« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月27日 (火)

メガネスタンドで整理整頓

Dsc_0001
これまでの過程で、めがね類が増えて来た。
サングラスだけでも、山用・海用・日常用等。
普段使いだけでも、3種類。

これまでは、いろいろな場所に適宜保管。
しかし、これでは使いたい時にすぐ使えない。

特に、これから夏場に向かう。
外出時に、スマートに取り出したい。

例によって、アマゾンでグッズを探した。
様々な仕様のものがヒット。
ハンガー式、フック式等。

この中で目に止まったものが、スタンド式。
頻繁に使うものを収納する目的に向いている。

商品名は、「メガネスタンド シンプル ブラック」
以下が、商品説明。

● 軽くて丈夫な圧縮紙に、柔らかくて弾力性があり、
    本物の革に近い肌触りが特長のポリウレタン生地を
    巻いたシンプルなメガネスタンド。
● フレームやレンズを傷つけないように、内側には
    パッドを貼っています。
●ペン立てとしても使えます。
    インテリアとしてもぴったりなシンプルデザインです。

確かに、これだと何にでも使える。

今回は、2個購入した。
これから、有効に活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

宇宙戦艦ヤマト2202第2章発進

Dsc_0003
6/24(土)から始まった、宇宙戦艦ヤマト2202第2章。

イスカンダルからコスモリバースを持ち帰り、
地球を救ったヤマトクルー。

今回は、宇宙の遥か彼方から寄れられた、
テレサの救いを求めるメッセージに促され、
改めて発進するヤマトを描いている。

反逆の汚名を負ったまま発進するヤマト。
味方である地球連邦防衛軍と交戦するシーンも。

壮大な宇宙を背景に、展開する物語。
この先、どういう形で話しが進んで行くかは分からない。
しかし、いつも心をわくわくさせてくれる。

これまでも、何回もリバイバルされて来たヤマト。
どこが、私にとって魅力なのだろうか。
改めて、考えてみた。

まず第1に、戦艦が空を飛ぶという発想。
先の大戦中で沈没した大和を復活させたいと言う
想いも、背後にあるのかも知れない。
しかし、これは決して当時の賛美ではない。

第2に、使命を帯びて行動する者の力強さ。
自分が正しいと信ずる考えの下に、一環して
行動する事は、出来そうで出来ない。

第3に、窮地を切り抜けて行く作戦や兵器の数々。
適宜適切に対応して行くには、柔軟な思考と
速やかな決断力が必要。

たかがアニメ、されどアニメ。
見方によっては、学ぶ点が数々ある。

第3章は、10/14(土)から3週間の上映。
次回も、楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

アクセサリー金具で復活

Dsc_0001
数年前に、仲間と一緒に訪れた出雲大社。

その時、歴史博物館の売店で、深緑色の勾玉と出会った。
かなりのお値段。
購入するか迷った。

どこかのショップで、お値打ちで買えるかも。
しかし、保証はなし。
これを買うチャンスは、今だけかも。

そこで、思い切って購入。
今思えば、一目惚れだった。

その後、格好よく首に掛けようと、いろいろ試した。
まず、紐が長かったので、切って短くした。
チョーカー仕様。

しかし、その時に買った留め具に紐が強く接着せず。
水に濡れて、外れてしまった。
その後、お蔵入り。

先日、整理箱を整理していて、改めて勾玉を発見。
再度、チャレンジ。

東急ハンズに持参し、アクセサリー部品売場で、
いろいろな部品を手に取って試してみた。

その結果、スマホのストラップ用エスジョイントと
金具付き皮製ネックレスの組み合わせが良さそうと
の結論に。

ポイントは、ジョイントの先が回転する点。
勾玉がどの方向を向いても、ネックレスの固定金具に
フィットする。

ここが、今までの難点だった。
これで、問題解決。

諦めなければ、何とかなるものだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

ジョイントハンガーで整頓

アマゾンで、ジョイントハンガーを購入した。

商品名が、「ジョイントハンガーリングス ホワイト」。

リング状の金具を繋げて、小物を掛ける事が出来る。
組み合わせながら、分けて使う事も可能。

私は、帽子を整理しつつ収納するために購入した。
現在は、帽子5つが、折り戸の前面にすっきりと
収まっている。

このハンガーをどこに掛けるかで、かなり思案した。

壁に横に並べて、1個1個画鋲で留める事も出来た。
しかし、スペースの関係で、帽子がやや取り難い。

やはり、折り戸に縦に繋げて掛けるしかなさそう。
でも、問題が発生。
付属の引掛金具が大き過ぎて、折り戸が閉まらない。

近所のDIYに行って、合いそうな金具を探した。
そうしたら、見つかった。

自在に折れ曲がる、折り戸用の引掛金具が。
商品名が、「どこでもピッタリフック」。
10~45mmの厚さに対応。

探せば、あるものである。
そのお陰で、今は、ぴたりと収まっている。

これからも、いろいろと工夫して整頓して
行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

オペラレッスン350回に到達

先週の(土)で、イタリアオペラのレッスンが、
350回に到達した。
2010年の1月から始めたので、7年半となる。

翌年2011年3月にスクーバダイビングを始め、
本数を競い合っていた。

しかし、こちらは昨年後半の多忙や今年前半の
胃GISTの手術等で奄美へ通えず、361本で停止。

レッスンには毎週通っているため、3ヶ月後には、
レッスン回数がダイビング本数を抜く事になる。
この日が、果たして来るのか。

両方とも自分の事ではあるが、共に大事にしている。
芸術の世界と、自然の世界。
心の世界と、体の世界と言い換える事も出来る。

しかし、歌う時は、体を思い切り使う。
一方、ダイビングの時は、心が癒される。

心身が一体となり、解放される点においては共通している。
だから、両方を共鳴させ合い、続いているのかも。

先生と、レッスン前に、ケーキで350回目をお祝いした。
これからも、ずうと続けて行きたい。
そう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

孫とはやぶさ

81tzgju8qcl__sl1500_
先日、出張で名古屋へ出向いた時、午前中の
空き時間を使って、リニア・鉄道館へ行って来た。

その際、孫にお土産を買った。
1歳9ヶ月の孫は、現在、電車に夢中。

リニア・鉄道館へ行った動機の半分以上は、
実は、近い将来、孫と会話するための材料集め。
お陰で、沢山の活きた情報を入手出来た。

その中で、購入したお土産は、新幹線ペンケース。
東北新幹線E5系「はやぶさ」がモデル。
外観は、もちろん電車の形

奮っているのが、ケースの内張りに、電車内部が
再現されている点。

これには、驚いた。
それも、普通席から最上位のグランクラスまで。

昨日の(土)、さっそく孫宅へ持参。

正直言って、まだ分からない状態。
しかし、時の経過と共に、その意味が分かるはず。

マンションの窓から、はやぶさが見える。
自分の手の中に、そのはやぶさがある。

そして、いつか乗る時が来るだろう。
その時、ケースの内装が客席である事に気づく。

問題は、それまでペンケースがもつかどうか。
ぶんぶん振り回す姿を見て、そう思った。

健やかに、元気に育って欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

「こどもの国」がすてき

Dsc_0020
仕事がオフとなった先日、戸田市児童センターを
視察して来た。
全ては、孫といい時間を共有したいため。

当センターが良さそうという情報は、母親の次女
から聞いていた。

次女宅から一駅という好立地。
ならば即行動、確かめない手はない。

「孫と一緒に来るに先立ち、お伺いしました。」

カウンターで受付を済ませ、見学者の名札を胸に。
まずは、頂いたパンフレットを談話コーナーで熟読。
なるほど、こういう構造としくみになって居るのか。

その後、建物内を、じっくりと視察。
未就学児専用の施設が、充実していた。
プレイルーム、室内砂場、何とロッククライミングまで。

それ以外にも、多目的ホールには大型の遊具が。
図書室には、ノンタンから、まんが日本の歴史まで。
大人の私も、思わず読みたくなる本が目白押し。
2階には、軽体育室まであった。

外には、プール以外に、原っぱや丘、森が。
恐竜も、あちこちに。
これは、一日中楽しめそう。

対象者は、児童(0~18才)及び保護者。
施設は、原則無料。
戸田公園駅から徒歩3分という近さ。

そう言えば、孫はこの近くの産院で生まれた。
これも、ご縁かも知れない。

孫と充実した時間を、大いに楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

リニア・鉄道館が素晴らしい

Dsc_0029
先日の名古屋出張時、仕事の合間を縫って、名古屋の
金城ふ頭にあるリニア・鉄道館へ行って来た。
この施設は、JR東海が運営している。

大宮にも鉄道博物館がある。
こちらは、前身が交通博物館で、現在は、公益財団法人
東日本鉄道文化財団が運営している。

当然、展示内容に違いがある。
大宮が鉄道の歴史を取り上げているのに対し、名古屋の方は、
今後の鉄道の将来を語っている部分が多いように思う。

その象徴が、リニア新幹線。
運転席がないのが、いかにも未来志向。
ノーズの流線型が、格好いい。

「時速500kmを体感しませんか。」

5分間の旅との事。
ではと、さっそくリニアのシミュレータに乗車。
乗客は、何と私一人。

ぐんぐん速度が上がって行く。
150km/hを過ぎた頃、車輪走行から浮上走行へ移行。
地上からの振動が、すうと消滅。

現在の新幹線の巡航速度270km/hまで、一気に加速。
そのまま暫く走行した後、あっという間に500km/hへ。

車窓の景色が、飛ぶように過ぎて行く。
途中で反対方向のリニアを擦れ違ったが、全くぶれなし。
映像案内でも、その点を強調していた。

景色は、山間部とトンネルばかり。
実際も、そうなのだろう。
路線の両側は、厚いコンクリートの壁で守られている。

シミュレータとは言え、感無量の体験だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

ネックレススタンドですっきり

Dsc_0002
これまで、旅行へ行った際、自分用に
いくつかペンダントを買って来た。

・ニュージランドで、マリオ族の海のお守り
・出雲大社で、あおめのうの勾玉

その他、チタンを練り込んだスポーツ用等。

これまでは、ロッカーの箱に入れたまま。
ほとんど身に付けた事がない。
これは、勿体ない。

そこで、まず目につく所に出したかった。
そして、すぐに付けられるようにしたい。
さらに、部屋のインテリアにもなるように。

アマゾンで探したら、いいものが見つかった。
それが、ネックレススタンド。
色は、最終的にクリアにした。

置き場所を、作り付け書棚の中段にしたため、
奥のものが見えるようにして置きたい。

黒も引き締まって良かったが、これだと
奥が見えなくなる。

高さが、20cm。
ネックレスを掛けてみると、都合のいい高さ。
人のネックを形取っているため、イメージも湧く。

底が広くなっているため、安定感がある。
その上、カーブ形状で、埃が付きにくい。
また、説明書では、10本架けられると。

これから夏場に向かうに当たり、
ペンダントで、襟元を決めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

適塾入門

Dsc_0011
昨日、大阪出張の合間に、緒方洪庵の適塾跡を
訪ねて来た。

ホテルで、周辺の散策マップを見ている時
適塾の文字が目に入った。

こんな所にあったのかと言うのが実感。
地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅から徒歩5分の所。

適塾は、蘭学者・医者として知られる緒方洪庵が
江戸時代後期に、大坂・船場に開いた蘭学の私塾。

正式には適々斎塾(てきてきさいじゅく)と言う。
また、適々塾とも称される。

緒方洪庵の号である「適々斎」が名の由来との事。
幕末から明治維新にかけて活躍した人材を多く輩出。
優れた教育者でもあった。

福澤諭吉、橋本左内、大村益次郎等、凄い顔ぶれ。
勉学の厳しさは、群を抜いていたようだ。

しかし、洪庵は情に厚い方でもあった。
さらに、奥様が内助の功で、洪庵や適塾の面々を
支えていた模様。

維新の立役者となった人物だけでなく、
多くの塾生が郷里に帰って開業医となった。

地域医療や種痘事業に貢献したという点においても、
適塾の日本近代化における歴史的意義は大きい。

適塾は、現在の大阪大学医学部及び慶應義塾大学
の源流の1つとなっている。

部屋を回っている時、そこでひたすら学ぶ志士達
の姿が、幻のように目に映って来た。
不思議な体験をした。
現代の我々も、その想いをぜひ引き継ぎたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

経典の味わい

事の真理を解いた経典の数々。

中国の古典や日本の古典。

これらを読み解く時に、不思議な感覚になる事がある。
深いところで、言葉が繋がっている。

孫子の兵法、論語、大学、中庸、古事記等

一般的な解釈は、いろいろな本で紹介されている。
しかし、それらを関連づけて味わって行くと、
新たな発見が。

行間を読むと言う世界。
複合して捉えると、現代の戦略論やマネジメント論
さらには、リーダーシップ論や人材育成論に行き着く。

これが、古代から語り継がれて来た経典の神髄。
諭すような短い言葉で、さり気なく語られている。

若い時には、当たり前の事として気づかなかった。
しかし、人生経験を積んで来ると、当たり前の事を
実行し続ける事が、いかに難しいかを痛感。

と同時に、皆と同じ問題で悩んでいる自分に
ほっとする事もある。

今も毎朝、論語、大学、中庸、孝経の一節を
日替わりで素読している。

もう4年越しになる。

少しは、自分も変わる事が出来ただろうか。
今後も、原典と言われる経典を、自分なりに
読み解き、人生の道しるべとして行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

