« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月30日 (火)

ペットボトルホルダーが便利

Dsc_0010
蒸し暑い日が、続いている。

コロナ感染が続いている中、マスクを
しての外出は、本当に息苦しい。

熱中症の予防が、より求められる。
特に歩く距離が長くなる場合は、
頻繁な水分補給が欠かせない。

その面で、「ペットボトルホルダー」が、
役に立っている。

現在、私用で外出する時は、手ぶらに
なりたいため、デイバックを担いでいる。

今までは、ペットボトル等を、デイバックに
入れて持ち歩いていた。

この場合は、飲みたくなったら肩からバッグを外し、
チャックを開けてという動作になる
この一連の動きを、省略したい。

そう思っていた時に、100円ショップで、
「ペットボトルホルダー」なるものを見つけた。

500mlのペットボトルの首に、二股になった
ホルダーを挟み込み、一方の金具でベルト通しに
装着する。

飲む時は、途中のバックルを外し、
ペットボトルを手にする事が出来る。

ただし、体の外に吊すので、温かくなってしまう。
また、500ml専用なので、他のペットボトルは不可。
それに、ホルダーを取り付ける時に、力が必要。

問題点は、いろいろ感じる。
しかし、動作を少なくする面では、効果がある。

場面に応じて、機能を使い分けて行きたい。

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

マグネット充電スタンドが便利

Photo_20200629060001
スマホを充電する時、microUSBにケーブルを
抜き差しする事が煩わしい。

特に疲れて帰宅した時は、上下の別もあり、
すぐに差せない事もある。

何とか改善出来ないものか。

すると、私の気持ちを見透かしたかのように、
メールで、ある商品が紹介されて来た。
それが、「マグネット充電スタンド」。

付属のマグネット端子をスマホに取り付け、
スタンドに置くだけで充電が出来る。

少々手荒に置いても、スタンド側の端子が
動いて接着してくれる構造になっている。

これは便利そう。しかし、一旦、保留。
次に購入するスマホとして、充電器に置くだけで
充電出来るQi(チー)規格の機種を考えていたから。

だが、新機種をいつ購入するかは未定。
その後、より煩わしさを感じるようになってしまった。
そこで、思い切って、この充電スタンドを購入。

・microUSBと共に、USBタイプCにも対応(各端子が付属)
・2Aの高出力対応
・充電状況が一目で分かるLEDインジケーター搭載
※ Blue/スタンバイ、Red/充電中、Green/充電完了

・105g
・W82mm×D85mm×H92mm
・microUSB端子 W8mm×D7.8mm
・タイプC端子 W8.2mm×D8.8mm
・入力 DC5V、出力 DC5V/2A(最大)

お陰で、今は、とても便利に使っている。
本当に、いろいろな商品があるものだ。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

ジムロッカーを使い易く

Photo_20200628054001
年中無休24時間営業のジムであるエニタイムに
入会して、6日が経過した。

その間、中1日を除いて、5日通った。
とても使い勝手がよく、すっかりお気に入りに。

入会と同時に、ロッカーも借りた。
このロッカーを、有効に活用したい。

寸法を計ると、奥行37cm×横25cm×高さ21cm。
狭いが、何とか工夫したい。

ラックを置いたら、どうだろうか。
さっそく、100円ショップを3店を回った。

すると、手頃な「積み重整理棚」を見付けた。
縦32cm×横20cm×高さ16.5cm
縦・横・高さに、約5cmずつ余裕が出来る。

ここからが、頭の使い所。
どこに、何を置くか。

出来れば、必要なものを全て収納して、
外出先からの帰りに、手ぶらで寄れるようにしたい。

まず、シューズ、ウエア類やフェイスマスク等。
次に、クエン酸コンクと空きペットボトル。
出来れば、プロテインとスクイズボトルも。

試行錯誤を繰り返して、全て納めた。
プラスして、タオルと櫛やジェルも。

これで、準備は万端整った。
後は、これらを活かし、トレーニングに励むのみ。

まずは、エニタイムを、通常の生活パターンに
自然と組み込まれるように、努力を重ねたい。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

