« 「記録」の大事さを痛感 | トップページ | 企業経営の本質とは »

2019年10月24日 (木)

折りたたみ式防災ヘルメットを入手

防災第三弾として、折りたたみ式防災ヘルメットを
妻の分も含め、2個購入した。

第一弾がソーラーライト、第二弾が急速充電器。
第三弾は、直接我が身を守るグッズ。

買ったのは、ミドリ安全の「TSC-10 Flatmet ホワイト」。
国家検定合格品であり、飛来/落下物用となっている。

重さが430gと軽い。
そして、折りたたむと、約3cmの薄さとなる。
約A4大の箱に収まるため、デスクの引き出しに収納可能。
これは、マンションの限られた空間では、とても助かる。

届いてすぐに箱から取り出し、組み立て方法を確認。
ほぼワンタッチで、素早くセットする事が出来る。
イメージとしては、侍の兜から角を取った感じ。

頭に密着するように、ヘッドバンドを調整。
あご紐を締めると、しっかりとホールドする。
これは、具合がいい。

防災に関しては、これまで室内で過ごす事を
前提とし、水や食料、電気や燃料(ガス)の確保を
心掛けて来た。

今回の防災ヘルメットは、室外に退避する際に
有効な装備となる。
まずは、何といっても頭を守る必要がある。

説明書を読むと、定期的に点検するようにと
注意書きがしてあった。
合成樹脂製なので、自然劣化が生じる。

確かに、いざと言う時に役に立たなければ意味がない。
毎年、9/1の防災の日に、備品類を一斉に点検する事に
している。

防災ヘルメットもこの中に入れ、きちんと管理
するようにしたい。

今後も、いろいろな状況を想定し、防災グッズを
考えながら整えて行きたい。

|

« 「記録」の大事さを痛感 | トップページ | 企業経営の本質とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「記録」の大事さを痛感 | トップページ | 企業経営の本質とは »