« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月27日 (土)

見切るな見極めろ

研修時、休憩時間に、受講者の方々とよく雑談をする。
これが、とても面白い。

その方の意外な一面を発見したり、本音が聞けたり。
そして、学びを得る事も多い。

昨日も、MBTI(性格パターン検査)のセッション終了後の
休憩時間に、Sさんが近寄って来た。

MBTIの解釈の話しから、メンバー育成の話しに
発展して行った。
その際、Sさんが、こう仰った。

「上司から「メンバーを見切るな、見極めろ」と
言われた事があります。」

なるほどねと、思わず頷いた。
真意は、「見捨てるな、その本質を掴め」と理解した。

メンバーを、一人の人間として理解を深める。
しかし、これは、言うは易し行うが難し。
実際には、なかなか難しい。

でも、大事な事。
見極める事は難事だが、その努力を重ねる事が
重要なのだろう。

そう言う意味では、MBTIを、自己理解と共に、
他者理解をする助けにする事は、有効だと思う。

人間は、複雑な存在。
別の言い方をすると、いろいろな味わいを
各自が持っている。

これからも、いろいろな方と出会い、学びと
気づきを得て行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

ななと二人っきり

130601
昨日から、妻と長女が、2泊3日の九州ツアーに
出掛けてしまった。

残されたのは、私となな。
ななとは、ペットのチワワ。

ななは、現在9歳。
生まれてすぐに我が家に来た。
思えば、長い時間を一緒に過ごして来た。

私にも、かなりなついている。
しかし、妻や長女には叶わない。

その中で、二人っきり。
ここは、お世話をしっかりしなくては。

長女が書いてくれたマニュアルに基づき、
昨日からスタート。

ここ3日間のスケジュールは、以下のとおり。

朝は、4:50に起床。
まず、一緒に散歩、帰って来て朝食を作り与える。
その後、5:50に自分の食事。
そして、6:50に仕事で出掛ける。
結構、忙しい。

夕方も帰って来たら、まず散歩から始まる。
昨日は、いろいろお世話をしていたら、
自分の夕食が9:00になってしまった。

昨夜、私のベッドに潜り込んで来た。
出たり入ったり吠えたり。
精神的に、やや不安定な状態。
初日だから、やむを得ないか。

これを機会に、ななとの絆を強くしたいと
思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

ワークブーツ活用!

Photo昨日の雪は、凄かった。
住んでいる埼玉県は、大雪警報。

今朝も、マンションの庭は銀景色。
ペットのななと一緒に回った駐車場も、吹き溜まりと
なった場所の車が、雪に埋もれていた。

道は、溶け始めた箇所、凍結した箇所、水たまりに
なった場所等、様々。
歩くのに、かなり難渋しそう。

ここで活躍するのが、防寒ワークブーツ。
数年前に手に入れた。

建設業者向け店舗の、ワークマンで購入。
4cmまでの水深なら、水もれなし。
底も深い溝が切られており、滑らない。

都会での雪道対策は、これで十分。
値段が、当時で2000円程度。
アウトドアのブランド品ならば、10倍はする。

今日は、これでジムへ出掛けた。
しかし、明日は研修の仕事。
このブーツで1日立ち続けるのは、少し辛い。

防水が効いている分、通気性がない。
つまり、蒸れてしまう。

研修会場は都心。
しかし、会場の一帯は武蔵野の面影が残っており、
近道は地道の森を抜けて行く。

通るのは、ブーツでも無理かも。
明日は、少し遠回りして、通学路を通る事にしよう。
いつものウォーキングシューズで、大丈夫だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

これが車いすフェンシングか

昨年、NHK総合で「武井荘が挑む車イスフェンシング」が
放映された。

とても興味深く、かつ感動しながら見入ってしまった。

出演した選手は、イケメンの日本代表の加納慎太郎
(かのうしんたろう)選手と、角田成(つのだあきら)選手。

加納選手は始めて4年、角田選手は1年。
しかし、凄い剣さばき。
かなりトレーニングを積まれている証拠。

このお二人に、百獣の王 武井さんがハンディなしで挑む。

当然、歯が立たず。

でも、5本勝負で加納選手に1本、角田選手に2本取った。
生まれて初めての体験で、これは凄い事。
加納選手が「人生の汚点」と言って、逆に悔しがっていた。

しかし、試合後、武井さんが仰っていた言葉が印象的だった。

「負けてこんなに楽しい競技は初めて。」
「一つの攻撃、一つの防御、一つの勝ち、一つの負け、
全てに成長の種がある。」

近い距離で行う分、攻防が分かりやすくリアル。
振り返ると、学ぶべき点がしっかりと自覚出来る。

角田選手が、頭をかなり使う競技だと仰っていた。
それは、競技前の作戦、競技中の攻防、競技後の
次の試合に向けての検討の、全てに言える事なのだろう。

「失ったものもあるかも知れないけれど、それを取り戻す
大きなものが、その先に待っている。」

武井さんのこの言葉、とても気に入った。

車いすフェンシング、今後も注目して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

初めての花粉症アレルギー検査

昨年の末、遂に花粉症のアレルギー検査を行った。
秋にもグスグスし始めたため、さすがに原因を
しっかり把握したく思った事がきっかけ。

検査項目は、先生と相談し、以下の7項目とした。

(樹木花粉)マツ、スギ、ヒノキ、
(雑草花粉)ブタクサ、ヨモギ
(室内塵)ハウスダスト1
(ダニ)ヤケヒョウヒダニ

どんな結果が出るのだろう。
自宅の部屋に居てもおかしい事があるため、
全部該当するのでは。

今日、検査結果を、耳鼻科でお伺いして来た。
すると、予想を覆す結果が。

陽性反応が出たのは、何とスギだけ。

それも、6クラス評価の2という軽いレベル。
よかったけれど、意外過ぎて拍子抜け。

先生のお話しでは、スギは秋、特に10月に
花粉を飛ばすとの事。

そう言えば、昨年は10月当たりに、頭がボーとし始めた。
寒冷刺激も、影響した可能性があるとのお話し。

でも、安心は出来ない。
検査しなかったアレルゲンも多くある。

これから花粉の時期に入るため、予防や対応を、
しっかりと行って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

わくわく!しんかんせん

0000000013152
「新幹線って、こんなに種類があるんだ。」

孫の優真の相手をしていて、今更ながらに驚いた。

「こまち」や「かがやき」当たりまでは分かるが、
「Maxとき!」と叫ばれた時には、「Max」と「とき」が
頭の中で、すぐに結び付かなかった。

これは、勉強しなくては。

今日、本屋を散歩している時に、いい図鑑を
見付けた。

それが、「はじめてカードずかん わくわく!
しんかんせん」交通新聞社 発行。

20種類の新幹線が、カード形式となっている。
バラバラに出来るので、カルタのようにも使える。

N700Aのぞみ
N700系のぞみ
N700系7000番代・8000番代みずほ・さくら
800系さくら・つばめ
700系ひかり・こだま
700系7000番代レールスター
500系こだま
E5系はやぶさ・はやて
E6系こまち
E2系やまびこ・なすの
E3系2000番代つばさ
E7系・W7系かがやき
E2系あさま
E4系Maxとき・Maxたにがわ
923形ドクターイエロー
E926形イースト・アイ
0系むかしのひかりごう
300系さいしょののぞみごう
200系さいしょのとうほく・じょうえつしんかんせん
925形むかしのドクターイエロー

厚紙で出来ていて丈夫。
名称や解説には、全てひらがなのルビ付き。
コンパクトサイズなので、持ち運びも楽。

今はまだ読めないが、興味が沸けば丸暗記して
しまうかも。
これで、孫と共に学んで行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

名刺データをクラウドで確認!

世の中、便利になったものだ。

パソコンに登録した名刺データを、クラウドで
見る事が出来るようになった。

使っているソフトは、「やさしく名刺ファイリング
PRO ver15」。
このシリーズは、独立してから12年間使い続けている。

これまでも、スマホとデータを共有する事は出来た。
しかし、その時は、データを一括してスマホに
保存する必要があった。

名刺が数千枚になるので、データのやり取りに
時間が掛かる。
スマホのメモリも、かなり使う。
そのため、これまでは避けていた。

しかし、ver14から、「やさしく名刺ファイリングCLOUD」と
いうしくみが取り入れられた。

ネット上の自分のエリアに、データをアップする。
これを、スマホで参照する。
つまり、スマホ側でデータを保存する必要がない。

この1年間は、利用料が特典で無料。
そして、5000件までアップ出来る。

どこまで、利用価値があるだろうか。

これまでは、手帳に名前を書き込んでいた。
今年合った方は、手帳を見れば確認可能。
しかし、単年で名前のみ。

これでも、大きな支障はなかった。
しかし、活用方法の広がる可能性がある。

この1年掛けて、いろいろ試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

目指せ!腹筋1000回

昨年後半の目標の一つに、シックスパックがあった。
腹筋を6つに割る意味。

しかし、残念ながら、しっかりと割れなかった。
薄っすらとは割れているが、脂肪が邪魔をしている。

何とかしたい。
一度志した事は、最後までやり通したい。

アプローチは2つ。
① 食事療法
② 腹筋強化

①は、すでに正月明けから行い始めた。
具体的には、間食をしない。
大好きな鯛焼きも、お預け。

②は、パーソナルトレーニングでも強化メニューの
一つになっているが、自分でも独自に取り組む事とする。
具体的には、1日腹筋1000回を目指す。

これも年明けから取り組み始め、現在、日々240回
まで来ている。
クランチ:40回×2セット、
ツイストクランチ20回×2セット×左右
ダブルクランチ20回×2セット
リバースクランチ20回×2セット

私にとっては、下腹部のリバースクランチが辛い。
これを今後は、25回に増やす。
すると、合計で250回。

これを日に4サイクル行うと、1000回となる。
今もジムに行く日は、ジムと自宅で2サイクル
行う日もある。

課題は、これらを「いつ」「どこで」行うか。
時間は、朝、昼、夕方、就寝前
場所は、自宅、ジム、ホテル等

これは、かなりたいへんそう。
まずは、2サイクルを確実に行う所から始めたい。
昼/ジムと自宅/就寝前の組み合わせ。

これに朝/自宅を加えるのが、次のステップか。

どこまで出来るだろうか。
まずは、チャレンジしてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

奉公と貢献

マネジメントの本を読むと、「貢献」という言葉が
よく出てくる。
組織貢献、社会貢献や他者貢献等。

よく似た言葉に、「奉公」がある。
この2つの言葉、使い分ける必要がある。

奉公は、滅私奉公という熟語があるように、
我が身を捨てて全身全霊で仕える事。
昔は、これが重んじられた。

しかし、今は違う。
まず、自分を活かす事を考える。

自分を活かすために最も相応しい場所が、
仕事の場。

そして、仕事は組織または社会の中で行う。
つまり、組織等を自分を育ててくれる土俵と考える。

その上で、土俵を与えてくれた組織等に対し、
恩返しの意味で「貢献」の名の下、力を尽くす。

この関係がうまく進むと、個人の成長と
組織の成果が同時達成する事になる。
組織は個人の貢献を認め、さらに充実した土俵を
用意する事になる。

出発点は、自分が自分をいかに捉えるかという事。
掛け替えのない自分。

だから、まずは自ら主体的自律的に行動する事が大事。
それも、独善ではなく、信念に基づいて。

こう考えると、貢献は自分の仕事人生を豊かにする
ためのキーワードのような気がする。

自分を活かし、人も活かす。
気概を持って、世に貢献して行きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

音声ファイルのタグ編集

今年の目標に、イタリア語と英語のブラッシュ
アップを掲げた。

これまで、イタリア語に関しては、検定試験に2回
チャレンジした。
しかし、残念ながら不合格。

今年は、何としても一定のレベルに達し、念願の
イタリアへ行きたい。
英語は、イタリア語を補う形で再学習。

まずは、ヒアリングから。

イタリア語は、教本のCDを、自ら音声ファイルに変換。
その上で、ネットでタイトル名等を自動取得した。
これで、スマホ等で、タイトルを選び聴く事が出来る。

問題は、英語。

過去に「SuperELMer」のカセットテープ教材を、
専門業者に依頼して、生のCDにしてもらった。

これも音声ファイルに変換した。
しかし、自作CDのため、タイトル名等の自動取得は不可。
自分で入力するしかない。

Vectorでタグ編集出来るフリーソフトを探した。
すると、「Mp3tag」というタグ編集ソフトがヒット。

音声ファイルのタグが、簡単に編集出来る。
探せば、便利なものがあるものだ。
フリーソフトだから、もちろん無料。

これで、準備は万端。
毎日、隙間時間に聴くところから再開したい。

イタリアで、オペラと出来ればダイビングも
楽しんで来たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

大宮氷川神社へ初詣

Dsc_0017
1/9(火)、遅めの初詣に大宮氷川神社へ参拝して来た。

年末年始は、年初に送付する研修プログラム作成の
ため、忙殺されていた。
そして、先週やっと目処が付いた。

3連休も終わり、境内も落ち着いている頃だろう。
この日は、時間に余裕があったので、徒歩で向かった。

自宅を午後2時に出て、到着したのが3時。
途中で道に迷い、少々疲れた。
運動も兼ねたが、思った程歩数が伸びずにがっかり。

業者の方が、参道の照明を片づけていた。
露天のお店も、全て撤収済み。
お正月は、もう過去の話しのよう。

でも、本殿の前まで行くと、かなり人が居た。
しかし、ほどなく無事手を合わせる事が出来た。

この時間、ビジネスマンのグループが目立った。
ここかしこで集っている。
多分、初出社の帰りなのだろう。

一番混んでいたのが、おみくじ売場。
ここは、パス。

おみくじを結ぶ所が、凄い事になっていた。
白い帯が、連綿と続く。
ある所で「犬」ではなく、「牛」にしか見えない場所が。

今年も、有意義な1年になるように励みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

おふろでプラレール

Ofuroplarail3580x435
日、おふろで遊べるプラレールに、大いに助けられた。
孫の優真を預かった時の事。

次女は、大学時代のサークルの新年会幹事で不在。
時間を、どう過ごすか。
そうだ、お風呂に一緒に入ろう。

事前に、次女と妻に考えを伝えた。
次女から、「ゆうまトリセツ」がLINEで送られて来た。
この中に、お風呂の対応も書いてあった。
なるほど、水は怖がらないようだ。

外出先から帰宅すると、次女は既に出掛けていた。
よく見ると、優真の手に新幹線「こまち」が。

妻が、隣の食品スーパーで買って来たとの事。
箱に、「プラレールおふろで水あそびごっこ」とある。
水鉄砲になっていた。これはいい。
お陰で、お風呂でも大いに盛り上がった。

この新幹線、カバヤが販売しているガムのおまけ。
「色彩済みソフトビニール玩具1コ入り」とあるが、
ガムの方が、おまけのよう。
新幹線は、全部で8種類ある。

E2系新幹線、E3系2000番代新幹線つばさ、E4系新幹線Max、
H5系北海道新幹線はやぶさ、E6系新幹線こまち、
E7系新幹線かがやき、N700系新幹線、
923形ドクターイエロー

これらは、タカラトミーとの提携。
だから、本物に結構近い。
「対象年齢6歳以上」とあるが、2歳でも十分遊べた。

気に入って、「こまち」を持って帰ってしまった。
そのため、次回に備え、「はやぶさ」と「N700系」を購入。
今後、一緒に入るお風呂が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

これが池上流知的生産術か

池上彰氏が、どのように情報を入手し
どのように整理しているのか、以前から
興味深々だった。

その中、近くの本屋を散策している時、
ふと目に留まった本があった。

それが、「情報を活かす力」池上彰 著。

斜め読みすると、体験に基づいた話しが
いくつも掲載されていた。
さっそく購入。

池上氏は、2005年までNHKで記者をされていた。
そして、最後の11年間担当された「週刊こども
ニュース」で、お父さん役として子供たちに
分かり易く説明されていた内容が、秀逸だった。

どうすれば、あそこまで噛み砕く事が出来るのか。
説明用の模型やフリップも、実に的を射ていた。

今回、それが少しずつ分かって来た。

一口で言うと、相手を思い、入念に準備する事に
尽きる。

情報は、今、何のために収集するのかのコンセプト
をしっかりと確認し、集められていた。
単なる雑学ではない。

仮説を持って収集し、それを現場で得た事実で
検証していく。
当初の見込みと違う場合は、訂正する。

思った事を紙に書き、誰かに話して、分かり易さ
に磨きを掛ける。

時間を置いて、客観的に自分が書いたものを
読み直す大事さも強調されていた。

自分と、大きく視点が違う所はなかった。
この点を確認出来た事が、今回の最大の収穫。

これからも、目的意識を明確にしながら、
物事に取り組んで行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

「日本のおなまえっ!」最高!

