« 着眼大局、着手小局の勧め | トップページ | 部下のサーバントとなれ »

2019年8月 3日 (土)

ワールドカフェに思う

ワールドカフェという研修手法がある。

まず、いくつかのグループでホスト役を決める。
ホスト役以外の方は、旅人と称される。

その上で、あるテーマについて話し合い、アイデアを
テーブルに置いた模造紙に各人が自由に書いていく。
文字でも絵でも、何でもいい。

その後、旅人が他のテーブルへ移り、同じテーマで話し合う。
元のグループで話し合った内容が、グループ数だけ披露され、
さらにアイデアが広がって行く。

最後に、旅人が元のグループに戻り、旅先で得たアイデアを
披露する事により、さらにアイデアが練られていく。

実に、興味深い研修手法。
「ワールド」=世界を股に掛け、「カフェ」=気軽に話し合う。

研修が盛り上がり、会場の一体感が形成され、
最初に思いも付かなかったアイデアが出て来る。

見方を変えると、これは閉鎖空間に新風を吹き込む手法。
企業活動では、付加価値を創出するために応用出来る。
・社員を海外に派遣する。
・外国籍の方々を迎え入れる。

キーになるのが、ホスト役の存在。

これらの方々を、うまくファシリテート出来ないと、
無駄な経費と時間の浪費が生じる。
語学力と巧みな話術が求められる。

これからのダイバーシティ(多様性)の時代、このような
キーパーソンをどれだけ育成出来るかが問われている。

組織を率いるリーダーと共に、
衆知を結集するファシリテーターが求められている。

|

« 着眼大局、着手小局の勧め | トップページ | 部下のサーバントとなれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 着眼大局、着手小局の勧め | トップページ | 部下のサーバントとなれ »