電波時計で時を正確に

現在、電波時計を、2つ持っている。
腕時計と懐中時計。

電波をキャッチして、各々自動補正する機能付き。
しかし、自宅マンションの中では、受信出来ない。
腕時計は、受診日時が分かるが、過去の日付のまま。

それでも、両者ともクオーツなので狂いは少ない。
しかし、やはり本来の機能を発揮して欲しい。

なので、1ヶ月に1回程度、ベランダに出して
手動で受信させている。

日本の標準電波は、2カ所から送信されている。
福島県の「おおたかどや山」と
佐賀県と福岡県の県境にある「はがね山」。

世界では、中国、アメリカ、イギリス、ドイツが発信している。

電波を受診し易くするためには、電波方向へ、
時計上部を向ける必要がある。

ベランダが南向きのため、はがね山に向かってセット。
電波有効範囲が1000kmなので、範囲に入る。

日によって違うが、2分から5分程度で受診完了。

2つの時計を見ると、秒まで合っている。
時計の精度の高さを伺わせる。
カシオとシチズンの共鳴。

これからも、時を大切にして行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

中折れハットで熱中症予防

これまで、帽子を被る事は、あまりなかった。

しかし、これからは考えを改める事にした。
理由は、3つ。

① 熱中症・紫外線対策
② 頭部を守る
③ おしゃれに少し気を配る

さっそく近所のモールへ出掛けて、衣料品店等にて
探したが、これと言う帽子が見つからず。
結局は、アマゾンへ。

現在持っている帽子は、4つ。
・石井スポーツで購入した登山用キャップ
・パラオで購入した海用キャップ
・米軍払い下げ店で購入したアウトドア用ジャングルハット
・アマゾンで購入した、軍用黒ベレーボー

ほぼ機能重視。
今回は、③の目的もある。

アマゾンで検索を数日繰り返した結果、以下を見つけた。
・Zaction UV中折れハット(M、らくだ杢)
メイン素材: ポリエステル
(特長)
1.洗濯機で丸洗い出来る:汗をかく時期は助かる
2.折りたためる:旅行に最適
3.紫外線遮断:紫外線カット率は、最大で99%
4.サイズ調整可能:中のマジックテープでジャストフィット

デザインも気に入った。
格好いいフォルムに、リボンを巻いたシンプルさ。
いろいろな服に、合わせ易そう。

機能もデザインも良し。
これからが、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

クルーネックでアクティブに

シャツは、年中、クルーネックを愛用している。
半袖シャツのスリーブのないタイプ。
首周りは首元まである。

お好みは、BVDの製品。
Mサイズで、ぴったり。

この製品は、洗濯しても型崩れしない。
その上、吸湿性、フィット性に優れている。
着心地が、とてもいいのだ。

丈夫で長持ち。
そして、格好がいい。

クルーネックに割り切ったのは、在職中、
単身赴任していた時。
衣替えが面倒。

胴体がカバー出来ていれば、後は上着や
アウターでカバー出来る。
結果は、世話いらずで当たりだった。

これまで25年に渡り、クルーネックで通して来た。
出張時は、寝間着代わりにもなる。
緊急時は、上着を羽織れば、そのまま待避可能。

脇がないので、腕を動かし易い。
しかし、ボディは守っている。
実に、合理的。

今後も、引き続き愛用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

娘の合格先祝いケーキ

長女が、先日、ある資格試験に挑戦した。
金融機関に勤めているため、かなり勉強を
強いられている模様。

今回は、かなりハードルの高い資格試験。
(土)(日)等にも勉強している姿を見掛けた。

帰宅して来た時を捉えて、声を掛けた。

「どうだった。」
「かなり時間が余ったよ。」

以外な返事。

「と言う事は、大丈夫という事?」
「多分。」

慎重な娘が言うとは、かなり自信があるのだろう。

「そうか。では、さっそくケーキでお祝いしよう。
どのケーキがいい?」
「チョコレートケーキがいいな。」

日頃、顔を合わせる機会が少ない。
これが、会話の潤滑剤になるかも知れない。

翌日、ケーキをさっそく買って帰宅。
チョコにミルフィユにロールケーキ。
妻の分も、合わせて購入。

ケーキを食べながら、しばし懇談。

これからも、このような機会を作って行きたい
と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

デジタル印で効率アップ

最近は、請求書をPDFファイルで受けてくれる
研修会社が増えた。

以前は、印刷して郵送する必要があった。
封筒に印字し、切手を貼り、郵便ポストに投函する。
結構、手間が掛かる。

これらが解消。
しかし、対応出来ない事がひとつ。
それが、押印。

三文判を押す意味が、どれ程あるのか。
どこででも、手に入れる事が出来る。

そのため、請求書を一旦印刷し、押印した上で
スキャナで読み取り、PDFファイル化する必要があった。
この作業も、何とかならないか。

そこで登場するのが、デジタル印。
以前から存在は知っていたが、使用を控えていた。
しかし、事務の効率化から、考えざるを得なくなった。

ちょうど、最近の日経パソコンに、「eight判」の紹介があった。
多機能デジタル印作成ソフト(電子印鑑)とある。
それもフリーソフト(無料)、これはいい。

さっそく作者のホームページから、最新版をダウンロード。
パソコンにインストールして、自分の印鑑を作成。

多機能だけあって、凄い自由度。
日付や所属まで、入れる事が出来る。
私の場合は、本物そっくりの認印で満足。

これから、大いに活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

日焼け止めで紫外線対策

6月に入り、30度を超える暑い日が出て来た。
紫外線が、きつくなるシーズン到来。

これまでは、特に紫外線対策は取って来なかった。
その代償として、顔に脂漏性角化症が出来る始末。

これは、メラニン色素が新陳代謝で処理仕切れず、
腫瘍として皮膚に黒く沈着するもの。

術後、経過観察で病院に行った際、主治医である
消化器外科の先生に、皮膚科の先生を紹介して頂いた。
初診時に、液体窒素による凍結療法を実施。

2週間後に、かさぶた化した腫瘍が、きれいに取れた。

処置時、先生に、今後は紫外線対策をしっかり取る
ように助言された。
そうしないと、まだ出来ると。

帰りに、ドラッグストアへ直行。
いろいろと比較し、「ニベアSUNプロテクト
ウォータージェル」を購入した。

無香料無着色の、化粧水感覚のUVジェル。
顔・体用で、SPA50、PA+++。

肌になじむ、素肌にやさしい使い心地。
乾燥等のダメージからも、肌を守ってくれる。
肌荒れ防止成分とうるおい成分のヒアルロン酸配合。

また、嬉しい事に、簡単に石鹸で洗い落とせる。
多用すると思い、ポンプタイプを購入。
詰め替え用も販売しており、とても経済的。

試供品16gボトルが付属していた。
これは、出張時のお供としよう。

紫外線対策の一歩を踏み出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

オーバーサングラスで快適に

Photo
現在、オーバーサングラスを、ひとつ持っている。
3年程前に購入し、使い込んで来た。

オーバーサングラスは、めがねの上に掛けられる。
度付きのサングラスは、お値段が高い。
しかし、この製品は、既存のめがねをそのまま活かせる。

今回購入した商品は、
「ARay 跳ね上げ式偏光オーバーサングラス」。

特長は、以下のとおり。

・跳ね上げ式のため、サングラスを外す手間がなく、
  レンズを上げるだけでOK。
  暗い場所へ入った時に、とても便利。
・UV400偏光レンズを用い、紫外線カットと偏光をサポート。
・サイド部分にもレンズが付いており、遮光と視野を確保。
・パッド(鼻当て)の高さが、自由に調節可能。

付属品として、専用ケース、ソフトケース、ストラップ、
メガネ拭き、偏光テストカード。

まさに、至せり尽せり。

目は大事。
これから夏に向かい、大いに活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

腹筋やっと100%回復

先日、術後3回目となる経過観察に出向いた。

まず、体調や体重、食事回数等の問診。
次に、血液検査と造影CTの結果検証。

「どの結果も、異常なしですね。」

この先生の言葉に、正直ほっとした。

その後、ベッドに横になって触診。
切開した部分の両脇を、ぐいぐいと押される。
先月は、触診時も受診後も、かなり痛んだ。

しかし、今月は何ともない。

「特に問題なし。」

ここでも、安心の一言を頂いた。

「先生、腹筋の接合は、どの程度ですか。」

一番気になっている事を質問。

「もう大丈夫でしょう。」
「切開した腹筋が、100%回復したという事ですか。」
「そのとおり。」
「では、ウエイトトレーニングを再開してもいいですね。」
「もう裂ける事はないでしょう。」

表現が、リアル。
裂けては堪らないので、8割の負荷から始めたい。
しかし、やっとここまで来た感じ。

今回は、自分の健康を振り返る、いい機会を得た。

摂生していても、病気になる時はなる。
しかし、軽くする事は出来るはず。
これから、精進して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »