« 極地の氷が消えるとき | トップページ | 鎌倉・再探訪 »

2017年5月10日 (水)

いざ新江ノ島水族館へ

Dsc_0010
連休明けから、本格的に仕事が再開。
連日、仕事が入っている。

しかし、その分、楽しみも。
出張する各地で、その地でしか味わえない
体験が出来る。

一昨日、前泊で大船へ。
その際、午前中に出向き、ホテルに荷物を
預け、久しぶりに江の島へ行って来た。

主な目的は、新江ノ島水族館へ行く事。
最後に伺ったのが、古い建物の時だから
かなり前になる。

湘南モノレールの「1日フリーきっぷ」を活用。
大船ー湘南江の島(往復)より安価となる上、
新江ノ島水族館の入館料も10%割引となる。

各種ショーまで時間があったため、まずは
江の島の頂上まで、徒歩で往復。
以前立ち寄ったお饅頭屋さんも、健在だった。

降りて来て、すぐに水族館へ。
立て続けにショーを、全て観た。

12:30 ダイビングショー「うおゴコロ」
13:10 クラゲショー「海月の宇宙」
13:30 イルカ・アシカショー「きずな」
14:30 ダイビングショー「フィンズ」
15:00 ペンギンショー「ペングィーン!」
15:30 イルカ・アシカショー「kizuna」

どれも工夫を凝らしており、とても楽しかった。
イルカ・アシカショーは、2回も見てしまった。
それ以外に、ドチザメに直接触れるタッチプールも。

連休明けの(月)なのに、かなり混んでいた。
お客様に、いい評価を得ている証拠だろう。

飼育員さんを「トリーター」と呼び、動物たち
やお客様との触れ合いを大切にしていた。

海と生き物たちに癒された半日だった。

|

« 極地の氷が消えるとき | トップページ | 鎌倉・再探訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ新江ノ島水族館へ:

« 極地の氷が消えるとき | トップページ | 鎌倉・再探訪 »