« ヘッドセットいろいろ | トップページ | ディスプレイフィルムの効用 »

2020年10月31日 (土)

年齢とエネルギーの関係

親友の逝去と共に、友人と再会する
機会に恵まれた。

皆、私と同年代。
お互いに、それぞれの人生を歩んで来た。
その姿が、これまでの道のりを表している。

その時、ふと思った事がある。
それが、年齢とエネルギーの関係。

まず、身体エネルギーの年代別割合を、
自分の場合はどうかと振り返ってみた。

40歳代を100%とすると、
50歳代は衰えを感じなかたので100%のまま。
現在の65歳までは、最大90%でやや減退。

70歳代は、最大80%を維持したい。
80歳代は、最大70%を保持したい。

思えば、30歳代が1番エネルギーがあった
ように思う。言わば120%の出力。
50歳代以降は、ジムに通い始めた事が大きい。

一方、精神エネルギーはどうだろうか。

40歳代を100%とすると、
50歳代は120%と一気に増えた。
現在の65歳までは、安定感が増して125%程度か。

70歳代は、さらに円熟度を増して130%にしたい。
80歳代は、さらに磨いて135%にしたい。

50歳代の飛躍は、50歳で独立した事が大きい。
60歳代以降の漸増は、量よりも質が変わって来た感じ。

55歳以降、論語・大学・中庸等を素読し、行動に現し
我が身を律して来た。
まさに、「60にして耳順(したが)う」である。

身体エネルギーを保持しつつ、精神エネルギーの質
をさらに高め、世のため人のために尽くして行きたい。

|

« ヘッドセットいろいろ | トップページ | ディスプレイフィルムの効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヘッドセットいろいろ | トップページ | ディスプレイフィルムの効用 »