« 今後求められるリーダーの資質 | トップページ | 知識よりも行動 »

2019年12月 4日 (水)

19回目のイタリアオペラ発表会終了

12/1(日)に、19回目のイタリアオペラ発表会を
無事に終える事が出来た。

今回は、会場がいつもの吉祥寺美術館音楽室から
西国分寺いずみホールBホールへと移った。

音響効果に若干懸念があったが、実際には
杞憂に終わり、程よく響いてくれた。

歌った2曲は、今回もトスティの作品。
Verrei(そうなってほしい)
Non t'amo piu(君なんかもう)

2曲目のNon t'amo piuは、実は今年7月の
発表会でも歌った歌。
極めたく、再度歌わせて頂いた。

結果は、2曲とも、まずまずの出来だったのでは
ないかと思っている。

狙いとした、高い位置での発声と、旋律を活かした
音楽的な美しさの表現が、少しは出来たかなと。

12月の発表会は、実は、クリスマス会を兼ねている。
毎年、私が最後にサンタに扮して、歌やピアノを
披露した子供たちに、プレゼントを渡している。

今回は、会場の席を半円状に配置した事も幸いし
最初から、アットホームな雰囲気だった。

その中へ、サンタ登場。
ピアノのクリスマスメロディーに合わせダンスした後
前に歩み出た子供たちとハイタッチして、プレゼントを。

勢いよくタッチする子も居れば、恥ずかしそうに
プレゼントを受け取る子も。
皆、頑張ったご褒美。

このサンタイベント、いらしてた奥様方にも
お受けしたようで、帰りに何人もの方に、
楽しかったと声を掛けて頂いた。

この12月で、イタリアオペラを始めて、丸10年となった。
今後も、引き続き、芸術の世界に身を浸して行きたい。

|

« 今後求められるリーダーの資質 | トップページ | 知識よりも行動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今後求められるリーダーの資質 | トップページ | 知識よりも行動 »