« 1万回の祈り | トップページ | 今後求められるリーダーの資質 »

2019年11月30日 (土)

年齢に込められた意味を知る

私の尊敬している故伊與田覺先生。
101年の生涯を、古典に学び続けられた方。

たくさんの著作を読ませて頂いた。
中でも、「「人に長たる者」の人間学」が秀逸。

その中に、中国古典「礼記」の一篇である
「曲礼(きょくらい)」の一節が紹介されている。
以下が、その内容。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人生まれて10年を「幼」と言う:学ぶ
教えを受ける年齢。

20を「弱」と言う:冠す
冠をつける年齢。これが「弱冠」の由来。

30を「壮」。40を「強」。
50を「艾」(がい)。60を「耆」(き)。
70を「老」。80、90を、「耋」(てつ)と言う。

30代はエネルギーが旺盛。
40代になると、それがさらに強くなる。

50代は「艾」(がい)。
艾というのは、頭に白いものが混じって
来るという意味。

刈り取る意味もあり、無駄なものを
取り去り、省いていく年代とも言える。

60代は「耆」(き)。
「老」の上の字に、「旨」で「き」と言う。

人生のあらゆる体験を通して、人間の風味が
出て来る年代。
まさに、人生の黄金期。

70代は「老」。
「老い」という意味もあるが、「練れる」「熟する」
という意味もある。
「耆」がさらに練られ、熟していく年代。

80、90代は「耋」(てつ)。
「老」つまり「練」が、さらに至る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このような人生を、ぜひ歩みたいものだ。

|

« 1万回の祈り | トップページ | 今後求められるリーダーの資質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1万回の祈り | トップページ | 今後求められるリーダーの資質 »