NHK総合で放映している「日本人のおなまえっ」が面白い。
毎週(木)19;30から45分間は、忘れずにビデオに取っている。

今年の最初は、金持・出世・幸福等、「めでたい名字」。
毎回そうだが、このような名字が存在するとは。

冒頭で、以下の名字が紹介された。

正月、福袋(ふくべ)、円満(えんま)、大吉、福持、鯛、長生、
金持、門松、繁昌、宝船、幸福、出世、万歳(まんざい)

番組では、まず万歳を取り上げていた。

この漢字、通常は「ばんざい」と読む。
しかし、ルーツは「まんざい」との事。

1000年以上続いている芸能である、千秋万歳
(せんずまんざい)から来ている。
才蔵(ボケ)と太夫(ツッコミ)の原形も、ここにあるとの事。  

さらに、「予祝」という考え方がある。
予め過去形で祝う事で、実際に良い事が起きると言う捉え方。

名字には、いろいろな由来や意味があって、本当に興味深い。
日本の歴史が刻まれている。

これからも、この番組の名字を通して、古き日本を紐解いて
行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

大人のピタゴラスイッチ

元旦にNHKEテレで放映された「大人のピタゴラスイッチ」の
ビデオを視聴した。

子供向けのピタゴラスイッチは、年間を通して放映。
ビー玉が、いろいろな装置を巡って最後に旗を立てる、
その奇想天外な仕掛けに目が釘付けになる番組。

しかし、大人向けは、年1回だけ。
そう考えると、とても貴重な機会。
2013年から始まり、今年で6年目との事。

とても、おもしろかった。
想像と現実とのギャップに、「驚いた!」の連続。
日常の出来事の、意外な事実を知る知的な楽しさ。

今回のタイトルは、「想像力としかくい穴」。」

Ⅰ 間を飛ばさず考える
① キューブの穴落とし
キューブが四角い穴に落ちない。
緩衝材があると落ちる。
想像では途中を飛ばし勝ち、しかし現実は連続的に起こる。
② 逆立ちコマ
実は、同じ回転方向を保ちながら逆立ちする。

Ⅱ 答えは枠組みの外にある
① 入浴剤を水に入れる
浮きもせず沈みもせず、立つ。
② ハトにフランスパンを与える
面白い事に、パンの輪が首に掛かる。
③ 糸とたま
糸を張ると落ちない&糸を緩めると落ちる。
実は、たまにくの字に穴をあけていた。

Ⅲ 現実と想像は違う
・触れると開く自動ドア、実は赤外線センサー
分かりやすい想像をさせる事で扱い易いものになる。
・バイクのリザーブタンク、実はタンクはひとつだけ
長い管と短い管がある。
リザーブタンクは機能として存在している。
リザーブタンクは想像の中にだけ存在している。

Ⅳ 普段は考えもしない
・ガードレール、実はかなり深く埋まっている。
・切符の精算機のサイズ、実は独立型と同じ大きさ。
・木の合板、実は薄くスライスして貼り合わせている。

現実は、想像の外にある。
最後の「ビーすけと黒玉王子の大脱出」も最高の演出。
これらは、最高の知的エンターテイメントだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

かけがえのない2つのジム

現在、ジムに2つ通って居る。

パーソナルジムと普通のジム。
普通と言っても、サロンもあるウエルネスに
力を入れたジム。

年始に、この後者のジムを退会しようかと考えた。
この1月下旬で、個人会員になって10年が経過する。

入会時に支払った保証金も、退会したら返還して
もらえる時期に達した。

パーソナルジムが、当初の予想を上回る程
充実している事もある。
こちらに絞ってもいいかと。

しかし、よく考えて、やはりこのまま継続する
事にした。

ウエルネスジムは、トレーニングだけではなく
素敵な時間を自分に与えてくれている。
それが、今回改めて確認出来たから。

まず、全体の雰囲気がいい。
ゆったりと、心身共にリラックス出来る空間。

サロンでは、名曲を聞きながら思索を巡らす
事が出来る。
チェアーに横になり、うたた寝も最高。

真の休息を得られる感じ。

自宅から片道で1.5時間掛かる。
一見遠いけれど、その電車の中が読書の場に
なったり、アイデア創出の場になったり。

自宅に居ては絶対に得られない付加価値を、
このウエルネスジムに通う事で得ている。

パーソナルトレーニングとは違った効用。

2つのジムを、今後も有効に活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

孫から学ぶ事

大晦日から昨日まで、孫の優真が、
次女夫婦と共に我が家に滞在していた。

その間、まるで波状攻撃のように私の書斎を
訪れ、遊びにつき合わされた。

最初は、可愛いくて仕方がなかった。
しかし、だんだんと疲れて来た。
まさに、体力と忍耐力を試される。

優真は現在、2歳3ヶ月。
2歳を越えた頃から、急に知恵が付き始めた。

同じ遊びを、無限ループで繰り返す。
出来る喜びを感じると共に、処理方法の
確認を行っているのだろう。
いろいろな方法で、試している。

頼もしいけれど、付き合うのは大変。
時々、声を掛けて、変化を取り入れる。
すると、また夢中になる。

そして、いくつか遊びを終えたら、
また最初の遊びから再開。
これに付き合いのは、まさに修行の場。

一方、熱中すると、凄い「集中力」と「持久力」を示す。
どんな単純な動きも厭わない。
しかし、飽きると、さっと変身する「切替力」も示す。

こう考えると、いろいろ学ぶ所がある事に気づく。

この観点に立って考えると、不可解だったある人の
行動を理解する事が出来た。

なるほど、子供のような純粋な心を失っていない
方だったのだと。

これからも、孫と共に成長して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

3つの「気」

昨年末、ジムでトレーニングが終わった後、
次の待ち合わせまでに時間が空いた。

こういう時には、サロンでゆっくりと
過ごすのが一番。

部屋に入ってすぐに、丸テーブルの上に
興味深い本が置いてある事に気づいた。

「内蔵脂肪を減らすコツ」岡部博 著

岡部先生は、ジムドクターであり、同時に
私のホームドクターでもある。

長年、検査で脂肪肝と言われ続けている。
どんなに運動をしても、一向に改善しない。
食事も気をつけているのだが。

中性脂肪の値は、正常を示している。
一方、肝機能の数値は、確かに今一つ。

人間ドックのコメントでは、肝センター
への受診を勧められている。

今、予防のために呼吸器内科、消化器外科、
治療のために皮膚科に通っている。
近所では、歯科、耳鼻科に行く事もある。

60歳以降、病院に通う頻度が本当に増えた。
さらに増やさなければならないのか。

岡部先生の本には、内蔵脂肪を減らす
ためには、以下の3つが必要と書いてあった。

動機、知識、根気

ここは焦らずに、改めて3つキーワードに
従って、対応を見直しをして行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

3つの「ション」

昨年最後の、ある会社での考課者研修
打ち合わせ時の出来事。

先方の部長が、打ち合わせ終了近くに
次の事を仰った。

「私は、パッション、ミッション、
コミュニケーションの3つの「ション」が
大事だと思っています。」

ぱっと目が開かれた思いがした。

それまで、どのように研修内容を組み立てれば
よいか悶々としながら、お話しをお伺いしていた。
問題だらけで、取り付く島が見つからない状態。

今回の研修のキーワードは、これだと思った。

当社の考課制度運用上、最も欠けているもの、
それが、これらの言葉に集約されている。

考課制度は、人材育成を旨としている。
多忙下、部下を育てるには、上司の「情熱」が必要。

そして、育成を上に立つ者の「使命」と受け止め、
真摯に行動する。

でも、一方通行では困る。
部下との「対話」を通して、PDCAサイクルを、
双方納得を得ながら進める必要がある。

こう見て来ると、職場マネジメントと
密接な関係を持っている事が分かる。

部下が育ち、職場で知恵の相乗効果が生じれば、
会社の業績は必然的に上がって行く。

うまく運用すれば、部下・職場・会社が、皆ハッピー。
まさに、三方一両損ならず、三方一両得の世界。

上司である自分が成長する事は、言うまでもない。
これらを、狙わない手はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »