« 君子は器ならず | トップページ | 先人の言葉に思う »

2017年4月 9日 (日)

経営とは

時々、原点に戻って物事を考える事がある。
今回は、「経営」という言葉について考えてみた。

経とは、織物をする時の縦糸を意味する。

縦糸はぶれない。
その縦糸に、様々な横糸が通って織り上がっていく。

縦糸は、経糸とも書く。
経は筋を通す大事なもの。
そのため、経書、経典がある。

営には、区切って何とかするという意味がある。

通して考えると、経営とは、世のため人のために
大事な事を、ぶれずに筋を通し、何とか工夫した
成し遂げていくものという事が出来る。

経営コンサルタントは、まさにその実現に向けて
組織を支援する人。

それを、組織だけではなく個人の範囲まで広げて
支援する人が、ビジネスメンター。

まさに、組織経営から、人生経営まで。

それらの支援を通して、自らの経営の充実を
図り、自己成長を図って行く。

こう見て行くと、経営とは、「生きる」事そのもの
なのかも知れない。

物事の本質を、自分の言葉で捉える。

これからも、大事にして行きたい。

|

« 君子は器ならず | トップページ | 先人の言葉に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営とは:

« 君子は器ならず | トップページ | 先人の言葉に思う »