« 受け流しの極意 | トップページ | 着眼大局、着手小局の勧め »

2019年7月22日 (月)

専任職と専門職

現在、いろいろな組織にお伺いして、研修の
お打ち合わせをさせて頂いている。

評価者研修等では、上司・部下の関係を確認する
ため、人事制度の理解は、必須となる。

ある会社で、専任職と専門職という職種があった。
先方の説明をお伺いし、以下のように理解した。

専任職は、スーパープレイヤーを目指す職種。
専門職は、スペシャリストを目指す職種。

共に、その道のプロフェッショナルを目指す点では
同じだが、違いもある。

専任職は、プレイヤーなので、管理職にはなれない。
専門職は、管理職になれるが、部下を持たない。

専任職は、個人の立場で、技を磨き続ける「匠」の世界。
専門職は、組織の領域で、智恵を授ける「師匠」の世界。

高度な知識や技能・技術を持っている点は同じ。
しかし、周りに及ぼす影響度が違って来る。

内に向かう個人志向か、外に向かう組織志向か。

しかし、よく考えると、両者ともハイレベルになると
周りに与える感化力は、同じとも考えられる。
そこに行く着くまでの道のりが、違うだけ。

極めた方々は、その人徳がものを言う。
そこに居るだけで、影響を受ける。

ちなみに、総合職は、ゼネラリストを目指す職種。

人徳を身に付ける面から考えると、返って
総合職の方が、難しいかも知れない。
広く浅くになってしなう可能性もあるからだ。

要は、本人がどの程度、目の前の仕事に真摯に
取り組むかに係わっているのかも。

職種を超えた所に、本物の世界が横たわっている。

|

« 受け流しの極意 | トップページ | 着眼大局、着手小局の勧め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 受け流しの極意 | トップページ | 着眼大局、着手小局の勧め »