« 体力回復!トレッドミル | トップページ | 一味違う「求心力」 »

2017年4月21日 (金)

弟子でありファンであり支援者

イタリアオペラを2010年1月から習い始めて、
7年が経過した。

その間、声帯を痛めて声が出なくなったり、
今回の手術で1ヶ月お休みしたり、いろいろあった。

しかし、それらの期間を除いては、毎週通っている。
なぜ、そんなに続いているのだろうか。

それは、先生であるMさんのお陰だと思う。

習っているのは、確かにイタリアオペラ。
発声法から始まり、曲想の理解、歌い上げ方等。

しかし、それだけではない。
その生き方に、共鳴している点が大きい。

自分の道を見極め、懸命に努力を重ねられている。
歌にも、その人間性が現れている。
清楚で包み込まれる優しい歌声、しかしとても力強い。

歳は、私の長女のお姉さん位。
だが、その生きる姿には、大いに惹かれるものがある。

弟子として、さらにレッスンで研鑽を積みたい。
ファンとして、さらにコンサートを支援したい。
支援者として、さらに全生活を温かく見守りたい。

生きる世界が違うからこそ、学びが大きい。
これからも、貴重なものを、大いに吸収して行きたい。

|

« 体力回復!トレッドミル | トップページ | 一味違う「求心力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弟子でありファンであり支援者:

« 体力回復!トレッドミル | トップページ | 一味違う「求心力」 »