリア開発」でもない。
「人づくり」が大事。
これは、ずしっと来る言葉。

人づくりは、人間力養成に繋がる。
人間力にあふれた組織が、社会の公器として、
その使命を全うして行くのだろう。

「事業は人にあり」

心して、人づくりに励みたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »