« 思考の三原則 | トップページ | 遂にスマホを買い替えた »

2020年11月23日 (月)

「365人の仕事の教科書」が素晴らしい

81mzu0ylnl
11/20(金)に、致知出版社発行の「365人の仕事の教科書」を、
先行発売された八重洲ブックセンターで入手して来た。
本来の発売日は11/30(月)だが、すぐに読みたかったため。

この三連休中に、既にかなり読み込んだ。
大事な部分をイエローマーカーで線引きし、
更に、キーワードをオレンジマーカーでマークする。

これまで、月刊「致知」や同社のメルマガで配信され、
その時点でメモした内容と重なる部分が多い。
この場合は、改めて味わい直している。

本書には、1日1話として365人分の言葉が掲載されている。
どれも、珠玉の内容。

書名にある「読めば心が熱くなる」は、まさにその通り。
中表紙の言葉も、素敵だ。

「人生で真剣勝負した人の言葉は、詩人の言葉のように光る」

あとがきの文章も素晴らしい。

「僅か1ページの言葉ながら真実の言葉は、時代を超え世代を
 超えて、深く心に響くものがある。」
「仕事の、そして人生の教科書となることを願ってやまない。」

これらの言葉を書かれたのは、代表取締役社長兼編集長
である藤尾 秀昭氏。

月刊「致知」が創刊された昭和53年(1978年)9月1日から
編集に携わられている。
今日までの42年間に、1万人超の方と語り合われて来たとの事。

この図書は、これまでの対談・インタビューの集大成と
言えるだろう。
ここまで選び抜き、まとめるのは至難の業だったと思う。

思えば、1978年は、私が社会人となった年。
今後も、致知出版社と歩みを共にして、
自らの「人間力」を高めて行きたい。

|

« 思考の三原則 | トップページ | 遂にスマホを買い替えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考の三原則 | トップページ | 遂にスマホを買い替えた »