« 孫は私の恐竜先生 | トップページ | フロントミッションに学ぶ »

2020年4月20日 (月)

孫用の虫めがねを作成

Photo_20200420124501
孫の優真(4歳)の外に出れないストレスが、
徐々に溜まって来たとの事。

(月)だけは、次女が出勤するため、保育園で
過ごすが、それ以外の日は自宅に居る。

先週から定期的に伺い、優真の相手をしている。
その時は、室内で跳ねたり飛んだりして体を
動かして居るが、やはり限界がある模様。

そこで今週は、近くの公園に短時間だけ
遊びに行く事を相談して居る。

何が一番喜ぶか次女に聞いたところ、
虫の観察との事。

それならばと言う事で、孫用の虫めがねを
作成した。

かつて奄美でダイビングを楽しんでいた時
持参していた、大きめの虫めがねの予備が
2つ残って居た。

これらは、とても軽くで見やすい。
そこで、優真が扱い易いように、加工した。

1つには、スマホストラップを取り付けた。
もう1つには、首掛け式リール付ストラップを
取り付けた。

まずは、右手でスマホストラップ付で見る。
倍率を上げたい場合は、左手でリール付
ストラップの方も合わせ、ダブルで見る。
これで、2倍×2倍=4倍の大きさで見る事が出来る。

奄美でも、2つの虫めがねを使い分けて
海洋生物を観察し、結構使い勝手がよかった。

首掛けストラップは、長過ぎるようであれば、
結んで調整する事も出来る。

黙々と観察する姿が、目に浮かぶようだ。

|

« 孫は私の恐竜先生 | トップページ | フロントミッションに学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫は私の恐竜先生 | トップページ | フロントミッションに学ぶ »