オンラインで照明を

Photo_20200627200501
パソコンを使って、ネット上で打ち合わせをする機会が
さらに増えて来た。

その際、再び気になり出したのが、顔の暗さ。
印象をよくするには、顔全体をもっと明るく照らす
照明が必要。

NHKで、リフレクター(反射板)を段ボールで作り、
パソコンの背面にセットする方法を紹介していた。

これはいい方法だと思ったが、作るのが面倒。
そこで、ネットでパソコンのサプライ店を検索。

すると、いい製品を見つけた。
それが、「USB充電式LEDハンディライト」。

・最大293ルーメン/m、連続点灯時間10時間
・調光3段階(2パターンの点滅機能付き)
・拡散パネル使用(全体を均一に照射)
・176g
・W216×D32.2×H40.6mm

緊急時に、USBポート経由でスマホに充電出来る。
また、背面のマグネットで、スチール棚等に張り付け可能。
おまけに、ストラップホールや三脚用ネジ穴も付いている。

さっそく、左右用に2台購入した。

さらに、簡易三脚を買い、土台とした。
すると、いい感じで、顔全体を映し出してくれる。

既に何回か使ったが、極めて良好。

充電用に、別途「ACコンセント付きUSB充電器
(USB2ポート)」も購入した。

少しずつだか、改善を重ねている。
これからも、いろいろと検討して行きたい。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

大きなだんご虫を発見!

「これは、大きい!」

次女のマンションの庭で、虫を探していた時の出来事。

孫の優真がピンセットで掻いた枯れ葉の中から、
大きなだんご虫が出て来た。

「生物調査隊長、これは凄いです。」
「本当に、大きいね!」

少し前から、4歳の孫を、生物調査隊長と呼んでいる。
嬉気とした眼で、だんご虫を見詰めている。

「これは、これまでで、一番大きいと思います。」
「うん、嬉しい!」

虫かごには、既にたくさんのだんご虫が入っていた。
そのどれよりも大きい。

ここは、大きさの単位を教える絶好のチャンスかも。

「隊長、長さを計りましょう。」
「どうやって?」
「手帳に物差しが印刷してあるので、これで計ります。」

孫の視線を感じながら、だんご虫の体長を計った。

「1.8センチですね。覚えておいて下さい。」
「1.8センチ、1.8センチ・・・、1.8センチね!」

後日、15cm長の、見易い「デカ文字定規」を購入し、
プレゼントした。

今後は、網・虫かご・ピンセットに加え、
定規も持ち運ぶ事になるだろう。

虫に夢中で、本当に興味の尽きる事がない。
どんどん進んで行く予感がする。

「好きこそ、ものの上手なれ。」

そんな優真を、しっかりとサポートして行きたい。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

MBTI資格を返上

この度、6/30付で、日本MBTI協会の
MBTI認定ユーザー資格を返上する事にした。

独立した翌年の、2006年10月に取得。
これまでの約14年間、研修の場で、
大いに活用させて頂いた。

MBTIとは、マイヤーズ・ブリックス
タイプインジケータの略。

マイヤーズさんとブリックスさんという
母娘が開発した、性格タイプ検査。
ユング心理学をベースとしている。

世界では、かなり普及している。
しかし、日本では、あまり目立った存在ではない。

私の場合、マネジメント研修やキャリア研修で、
受講者の方々に「自分を知る」一助にして頂いていた。

でも、最も役立ったのは、まさに自分自身の分析。
独立前、独立直後、独立数年後に受けた結果の経緯を
辿る事により、自分の性格の理解が、かなり進んだ。

また、自己理解だけではなく、受講者やクライエント等
の他者理解にも、とても役立った。

他にも、価値観や行動スタイルの検査シートを保有
しているが、MBTIの深さには、一日の長がある。

2014年に返上した、中小企業診断士、社会保険労務士、
ITコーディネータに続き、大物資格の返上。

しかし、これらを、単に返上した訳ではない。
新たな世界に旅立つには、一旦、衣を脱ぐ必要がある。

「上善は水の若(ごと)し」

どんな世界が待っているかは、分からない。
でも、思うがままに、進んでみようと思っている。

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

遂に「エニタイム」に入会!

5月末に、15年間お世話になった広尾倶楽部を卒業した。

別途、六本木で受けていたパーソナルトレーニングも
先週(土)で、一旦契約を終了。
全ては、3月以来のコロナによる生活パターン変化のため。

この間、体を動かすため、自宅トレーニングに励んて来た。
しかし、やはり限界が。
1番の問題点は、集中出来ない事。

メールが来ていないか、あれはどうだったか等。
挙句の果てには、早めに切り上げようと。
やはり、トレーニングには「場」が必要だと痛感した。

そこで、以前から数回見学をさせて頂いていた
「エニタイムフィットネスさいたま新都心店」に
今日、入会手続きを済ませて来た。

自宅から、徒歩8分の距離。
駅へ向かう途中にあるので、これまた便利。
24時間営業で、年中無休もいい。
自分とジムの空いている時間を、自由に選べる。

マシンジム特化型のジム。
スタジオもプールもないが、私にとっては充分。

ロッカーも、合わせて借りた。
シューズやウェアのストック等を、さっそくセット。
これで、仕事帰りにも、手ぶらで寄る事が出来る。

今日から利用出来たので、一通りマシンを使ってみた。
慣れたメーカーの製品ばかりだったので、問題なし。
ストレッチエリアも、確保されていた。

さすが、アメリカ発祥のジム。
コンパクトだが、とても効率的に設計されている。
水回り等、各種設備の使い勝手が、いい感じ。

仕事の回復までは、まだ時間が掛かる見込み。
その間、エニタイムで、筋力増進と気分転換を
図り、これからに備えて行きたいと思う。

新たな生活が、始まった。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

メガネ21のアフターフォローが最高!

「あれ、焦点が合わない。」

夕方、めがねを掛けてパソコンを見ようと
したら、画面がぼけて字がよく読めない。

これまでは、このような事はなかったのに。

めがねを外して、レンズを拭こうとして気づいた。
左のパッド(鼻あて)が取れてしまっていたのだ。

最近、レンズを磨く時に、時々外れる事があった。
その時は、すぐに付け直していた。
しかし、今回はどこへいったか分からず。

こうなっては、めがね屋さんへ行くしかない。

私がいつもお伺いしているお店は、「メガネ21」。
かつて、カンブリア宮殿に前社長が出演されて
いた時に、その存在を知った。
経営の趣旨に賛同し、以来お世話になっている。

「どうされましたか。」
「左のパッドが取れた上、失ってしまいました。」

その日は、技術の方が1人しかいなかった。
お客様が先に1名いらしたが、用件を聞くと
めがねを持って、すぐに奥の部屋へ。

「これで、如何ですか。」

ものの数分で、出て来られた。

「サイズを合わせた上、シリコンのパッドに
 取り替えておきました。」

掛けると、とても調子がいい。
はっきりと、視認出来る。

「おいくらでしょうか。」
「サービスで結構です。」

テンプル(つる)の調整をして頂いた時も、
サービスだった。
アフターフォローが徹底している。
本当に、有難いと思った。

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

ご褒美はアンキロサウス

61avac6dvfl_ac_sl1100_ 4歳になる孫の優真が、自分の名前を、
ひらがなで書けるように頑張っている。

今朝アップされた動画を見たら、何とか書けていた。
手本を見ずに出来たので、まず合格か。

名前が書けるようになったら、欲しいものを
プレゼントする約束をしていた。
それが、アンキロサウルスのフィギュア。

タカラトミーの、アニマルアドベンチャー
(略して「アニア」)のひとつだ。

子供の手のひらサイズで、遊ぶにはちょうどいい。
アンキロサウルスの場合は、首としっぽが
動くように出来ている。

優真は、アニアの恐竜を、既にいくつか持っている。
その内のトリケラトプスを、アンキロサウルスと
戦わせたいとの事。

きっと、YouTubeの動画で、そのシーンを見たのだろう。

ちょうど明日、優真のサポートのために、
次女宅へ伺う事になっている。

タイミングがいいので、アンキロサウルスを
持参する事としたい。
どんな顔をするか、今から楽しみだ。

「次は、○○をお願いね。」と言われそうな予感がする。
その時に備え、次のハードルを用意して置きたいと思う。

何にするかは、次女と事前に協議しておく事としよう。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

外付けWebカメラで好印象

513x9rpqhl_ac_sl1000_
最近、オンラインでの打ち合わせを、頻繁に行っている。
今後の、研修の打ち合わせや、関係者間のミーティング等。

これまでは、パソコン内蔵のWebカメラを使っていた。
しかし、どうも顔が暗く映る。

仕様書を見ると、有効画素数92万画素とあった。
モバイルパソコンの方は、計算すると200万画素。
カメラ機能は、モバイルの方が上。(しかしスピーカーが貧弱)

オンライン研修等の場合、パソコンの画面を通してしか、
コミュニケーションが出来ない。
画面の映りが悪いと、印象も悪くなる。

そのため、今回、外付けのWebカメラ「eMeet C980pro」を購入した。
・1920x1080p(60fps) CMOS 200万画素
 フルHDカメラ 広角80度 光量の自動調整機能付き
・無指向性マイク4個(ノイズキャンセリング仕様)
・スピーカー2個
※ 5個アンチグレアレンズ(AG)
※ マニュアルフォーカス、0.8-5m
※ USB接続
※ レンズ目隠し用カバー、収納用ポーチ付き
※ 84mm(高さ)×101mm(幅)×38mm(奥行き)

カメラ・マイク・スピーカー一体が、一番の特長。
両方のパソコンの、至らない機能をカバーしてくれる。

台座部分が折りたため、コンパクトに収納出来るので、
持ち運びに便利。
また、底面に、3脚が付けられる点もいい。

もう何回か使ったが、相手からの評価も上々。

これからも、オンライン研修等に備え、さらに備品を
充実させて行きたい。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

宇宙物理学がおもしろい

アマゾンの電子ブック書店である「キンドルアンリミテッド」。

4/18(土)に契約したが、キャンペーン期間期限の6/17(水)が
近づいている。
この間、いろいろなジャンルの本を読んだ。

その中で、一番興味深かった本が、
「世界の仕組みを物理学で知る」。

著者は、松原 隆彦博士(理学)。
高エネルギー加速器研究機構、素粒子原子核研究所教授

ニュートン力学から始まって、アインシュタインの
一般相対性理論、果ては量子論まで。

分かったようで、実は、さっぱり理解出来なかった。
まさに、「分からない」と言う事を、再確認した感じ。

どうやって宇宙は生まれたのか。
宇宙はひとつなのか。
ホワイトホールはあるのか。
パラレルワールドは存在するのか。
次元の狭間とは。
時空を越えるワープは出来るのか。

原子というミクロな世界で、本当は何が起こっているのか。
世の中の全て現象を説明する唯一の法則は、存在するのか。

改めて、疑問符だらけ。

さらに分からないのが、「生きる」という現象。
炭素、水素、酸素、窒素の塊である人間(有機物)が、
なぜ個性を持つのか。

これらは、人智を超え、神の領域なのかも知れない。
この上は、「知る」より「活かす」方に軸足を置きたい。

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

オペラレッスン500回へ

イタリアオペラのレッスンが、6/6(土)で
498回目を迎えた。

2010年1月から始め、10年6ヶ月。
途中で、私の入院や今回のコロナ自粛等で中断した
時期を除いたら、ほぼ毎週通った事になる。

100回を越えたレッスンから、10回進む度に
ケーキを持参させて頂き、レッスンの励みと
させて頂いている。

自分のモチベーション維持が、主な目的。
合わせて、先生へのお礼も兼ねて。

しかし、今回は、500回を待たず、498回目に
ケーキを持参した。
実は、6/6は、先生の誕生日。

コロナで2回通う事を自粛しなければ、6/6が、
まさに500回目の記念日と重なっていた。

これまで、先生といろいろな記念日を設けて、
お祝いをして来たが、先生の誕生日と重なった
事はない。

その意味では、今回は絶好のタイミング。

コロナに負けない意味も込めて、あえて500回の
お祝いを、前倒して、498回目に行う事とした。
もちろん、別途、お誕生日のプレゼントも添えて。

厳しかったオンラインのレッスンから、
再びリアルのレッスンへ。

こうして、ケーキを共に頂きながら歌えるのは、
リアルならでは。

このまま、コロナが終息する事を、祈るのみである。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

パーソナルトレーニング最高!

昨日、2か月半ぶりに、パーソナルトレーニングの
ため、六本木へ向かった。

この2か月半は、自宅でトレーニング。
しかし、自分で追い込むには、やはり限界が。
特に、長期間になると、手を緩めてしまう。

「自宅でいろいろやってみたけれど、体が
 すっかり萎えてしまったよ。」
「私も、自宅では、とてもやる気がしません。」

トレーナーのKさんでも、そうなのか。

最初、腹筋ローラーをやり過ぎて、腰を痛めてしまった。
その後、やむを得ず、ボールに切り替え。
しかし、逆にそのまま負荷を掛けない状態に。
加減が難しい。

これは、まさに私の実感。
自分を客観的に捉え自律する事が、如何に難しいか。

この日のトレーニングは、私の状態を確認しつつ、
堅実に行ってくれた。

ウエイトは控えめにしつつ、その代わり、自重を
効果的に使い、背、脚、胸、腹の大筋群を追い込んで行く。

プッシュアップバーや腹筋ローラーも、敢えて使った。
その際、自宅で使う場合の留意点を、改めて教えて頂いた。

これまで、何でもなかったメニューに、もうクタクタ。
こんなにもすぐ、衰えてしまうものか。

しかし、不思議な事に、腰痛はほぼ解消してしまった。
正しい姿勢での、トレーニング効果か。

広尾倶楽部は、諸般の事情で、やむ得ず卒業した。
でも、パーソナルトレーニングは、今後も
続けて行きたいと、強く思った。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

「人間の格」に思う

致知出版社の推薦図書である「人間の格」を、
数日前から熟読している。

今年の3月以来、外出自粛が続いて来た。
この余裕時間の中で、これまで行いたくでも
出来なかった事を、優先して実施。
書棚の整理、パソコン環境の整備、自主トレ等。

しかし、3ヶ月も経つと、ひと通りやり終えて
しまった感じ。
最近は、マンネリの世界に陥りつつある。

本も、書棚の整理を行った際、主なものは、
速読で目を通した。

その中での、新たな図書である「人間の格」の熟読。
著者は、芳村思風(よしむらしふう)氏。
感性論哲学の創始者。

感性の重要性について、分かりやすく語られている。
自分の個性に気づき、如何にそれを極めて行くか。
そのエネルギーの元が、理性ではなく感性。

自分の生き方やあり方を、根本から考える中で、
初めて磨かれる感性や個性。

まだ途中までしか読んでいないが、一行読むごとに
考えされられる事ばかり。

副題が、「本物の人間になる」。

これは、奥の深い本だ。
じっくりと味わい、改めて自分を見詰める
一助としたい。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

ポータブルSSDで安心バックアップ!

Windows10の2020春の大型アップデートが、
間もなく行われようとしている。

2015年7月に登場した、Windows10。
これまで、原則年2回、更新が行われて来た。
その度に、OSが書き換わる。

その間、自分なりに設定をしながら、数多くの
プログラムをインストールして来た。

この状態で、パソコンが不調となり、OSとプログラム
を再インストールするとなると、大変な手間が掛かる。

ここは、そろそろ本格的に手を講じる必要が。
それが、「回復ドライブ」と「システムイメージ」の作成。
最も「個人用ファイル」は、以前から3重に保管して来た。

回復ドライブは、持っていた32GBのSDカードを、
USB接続のカードリーダーを使って作成。
これで、トラブル時でも、OSを立ち上げる事が出来る。

システムイメージは、CドライブにあるOSとプログラム、
個人用ファイルの全てを、丸ごとバックアップするもの。
このためには、私の場合、最低150GBの記憶装置が必要。
そして、NTFS形式でフォーマットされている必要がある。

使っているUSB接続のハードディスクは、十分な容量が
残っているが、ファイル形式がFAT32となっている。
そのため、使えない。

今回、システムイメージ保管用に、新たにサンワサプライで
UASP対応の、USB3.1 Gen2外付けSSDを購入した。

Transcend製ポータブルSSD 480GB ESD230C
TS480GESD230C
・W77×D55.7×H9.6mm、35g。
・スタイリッシュなブラックケース(耐傷表面加工)
・低発熱、静音動作
・USB Type-CケーブルとUSB Type-C to Type-Aケーブルが同梱
 (ただし、後者のケーブルは、Gen1対応)

昨日、このSSDにシステムイメージをバックアップした。
これで、ひとまず安心だ。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »