« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月25日 (水)

メガネを再点検

最近、眼精疲労が著しい。
目の奥が痛い。

確かに、本を読んだり、デスクに向かって
テキストを作成する時間が増加傾向。

ストレスも関係していると思うが、メガネの度が
合って来ていない可能性も考えられる。

そこで、先日、以前からお世話になっている
メガネ21赤羽店にお伺いした。

検眼して頂いたら、視力等は、今のメガネに替えた
2年前からさほど変わっていないとの事。
ならば、なぜこんなに疲れるのか。

「メガネが下がって来て、焦点が合っていないようですね。」

遠近両用のメガネを使っているため、下にずれると
遠方用のレンズで近くを見ている事になる。
言われてみれば、しきりにメガネを上に上げて居たよう。

「メガネを調整しましょう。」

掛ける位置を固定するため、2箇所修正して頂いた。
・耳に掛かっているつるの角度をややきつめに。
・鼻当てをプラスチック製からシリコン製に変更。
全て、アフターサービスの一環として無料。

調整して頂いてから約1週間が経つが、快適そのもの。

閉店間際に駆け込んだが、私の素朴な疑問にも
丁寧に答えて頂いた。
・老眼が進むと、遠くを見る力が衰えて来る。
・遠視が進むと、近くに焦点を合わせる力が衰えて来る。

私は、遠視で老眼なので、遠くも近くも厳しい状態になる。
将来的には、遠方用のメガネと中近用のメガネが必要。

これからも、長いお付き合いになりそう。
今後とも、よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

トレーニングは体の一部

7月に入ってから多忙を極め、週3回のジム通いが
全く出来ない状態だった。

一昨日、イタリアオペラの発表会後、ほぼ2週間半
ぶりにジムへ。

まず、入念にストレッチから。
体の奥から、きしむ音が聞こえて来る。

その後、体幹トレーニング。
腹筋、背筋と、いつものメニューを。
しかし、かなりきつい。

少し離れていると、こんなにも違うものか。
行っている最中から、じんわりと筋肉痛が。

その後、ベンチプレス。
久しぶりなので、ウエイトを下げて、
その代わりスローで行う。

これも、効いた。
かなりしんどい。

ジムでトレーニングしている間に、スタジオで
ボクササイズが終わった。

ちょうど、区切りが良かったので、スタジオへ。
空き時間をお借りして、フェンシングのフットワークの
練習をさせて頂いている。

クーラーが効いて居て、快適そのもの。
広い上に壁2面がミラーなので、フォームの確認に最適。
贅沢な環境だ。

最後に、マット上で、インストラクターのKさんに
ストレッチを受けて終了。

久しぶりに、すがすがしい気分に。
その後、大阪へ向けて、元気に前泊出張へ出掛けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

16回目のイタリアオペラ発表会終了

昨日7/22(日)は、イタリアオペラの発表会だった。

16回目の発表会。
2010年夏から発表会に出演し始め、その後フル出場。
これまで、いろいろな会場で歌って来た。

しかし、今回の会場は別格。
武蔵野市民文化会館の小ホール。
昨年、先生がリサイタルを開いた場所だ。

とても響きがいい。
素人にとっては、これ以上の設定はない。
一生に一度のチャンス。

そのため、今回は、かなり練習を積んだ。
カンニングペーパーを作り、場所を問わず、
練習に励む日々。

歌詞も、完全にマスター、
したつもりだった。
しかし、張り切り過ぎた。

少し力が入ってしまった感じ。
口が回らず、歌詞もそれぞれ一カ所ずつ、
あやふやになってしまった。

まだまだ、修行が足りないと痛感。

一方、励みになった事もあった。
それが、小さい子供たちの頑張る姿。

幼稚園の年少、年中組が、歌にピアノに
一生懸命取り組んでいた。
特に、Sちゃんは、合唱も含め3回も登場した。

子供たちの恥ずかしそうな、でも嬉しそうな顔が
愛くるしい。

これからも、子供たちと共に、歩んで行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

プラレールの進化に脱帽

61ricf5zyul__sl1100_
孫の優真が大好きな、タカラトミーのプラレール。
この進化には、本当に脱帽。

プラレールが世に出たのは、今から60年前。
私は、小学生時代に遊んでいた記憶がある。
しかし、この頃はお小遣いも少ないし、深入り出来なかった。

その後、結婚し娘達が生まれた。
幼稚園の頃に買い与えたが、最後は自分が夢中になっていた。

でも、転勤が多かったため、引っ越す度に邪魔になり、
後輩の息子さんへ、全部プレゼントしてしまった。

今回が、第3波という事になる。

これまでと違うのは、目玉である新幹線が、数多く出現した事。
NTT東日本だけでも、はやぶさ、こまち、かがやき、つばさ等。

これらに加え、線路の種類も増えた。
坂道レール、複線レール、自動ポイント切り替えレール等。

駅やトンネルを加えて組み合わせて行くと、まさに街が出来てしまう。
東京モノレールや湘南モノレールまである。

線路をどのように繋げて、どの列車を走行させるか。
これらレールレイアウトとダイヤを考えると、かなりエネルギーを使う。

と同時に、思考力や想像力が、とても鍛えられる。

優真の興味が、どこまで続くかは未知数。
しかし、これを能力伸長に繋げない手はない。

深みにはまらない程度に、支援をして行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

オペラ発表会まで秒読み体制

7/22(日)のイタリアオペラ発表会まで、
秒読み体制に入った。

思えば、今年に入って6/16(土)に、
レッスン400回目の節目を迎えた。

当日は、先生にお礼の意味を込めて、
ブルーのハーバリウムをプレゼント。

先生からは、シュクレさんのドライフルーツ
ケーキを2本も頂いた。

それから、早1ヶ月。
先週の(土)には、伴奏の方との合わせも、無事終了。
暗譜後、初めて間違えずに歌う事が出来た。

しかし、今週もこの後(金)まで連日、研修で登壇する。
喉の酷使が危ぶまれる。

発表会の週は、毎年、仕事が立て込んでいる。

ここで、調子を崩す事は出来ない。
かと言って、研修で力を抜く事は、本末転倒。
まさに、バランス感覚が求められる。

伴奏時に、先生から指摘を受けた点を含め、
日々繰り返して練習している。

練習する場は、主に歩いている時。
マスクをして消音しながら、発声する。

歌詞があやふやになって来た時は、交差点や駅で
電車を待っている時に、カンニングペーパーを確認。

隙間時間を活かして、発表会に備えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

修行の日々

今年になってから、奄美へダイビングに、
1日も行っていない。

昨年までは、2ヶ月に1回の頻度で行っていた
事を考えると、雲泥の差。

今年に入り、難度の高い仕事が集中して入って
来ている。

一言で言えば、お客様の要求するレベルが高く、
または広範囲に渡って来ている。

同じマネジメントでも、これまでとは違った傾向。
より深く、より高く、より広くなっている。
それだけ、職場運営が複雑化して来ているのか。

より深くでは、管理者としての人間力養成。
より高くでは、経営哲学の思考。
より広くでは、労務管理や財務管理の実務まで。

これらに関連して、目標管理から人事評価へ、
または、経営理念からコンプライアンスへ
話しを繋げて講義する事もある。

部下の育成では、メンター制度の定着支援も。

各社の管理者の能力も様々なため、現状の
マネジメントレベルの事前ヒアリングが欠かせない。

これらのプログラム構築が、年初から複数並行して
走り続けている。
作っても作っても、終わらない。

これまで何度も読んで来た各種専門書を改めて
紐解き、知識の再確認をする。

また、最新のビジネス誌等を通読して、ヒントを得る。
その繰り返し。

これらは、新たな道に進むための必要なステップか。
修行の日々は、まだ終わりそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

オーバーサングラス再購入

51iie0enel__sl1000_日差しのきつい日々が続く昨今。
帽子とサングラスが、欠かせない。

サングラスは、昨年今頃、偏光オーバーサングラス
を購入した。

オーバーサングラスのいい所は、めがねの上から
掛けられる事。

その上、持っているサングラスは、グラスだけを
跳ね上げる事が出来る仕様になっている。

これが、とても便利。
室内や電車の中等、少し照度の落ちた所で、
いちいちサングラスを外す必要がない。

1年使って来て、つるの部分のゴムが剥がれて来たり、
接続部が落とすと外れる等、弱って来た。
お値段がお値段だけに、耐久性はもうひとつ。

そこで、今回、予備に2つ目を再購入した。

ハードケースとソフトケースも付いて来る。
これまでは、両方とも使っていなかった。

しかし、今は、レンズを保護するため、外出時に
使わない時は、ソフトケースに入れるようにしている。

目は、大事な器官。
涙成分の目薬も、欠かさず差すようにしている。

これからも、機能的にオーバーサングラスを
活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

孫と初めてのプール

先週の(土)に、孫と一緒に、初めてプールへ行った。
最近、近所のプール教室に通い始めたのだ。

今回は、チンピヒッター。
次女が妻と共に東京へ買い物で出掛けるため、
私が付き添う事となった。

結論から言うと、とても疲れた。
疲れの質が違う。
真から疲れてしまった。

孫の優真は、プールでも、元気一杯に動き回っていた。
やや臆病な面はあるが、水になじんでいるように見えた。

40分程の約半分位が、インストラクターによる指導の時間。
親子ペアで、浮いたり沈んだり、脚をバタバタさせたり。

父親と母親の割は、半々という感じ。
祖父母は、さすがに私一人だけ。

後半の20分は、自由時間だった。
プールに投げ込まれたボールや浮き輪を使い、自由に遊ぶ。

優真とは、スーパーマンごっこをした。
腕に巻いた浮き具と腹の下に通したスポンジバーで、
体を水面に対し水平に保持する。
その上で、手に持ったループを引っ張って、水面を滑らせて行く。

「力を抜いて。力を抜くと、楽に早く動けるよ。」

リラックスできたのか、最後は歌を歌い始めた。
喜んでもらって、それに越した事はない。

こちらは、疲れ倍増。
昼寝に加え、夜も早めに寝る事となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

忍者扇子参上!

最近、熱い。
とにかく熱い。

そこで、持ち歩き始めたものがある。
それが、扇子。

それも、忍者仕様の扇子。
かなり前に、京都の忍者の館「NINJA KYOTO」
で買い求めたもの。

忍者の持ち物なので、真っ黒。

余計な装飾は、一切なし。
目立たない銀文字で、店名が書いてあるのみ。
これが、いい。

今までも時々使っていたが、ほぼお蔵入り。

先日電車に乗っている時、前に座った方が
扇子を使っているのを見て、思い出した次第。

「そうだよ、扇子を持っていたよ。」

そう言えば、最近は、扇子を持っている方を、
余り見掛けない。
一方、超小型扇風機を持っている方は、時々見る。

同じ風を送るなら、私としては、軽くて取り扱い易い
方がいい。

先日、研修会場へ入り、後ろの席で待機している時。
久しぶりに使ってみた。

冷房も効いて居たので、かなり効果があった。
顔から頭、首筋と、冷風が行き渡る。
立ちどころに、クールダウン完了。

この夏、改めて活用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

スマホケース滑り止めが凄い

61qtqv33hsl__sl1500_
現在使っているスマートフォンのケースが
かなり痛んで来た。

そろそろ取り換え時期か。
という事で、買い替えを検討した。

しかし、実は、既に1つ持っていた。
現在使っているものは、柔らかいシリコン製。
持っているものは、硬いプラスチック製。

最初は、後者のハードケースを装着していた。
しかし、使ってみて分かったのだが、
手の中で、滑り易い。

これはまずいという事で、現在使っている
ソフトケースに買い換えたという経緯がある。
シリコンなので、手にしっくりと馴染む。

だが、端子まで蓋付でカバーしているため、
充電の度に、スマホから取り外す面倒があった。

ハードケースは、端子の所は、カバーしていない。
しかし、端子は防水仕様なので、そのままでも
特に問題はない。

ケースに貼る滑り止めシールのようなものが
あればいいのだが。
そこで、アマゾンで検索したら、見つかった。

ベタつかない滑り止めクッションシート
グリフォン・ナロウ 細型グリップシール(ブラック)
650円

ケースの横面に貼る形。
届いたシールを、さっそく貼ってみた。
これは、素晴らしい。

探せばあるものだ。
もっと早く、気づけばよかったと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

両替手数料とは如何

「えっ、両替するのに手数料が掛かるのですか。」

思わず、確認してしまった。
先日伺った、三菱UFJ銀行での出来事。

「今年4/2(月)から、変更となりました。」

預金してあった中から、20枚の新券を手に入れたい
と思ったのだ。

「1日に、10枚までなら無料です。
10枚を超える場合は、手数料が540円となります。」

ならば、10枚ずつ両替するしかない。
口座を持っていない方の場合は、1枚から540円
との事。

さらに質問すると、3月末までは、50枚までは
誰でも無料だった。

という事は、50枚を超えると、これまでも有料の世界。
知らなかった。
バーを下げたという事らしい。

他の銀行は、どういう状況だろうか。
ふと疑問に思ったので、帰宅した後、ネットで他行を
数行調べてみた。

基準は、いろいろだった。
しかし、基本的には有料。

確かに手数は掛かるかもしれないが、ここまで
来たかと言うのが、正直な感想。

もっと、効果の上る場面で、有料化を検討して
頂ければと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

CubePDF Utility大活躍

最近、請求書送付を、デジタルデータで受けてくれる
研修会社が増えて来て、とても助かっている。

主にお世話になっている数社は、全て対応済み。
事務作業の軽減に、大いに役立っている。

まず、請求書をエクセルで作成。
その後、デジタル印を押印。
そして、PDFファイル形式で保存。

次に、特急券等の領収書を、スキャナでスキャン。
同じく、PDFファイルで形式で保存。

最後に、2つのPDFファイルを、1つにまとめる。
その時役立つのが、CubePDF Utility。
これは、無料のフリーソフト。

しかし、機能は優れている。
1つのファイルの中でページの順序を変更したり、
2つのファイルを1つにしたり、逆も可能。

パスワードを付けて、セキュリティを確保する
事も出来る。

フリーソフトは、Windows 3.1の時代から
いろいろと活用させて頂いている。

動きが軽いし、容量も小さい。
その上、余計な機能が付いていない。
まさに、痒い所に手が届く機能に特化している。

これからも、フリーソフトを、効果効率的に
使わせて頂きたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

孫のために横浜行脚

Dsc_0036
今週(月)は、炎天下の下、横浜を歩きに歩いた。
全ては、孫の優真のために。

横浜前泊出張の機会を捉え、ホテルにチェックイン
するまでの時間を捉え、調べてあった箇所を
回った。

横浜駅で下車して、まず向かったのは
原鉄道模型博物館。
優真が、鉄道が大好きだから。

リアルの電車もいいが、模型も一見の価値がある。

訪れて、驚いた。
圧巻のジオラマ。

手づくりの鉄道模型が、うなり声を発しながら
走っている。

中には、架線から、本物さながらに電力供給を
受けて走っている車両も。

その上、鉄のレールの上を、鉄の車輪を付けた
列車が走ると、もう本物と同じ音が!
正面にカメラを付けた列車を、運転する事も出来る。
まさに、鉄道模型の聖地と言ってもいいだろう。

次に向かったのが、横浜アンパンマンミュージアム。

アンパンマンには余り興味を抱いていないと
聞いていたが、興味があったので、伺ってみた。

何と、本物の「ジャムおじさんのパン工場」を発見!
アンパンマンを始め、キャラクターのパンが棚に。
平日にも係わらず、飛ぶように売れていた。

その後、ホテルにチェックイン。
さっそく、鉄道模型列車の動画を、2つだけ送った。
残りは、今度会った時用に、取って置きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

クロノグラフがお気に入り

5f000242999subd2
以前から欲しかった、クロノグラフを
遂に手に入れた。

それも、ソーラー電波時計。
カシオの「ウェーブセプター」。
型番は、WVQ-M410B-1A2JF。

クロノグラフは、本来、ストップウォッチ機能を
備えた時計を指す。

そして、長針短針秒針だけではなく、時間を
計るための小さい針が、いくつも付いている。
これが、かなり格好いい。

今は、さらに多機能になっている。
・世界6局電波受信
・日付・時刻を自動修正
・カレンダー、アラーム、タイマー、ワールドタイム
・10気圧防水

姿は、頑丈なブラックIP加工がされた黒。
その上、樹脂ベルトで、着け心地がいい。
でも、汗には弱そうなので、メンテナンスが大事。

実は、同型機で、長針短針しか付いていない
液晶パネルが上下2つある時計を持っている。
見易さや取扱い易さは、こちらの方が上。

しかし、格好よさは、クロノグラフには及ばない。

これからの夏、クロノグラフで腕先を決めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

西野監督の覚悟

先日行われたワールドカップサッカーの
予選リーグ最終戦。
西野監督の判断が、様々な波紋を読んでいる。

今回から導入されたフェアプレイポイントによる
かろうじての決勝トーナメント進出。

この勝ちを得るために、最終のポーランド戦では、
0-1で敗退する事を選んだ。

この判断、意思決定論から見ると、まさに
戦略的意思決定に属する。

戦略とは、捨てる事。
それも、切り捨てるのではなく、
涙を呑んで、捨てる。

何かを取るために、全てを理解した上で、
それ以外のものを捨てる。
まさに、覚悟が必要。

西野監督は、決勝トーナメントに進む道を取った。
今回導入されたルールを活かし、敢えて
ポーランドに負ける道を選んだのだ。

これは、凄い決断力の証。
普通だと、なぜ戦わないというスタンドの声を
恐れ、とにかく1点取るために、奔走したはず。

監督の意思を組んで、行動した長谷部主将も凄い。
全てを受け止めて、指示を出し、チームを率いた。

いろいろ言われているが、この決定が評価
されるか否かは、決勝トーナメント第1線ベルギー戦
に掛かっている。

しかし、監督・選手達には、これまでと同様、冷静に
戦って欲しい。
それが、本当のプロだ。

今夜、 27:00が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

オペラの暗譜が大変

年2回あるイタリアオペラの発表会。

今年の1回目が、近づいて来た。
もう3週間後。

先々週から、暗譜によるレッスンが始まった。
これが、なかなかうまく行かない。

2曲歌う中で、どこかで歌詞を間違える。
両曲ともトスティの曲なのだが、なかなかやっかい。
テンポが早く、言葉を見失ってしまう。

これは、何とかしなければ。

これまでは、楽譜で覚えたり、
歌詞だけを印刷して覚えていた。
しかし、今回は、これらでは限界を感じている。

もっと、いい方法はないか。
いつも、肌身離さず持ち歩け、左脳と右脳に刺激を
与えられる方法。

そうだ、楽譜と歌詞の両方を持ち歩けばいい。

楽譜には、先生から指摘された事が全て書いてある。
強弱や歌い方、曲想のとらえ方まで。
A4見開きを縮小コピーして、A4の大きさに。

歌詞は、イタリア語と日本語を対訳にしたものを作った。
やはり、縮小コピーして、A4の大きさに。
各フレーズの頭の部分をマークして、頭に叩き込む。

歌詞を追い過ぎると、音が疎かになる。
かと言って、曲に流されると、歌詞を忘れる。
いつの間にか、2番に移ってしまったり。

プロでも、悩みの種との事。
今回は、無意識でも口から出るようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »