« プロポリススプレーの効果は | トップページ | 17回目のイタリアオペラ発表会終了 »

2018年12月 6日 (木)

「期待」の難しさ

最近、期待する事の難しさを、痛切に
感じている。

期待が大き過ぎると、相手に無言の
プレッシャーを掛けてしまう事になり
かねない。

研修時に、これが発動すると、こちらの
ペースで語り続ける事になり、納得を
得る事が難しくなる。

かと言って、遠慮していたのでは、熱意が
伝わらない。

このさじ加減が、難しい。

特に、初めての会社の研修時には、
注意を要する。

先方での事前ヒアリングで、この程度の
レベルだろうと思い作ったプログラムが
受講者にとってハイレベルな事がある。

研修は、どうしてもテキストに沿って進める
事になるため、このレベルまでは引き上げたい
という思いが優先する。

しかし、ここで、適宜アレンジを加えていく
事が大事。

そのため、最近は、どうかと思う場合は、
テキスト巻末に、参考資料として咀嚼した
内容を乗せる工夫もしている。

先日も、この参考資料に助けられた。

しかし、本来は、テキストに縛られる
ことなく、自在に話しを展開していく事が
大事なのかも知れない。

まだまだ、道は遠いと感じている。

|

« プロポリススプレーの効果は | トップページ | 17回目のイタリアオペラ発表会終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「期待」の難しさ:

« プロポリススプレーの効果は | トップページ | 17回目のイタリアオペラ発表会終了 »