« フェイタスで乗り切る | トップページ | 知識を得る危うさ »

2020年2月23日 (日)

覚めたる人を神という

伊與田覺氏の著作である「己を修め人を治める道」の
中で、素晴らしい言葉と出会った。

それが、
「覚めたる人を神という、眠れる神を人という」。

:覚めた人の事を神という。神であっても
 眠っている神を人という。

これは、神人一如を表している。
何とも、有難い言葉ではないか。

著された方は、岡潔氏。
戦後間もなく文化勲章をもらった方で、数学の大家。

岡氏曰く、我々人間には、良心が眠っている。
それが目覚めた時には、即神であると。

人心は天心、天心は人心であるという事。
人の心は、まさに天に通じている。

この人心が、惑わされる事なく発現された時、
つまり、良知に従い行動する事が出来た時、
我々は、人としての健全な道を歩む事が出来る。

問題は、この良知を得る事が出来るかどうか。
自分の嘘偽りのない心を持つ事は、言うは易し
行うは難しである。

良知を私なりに言い換えると、
「自分のぶれない価値基軸」、略して自分軸。

最後は、この自分軸が究極の判断基準となる。
迷った際に立ち戻る基点。
自分軸がぶれなければ、その表現形は何でもいい。

しかし、自分軸が不健全だと、行為は邪悪なものとなる。

陽明学では、これを「到良知」と言っている。
真の自分を見出す事は、天に通じる。

この努力は、一生掛けて行う価値がある。

|

« フェイタスで乗り切る | トップページ | 知識を得る危うさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェイタスで乗り切る | トップページ | 知識を得る危うさ »