« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月31日 (木)

これからのマネジメントスタイルに向けて

テレワークマネジメントの本を、数冊読み終えた。
考え方中心のものから、ノウハウ主体のものまで。

感想は、管理者にとって、さらに受難の時代に
入ったなという感じ。
人事等のスタッフ部門も、人事制度等諸制度の
見直しを迫られる事になるだろう。

これらの動きに、実状に合わせて、どこまで
俊敏に対応出来るかが、今後のその会社の
勢いを左右する事になる。

管理者は、物理的距離が遠くなる分、さらに
心理的距離を近づける努力と工夫が必要。

今でも「時間がありません」という中で、部下と
対話をして、部下を真に理解する事が求められる。

ポイントは、情報機器を活用する事に尽きる。
パソコン、スマホ等のハードと、インストされた
チャットやWeb会議システム等を使いこなす。

ただし、これらICTの活用は、恐れる事はない。
分からなければ、誰かに聞けばいいだけ。
自転車と同様、慣れてしまえばどうと言う事はない。

問題は、管理者に部下を思う情熱があるかどうか。
なければ、こんな面倒な事は、願い下げだろう。

でも、部下の育成は、リアルの場面でも重要。
それが、オンラインの場面に代わっただけ。
まずは、チャレンジしてみたらどうだろうか。

これらの努力が、最後は自分の能力アップに
繋がる事になる。

これからの時代に求められる管理能力とは何か。
改めて、各自で考えて欲しいと思った。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

素晴らしきライフワークインテグレーションの世界

もう年末近くだと言うのに、研修会社の
営業担当から、仕事のメールが送られて来る。
彼の会社は、年末年始の休業期間のはずだが。

「すみません。
 先方は本日まで稼働のようで・・・」

なるほど、お客様からの連絡が続いている訳だ。
営業担当の苦しいところ。

一方、私に対しても恐縮している。
これは、気の使い過ぎ。
以下を、返事として回答と共に伝えた。

「私は、「365日24時間稼働」なので、
 全く気にされる必要はありません。」

「仕事=遊びであり、遊び=仕事です。
 仕事が楽しくで仕方がなく、一方で
 遊びの中で、仕事のヒントを得ています。
 ライフワークインテグレーション(仕事と生活の融合)
 の見本みたいな存在です。」

「ですので、いつでもお気軽にご連絡下さい。」

これは、まさに本音。
しかし、今だからこそ言える言葉。

サラリーマン時代は、苦行に耐えていた。
何でこんな事をしなければならないのか。

でも、この仕事はいやだが、この仕事を
踏み台にして、自分の能力を高めよう。
会社の資源を、逆に活用してやろう。
会社人ではなく、「社会人」になりたい。

会社を卒業し、一人で社会という広野に
たたずんだ時、不安よりも期待に胸が弾んだ。
全てが、自分の時間!

それ以来、仕事と遊びの区別がなくなった。
興味を惹かれる事が、全て学びの対象。

これからも、気の向くまま仕事をし、
気の向くまま心を遊ばせて行きたい。

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

免疫力を高める

年末年始に大寒波が襲って来るとの事。
本格的な冬の到来だ。

湿度も下がり、インフルエンザの季節に入る。
コロナに加え、インフルエンザにも備えると
なったら、さらに免疫力を高める必要がある。

ネットで調べると、免疫力アップには
以下が大切とあった。

① 適度な運動と休養
② 栄養を摂り腸内環境を整える
③ からだを温める
④ ストレスを減らす

免疫は、日中の活動中に高まり、夜になると低下する。
免疫力を高めるためには、熟睡して体力を回復、
決まった時刻に起き、体を動かし栄養を摂る。

問題は、ストレスにどう対応するか。
避けようとしても、現代社会では無理。

以下の方法は、どうだろうか。
・感度を落として、受け流す。
・受け止め方を変える。
・その先にある楽しい事を考える。

しかし、避けようもない事もある。
その場合は、後のメンテナンスが大事。
・温かいシャワーを浴びる。
・美味しいものを食べる。
・とにかく寝る。

忘れる事は出来ないかもしれないが、
限りなく薄め、過去の出来事にしてしまう。
冷静になれば、そこから学びも得られる。

こう考えれば、免疫力を高めるとは、
心身を健全に保ち、人生を豊かなものに
して行く事に通じる。

周りの方々に迷惑を掛けないという意味では
社会貢献にもなる。

しっかりと免疫力を高めて行きたいものだ。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

時代は孫の世代へ

今年の一番の出来事は、孫が3人になった事。
優真5歳、叶9か月、直輝5か月
全員、男の子。

会う度に思う事、それは「著しい成長」。
3人各々が、変化し続けている。
身体的にも、知的にも。

最近、優真からは、逆に教えてもらっている。
「赤ピクミンは、火に強いんだよ。」
「石垣島には、巨大なオカガニがいるんだよ。」
「アップルの発音は、そうじゃないよ。」

ゲーム、You Tube、英語教材からの知識。
凄いのは、それらの機器やソフトを自在に
操作し、自らランダムに知識を得ている事。

これらが頭の中で、今までなかった形で
体系的に整理され始めたら、何かが起こる。

既存の知識で固められた自分には、もう
付いて行けない世界になるだろう。

自分の子供を育てていた時とは違う感覚。
孫と接していると、世代交代をひしひしと
感じる。

私は今年、65歳と前期高齢者の仲間入りをした。
これからの役割は、次の時代に担う人間を
育てる事。

研修でもその事を意識しながら行っているが
40代中心の管理職の場合は、まだ身近。

しかし、60歳若い孫たちは未知の世界に生きている。
これから、どんな経験をして何を得て行くか。

これから私が行うべき事は、知識を与える事ではなく
知恵を生み出すきっかけを授ける事だろう。

そのためには、まず心身共に健康である事が必要。
孫たちの成長を楽しみに、今後も鍛練し続けたい。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

のびのびタッチ手袋を入手

コロナ禍が第3波を奮う中、外出時には
細心の注意を払うようにしている。

そのひとつが、手袋を交換して使う事。
手に付けている以上、いろいろなものに
一番触れる事になる。

つまり、感染リスクが最も高くなる。
これを防ぐには、帰宅の度に手袋を消毒する
事が効果的。

そして、少なくても1日は使わない。
そうすると、替えの手袋が必要となる。

そこで、さっそくダイソーへ。
機能だけを求める場合は、まずは100均だ。
温かく、そのままスマホを扱えるものが欲しい。

そして、「のびのびタッチ手袋」を見つけた。
・裏起毛、タッチ出来る指3本
・19cm
・アクリル85%、ポリエステル13%
 ポリウレタン1%、ナイロン1%

指先のナイロン部分に、導電性のある金属繊維が
編み込まれているため、スマホの反応は良好。

しかし、難点も。
あまり温かくない。

手周囲19cmのものしかなく、「のびのび」して
くれるのはいいけれど、繊維の間に隙間が
出来てしまう模様。

まあ、妥協出来る範囲なので、よしとしたい。
コロナ対策を行いながら、快適な生活を
過ごして行きたい。

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

プッシュアップバー本格運用に

今年4/7(火)にコロナの緊急事態宣言が発出され
広尾のジムへ行く事がままならない状況になって
以来、自宅トレーニングをし始めた。

その後、広尾のジムを退会し、6月から近所の
エニタイム(ジム)へ通うようになったが、今も
自宅トレーニングの一部を習慣として続けている。

それが、プッシュアップバーとエア縄跳び。
腹筋ローラーも持っているが、エニタイムにも
あるので、そちらで行っている。

さて、このプッシュアップバーだが、平たく
言うと、腕立て伏せをするための道具。
バーを持って行うため、手首を痛める事を防げる。

最近まで、毎日50回1セットを行って来た。
一方、エニタイムでもベンチプレスを行っている
ため、その補助的な位置づけとして来た。

しかし、コロナ第3波の襲来で、ジムでの滞在
時間を1時間程度にして欲しいというお願いが、
改めて貼り出された。

これまでは、行くと2時間程度は居たので、
半分にする必要がある。

やむを得ず、今は体の部位を、脚/腹/下背、
胸、上背、肩/腕、体幹に分けて、日替わりで
鍛えるようにしている。

その代わり、自宅でのプッシュアップバーを
使ったトレーニングを拡充する事にした。

今は、より深く沈み込み負荷を掛けた体勢で、
20回を3セット行うようにしている。

主に大胸筋が鍛えられるが、使い方によっては
上腕三頭筋やその他の筋肉も鍛えられる。
静止状態を保てば、体幹も鍛練出来る。

代謝を上げて、コロナに負けない、免疫力の強い
体づくりに励んで行きたい。

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

テレワークマネジメントに思う

12月に入ってから、テレワーク時代の
マネジメントについて、いろいろな角度から
検討を始めた。

労務管理から始まり、人材育成、動機づけ、
チームビルディング、人事評価、コンプライアンス等

図書も、何冊か出版されている。
厚生労働省HPの「テレワーク総合ポータル
サイト」では、数々の手引きやデータを
ダウンロードする事が出来る。
日本テレワーク協会でも、諸々の情報を得られる。

現在、これらの資料に目を通し、考察を深めている。
そこで改めて気づいた事は、特別なものではない
という事。

これまで職場で行っていたマネジメントを
より一層、深化させればいいだけ。
恐れる必要はない。

ただし、数々の工夫をしなければならない
事は確か。

いつも顔を合わせている訳ではないので、
身近な状態を如何にして作り上げるかがポイント。
ここが工夫のしどころ。

職場と言っても、置かれている状況が違うので
いろいろな具体的方法が考えられる。

読んでいる資料には、それらのノウハウが
著者の観点から、いろいろ述べられている。

一方で、パソコン等の情報機器や通信環境の整備、
費用の捉え方、セキュリティーの確保も、重要な要件。

また、時間管理を中心とする労働法制との関係も
維持しなければならない。

考えるべき事は、確かに多い。
しかし、時代は舵を切り始めた。
研究を重ね、皆様のお役に立ちたいと思う。

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

21回目のイタリアオペラ発表会終了

昨日、21回目のイタリアオペラ発表会を終了した。

コロナ禍での発表会のため、無事開催し運営する
先生のご苦労は、並大抵ではなかったと思う。

事前の会場との打ち合わせ、当日の感染予防、
小さい生徒達のフォロー、そしてサンタ。
今年は、先生がとても素敵なサンタに扮した。

今回は、人の入れ替えのため、2部制となった。
全員マスク着用、歌う時はフェイスシールド着用。

これらで、時間がタイトになる事が予想された
ので、私は1曲のみの発表とさせて頂いた。

歌ったのは、Mattinata(朝の歌) 作曲トスティ

今年9月以降、体の使い方から学び直した。
毎週歌っている姿を録画し、帰宅後振り返る。
そこで気づいた事を、次回、先生に3点伝える。

その繰り返し。

先生も粘り強く、同じ事を言葉や表現を変えて
私がより理解出来るように説明して下さった。

しかし、分かる事と出来る事は違う。
体を楽器として使う事は、本当に奥が深い。
体の使い方と共に、筋肉の組成から見直す
必要がある。

今回は、体の使い方、姿勢、発声に集中するため
敢えて楽譜を見ながら歌う事にした。

結果は、会場の響きを感じながら歌う事が出来た。
これは、声が音としてホールを巡っている証拠。
後で、先生からもお褒めの言葉を頂いた。

しかし、私としては、歌っている最中から
体の動かし方や発声の仕方で、ここはこれでは
なかったよなという思いを抱きながら歌っていた。

正すべき所は、まだまだある。
改めて、そう感じた発表会だった。

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

早朝に瞬発力を発揮

2005年の独立以来、午前4時45分起床をキープしている。
意識している訳ではないが、自然と目が覚める。
睡眠時間は、5時間あれば体調を維持出来る。

仲間の中では、3時起床の方もいる。
しかし、私の中では、この時間はまだ前日。
さすがに、まねする気にはなれない。

5時から8時までの3時間が、最も頭が冴えている。
この時間帯に、フルパワーで、考え仕事を行う。
朝食は、この時間の前に手早く頂く。

この3時間で思考の時間は終了。
ルーティンのトレーニング等を行い、
その後、軽く2度寝をする事もある。

昼までの3時間は、熟成の時間。
早朝3時間の仕事を見直し、さらに練り上げて行く。

ここまでで、合計6時間。
1日の稼働終了。
午後は、ジムへ行ったり、喫茶店で本を読んだり。

夕刻と夜は、明日以降の準備をする事もあれば
メールの返信をしたり、調べものをしたり様々。
テレビはニュース30分程度で、他はほとんど見なくなった。

早朝の3時間が、その日の充実度を占う。
何をするかは、前日以前に、手帳を見ながら
段取りをしておく。

この繰り返し。
出張でホテルに宿泊する時も、8時までは
同じパターン。

今後もこの生活パターンを続けて行きたいと思っている。
しかし、かなり体力と精神力を要求される。
特に午前中は、パワーが集中するため疲れる。

でも、この疲れは、心身共に充実している証拠だ。
サラリーマン時代には、味わえなかった。

これからも、早朝に瞬発力を発揮して行きたい。

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

1日2食の開始

先日、人間ドックを受けて来た。
異常はなかったけれど、気になる事が。

それが、体重。
私の標準体重は、BMIで算出すると62.8kg。
にもかかわらず、65kgだった。
約2kgの差。

この差が、長年縮まらない。
有酸素運動もしているが、カロリー消費が
追い付かない模様。

こうなると、カロリー摂取を減らすしかない。
という事で、今日から1日2食を始める事とした。

朝食と夕食の2食。
この時期、年末年始で仕事がないので好都合。
しかし、今回はソフトに行う事とした。

・昼食を兼ねた打合せ時は、軽食を頂く。
・思考が働かない気配がしたり力が出ない場合は、
 軽く糖質を取る。
・水分補給は欠かさない。

朝食は、チーズとヨーグルトのアーモンド蜂蜜掛け、
バナナ1本と野菜ジュース200mlを頂いている。
バナナの代わりに、レーズンバターロールの場合も。

ジムに行く前に、プロテイン20gを、ココア70入りの
豆乳200mlで溶いて飲んでいる。
プロテインは、寝る前に追加で飲む事もある。

夕食は、妻が用意してくれるバランスのいい和食。
肉や魚、サラダ、納豆、味噌汁、玄米等
サラダは多めに用意してもらっている。

たんぱく質多めに脂質が中位、糖質が少なめ。
食物繊維は、糖質吸収を抑制するため、意識して摂取。
間食は、アーモンドを少々頂く程度。

昼食の定番は、サラダチキンとゆで卵だったが、
これを省略して、どの程度の効果があるか。

とにかく、しばらく試してみたい。

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

北里先生の言葉

北里研究所病院で10万人に1人と言われている
胃GISTの手術を受けて、3年10か月が経過した。

今も、経過観察のため、2か月ごとに通っている。
すっかりお馴染みとなった病院。

その病院の隣に、北里柴三郎記念館がある。
これまでは広尾駅から向かっていたため、
前を通る事がなかった。

しかし、先日は天気が良かったので、帰りに
恵比寿駅まで歩いて行く事にした。
結果として、記念館の前を通る事となった。

以前から一度入ってみたいと思っていた。
今回が巡って来た機会だと思って立ち寄った。

ワンフロアに、北里先生の数々の思い出の
品々や直筆、写真等が展示されていた。
その中で、一番目に留まったものが、次の言葉。

『疫学的観察と理論的説明が、実地応用への第一歩』

「諸君、すべての学問の研究は、
 学者の単なる道楽ではありません。
 研究の結果を、なるべく適切に実地に応用し、
 国家の利益と人民の幸福を増進するのが
 学問の目的でありましょう。」

「科学の研究に従事する者は、
 常に自己の専門以外の学科の進歩に絶えず注目して
 これを利用することに努力しなければならない。」

この言葉を、以下のように解釈した。

学問は活学となって、初めて意味をなす。
そのためには、視野を広く持ち、自己研鑽を
欠かさない事が大事。

これからも、先生が創設した病院にお世話に
なり続けるだろう。
先生の言葉を我が事と捉え、諸事に励んで行きたい。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

ラジコンマリオカート参上!

61zg845yal_ac_sl1194_
5歳になった孫の優真の今年のクリスマス
プレゼントは、次女と相談の上、ラジコンの
マリオカートとなった。

一昨日アマゾンに発注し、昨日到着。
在庫が4台だったので至急注文したのが幸いした。
昨夜の時点で、品切れとなっていた。

この商品は、ラジコンで有名な京商の製品。
大人向けの商品が多いが、キッズ用も作っていた。
今回購入したラジコンは、以下のとおり。

マリオカート サーキットR/C マリオ

・電池:本体LiPoバッテリー3.2V 700mAh(内蔵)
・送信機 単4形アルカリ電池2本(テスト用同梱)
・操作可能距離30m
・最高速度 時速10Km
・走行時間 20分、充電時間 50分
・対象年齢 6才以上

なんとディファレンシャルギヤを搭載している。
その上、タイヤがラバー製なのでグリップが効く。
きっと、ゲームさながらの走りを見せてくれるだろう。

マリオの顔も、そのまま。
こうなると、ルイージも欲しくなるほど。

優真が、どんな顔をするだろう。
マリオはテレビゲームでお馴染みなので、
すぐに飛び付いてくれる事を期待している。

私も、子供の頃、ラジコンが欲しかった。
でも、遂に手にする事はなかった。
今回、優真を通して、やっと夢が実現する。

孫の喜ぶ顔が、私への最大のクリスマス
プレゼントだ。

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

LEDシーリングライトに更新


年末に近づき、仕事もひと落ち着きして来た。
これを機に、改めて気になっていた各室のメンテナンス
を行う事に。

まずは、妻からもお願いされていた、天井の照明器具
の取り換えから。

今回は、6畳と8畳の居室2部屋。
居間と私の部屋は、数年前にLEDに取り替え済み。

マンション入居時は、まだ蛍光灯が主流だった。
でも今は、LEDの時代。

いろいろと調べ、今回はアイリスオーヤマの製品を
購入した。
・直径45cm×高さ9.3cm
・重量:1kg
・調光:LED10段階、常夜灯2段階
・明るさ:6畳用3300lm、8畳用4000lm
・リモコン:お休みタイマー(30分)付き
・本体:ポリプロピレン、鋼板

先程、取り替えたが、あっと言う間に完了。
構造が、蛍光灯に比べ、実にシンプル。
その分軽いので、設置作業が本当に楽だった。

点灯すると、改めてその明るさに感動。
薄くてコンパクト、その上シンプルなデザイン
なので、飽きが来ない。

リモコンも小さい。
でも、これで調光10段階+常夜灯2段階の切り替えが
出来、記憶させた明るさで再現点灯する事が可能。

おやすみタイマー(30分)は、設定後徐々に暗くなり
設定時間で消灯する。

必要かつ十分な機能で、余分な機能が付いていない
点も気に入った。

これらの明るいライトと共に、年末年始を迎えたい。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

軽量ミラーで姿勢を正す

Dsc_0001_20201212181001
この度、軽量ミラーを買い増した。
オペラ歌唱時の姿勢を正すため。

先生曰く、
「姿勢が前傾になっています。」

歌う時は、上に向かって真っすぐに伸び上がる
必要があるが、どうしても前傾になってしまう。

これまで、陸上短距離やフェンシング等、
前傾のスポーツばかりを行って来たためか。

オペラでこれ以上の上達を望むならば、
改めて、この姿勢を前傾から直立に戻す
必要があるとの事。

これは大変。

50年以上培って来た姿勢や、それを支えて来た
筋肉以外の筋肉を改めて鍛える必要がある。
これは、主に体の裏側の筋肉群を意味する。

そこで、まず出来る事から取り組もうと考えた。
それが、いつもミラーを眺めて、日常の姿勢を
チェックする事。

今回購入したリフェクスの軽量ミラーは、既に
60cm×150cmのものを持っている。
しかし、これは玄関ホール用。

今回は、自室用に40cm×150cmのものを購入した。
・重量:2.0Kg
・ミラー面:ポリエステルフィルム
・枠:アルミニウム(シャンパンゴールド)

フィルムなので、手荒に扱うと破れてしまう。
ここは、注意深く部屋の奥に、でも横の姿勢が
嫌でも見える所に設置した。

新たな挑戦が始まった。

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

テレワーク下でのマネジメント

コロナ禍の第3波で、また生活のリズムが
惑わされ始めた。

年末近くになると、研修自体は減って行くので
現時点では、仕事への影響は比較的少ない。
問題は、来年以降の状況だ。

しかし、いくら考えても、自分でこのコロナ禍の
流れを変える事は困難。
今は、今後に備え、出来る事を行うしかない。

先日、ある組織から、人事評価における
「テレワーク勤務の勤務実績等の把握の仕方」
について、打診があった。

また、別の組織からは、日々の職場管理における
「テレワーク下でのコミュニケーションの取り方」
について、質問があった。

時代は、大きく舵を切り換え始めている事を痛感。
テレワークに対応したマネジメントの実行の仕方を
確かに模索して行く必要がある。

マネジメントの本質は変わらない。
社会貢献を目指し、個人の成長と組織の成果を
同時達成する事。

しかし、それらを実現するために、どのように
行動すれば効果的かは、確かに熟慮する必要がある。

基本的には、パソコンやスマホ・タブレット等の
情報ツールを駆使して、コミュニケーションを
取り合いながら仕事を進める事となる。

その過程では、価値観の共有や信頼関係の構築も
行って行く必要がある。
中には、初めて面する新入社員等も居るだろう。

パソコン等の画面を通して、深い関係構築を
どのように進めて行けばいいのか。
人間同士である以上、心理面を疎かにする訳にも行かない。

テレワーク時代に即したマネジメントの効果的な方法を
模索して行きたい。

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

ピンセットと共に

5歳になる孫の優真と行動を共にする場合、
必ず持参するものがある。
それが、ピンセット。

いつも、2種類持って行っている。
① ストレート型:先端が尖がったタイプ
② つる首型:先端が鶴の首のように曲がったタイプ

「じいじ、ピンセット。」
林の中で、生物調査隊長の優真が、元気よく声を発する。

「今日は、どちらのピンセットを使いますか。」
「まっすぐな方。」

丸太の下に、冬眠中のダンゴムシを発見した模様。
先が真っ直ぐなピンセットで、周囲の木片を剥がし、
じっくりと観察する優真。

「みんなで集まって、丸まって居るね。」
「寒さを防いで居るのでしょう。」

一方、私がつる首のピンセットで、枯れ葉に交じって
いた小さい幼虫をつまみ上げた。

「これ何の幼虫でしょうか。」
「何だろう、帰って図鑑で調べてみよう。写真撮ってね。」
指示を出す隊長。

秋が過ぎ、冬になっても生物調査に熱中している。
子供の好奇心は、本当に旺盛だ。

ストレート型は、地面を掘ったり刺したり、何かを
剥がしたり、力をダイレクトに加え易い。

つる首型は、真上から見て手元が見えるため、
細かい作業がし易い。

これからも、2種類のピンセットを使い分け、
生物調査を続けて行きたいと思う。

道具の使い分け、新たな使用法の発見等、
虫探しが、ものを創意工夫していく面白さに
発展していく事を願う、じいじであった。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »