« 「十牛図」に想う | トップページ | これは使えるか、携帯式ホワイトボード »

2020年8月27日 (木)

つくつくぼうしダブルゲット!

「あっ、いた!」

桜の木に駆け寄って、そーと手を出し、
素早く捕らえたのは、念願のつくつくぼうし。
素手で素早く飛びつく様子は、まるでカマキリ。

孫の優真は、セミが大好き。
私が保育園のお迎えに行った時は、欠かさず
近所の「ぽかぽか広場」に寄るようになってしまった。

「優真、この木にも居るよ。」
「本当だ、今度はじいじが捕まえて。」

優真のまねをして、無事ゲット。

「優真、今日は運がいいね。」
「ダブルゲットだ!」

嬉しそうに、両手につくつくぼうしを掲げ、
その上で、自ら「ツクツクボウシ!」と鳴く優真。

これまで、あぶらぜみやみいみいぜみは
数多く捕らえて来た。

しかし、つくつくぼうしは、小さい上に
木の上の方で鳴いているため、捕まえた事が
1回しかなかった。

それが、この日は、運よく木の下の方に居た。
これは、千載一遇のチャンス。
それも、2匹とも、よく鳴くオスだった。

この後も、1時間程、ぽかぽか広場に居たが、
ある時は両手に、ある時は片手に2匹を持って
離さなかった。

その上で、さらに空いた手でセミを取っている。
手のひらが虫かごで、手が網と化している。
こんなにも、虫が好きなのか。

後で広場に来たお友達にも、自慢気に披露。
触らせたりもさせてあげていた。
しかし、最後までプレゼントはしなかった。

セミの探求は、これからも続いて行くだろう。

|

« 「十牛図」に想う | トップページ | これは使えるか、携帯式ホワイトボード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「十牛図」に想う | トップページ | これは使えるか、携帯式ホワイトボード »