« 声楽の力を再認識 | トップページ | 「デジタルとAIの未来を語る」読了 »

2021年1月19日 (火)

JALカードSuicaにオートチャージ設定

現在保有しているビューカードとモバイルSuica
には、電子マネーであるSuicaのオートチャージを
設定している。

Suicaを一定の金額まで使ったら、自動的に
クレジット機能が働き、定めた金額が入金される。

この仕組みは、Suicaを多く使って残高が減って
来ても、現金をその都度チャージする必要がない
ため、とても便利。

一方、JALカードSuicaカードも持っている。
こちらは、JALに搭乗するために持っている。
主にクレジット機能を使っていたので、敢えて
Suicaのオートチャージは設定していなかった。

これまで、両カードとも事業用で使っていた。
しかし、昨年から仕事での出張が激減したため、
今年から、JALSuicaカードは個人用として使う事に。

となると、JALSuicaカードにも、オートチャージ
を設定した方が便利。

オートチャージの設定は、JRの駅に設置されている
ATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」で行う。

このビューアルッテ、結構多機能なATMだ。
ビューカードの各種設定、Suicaへのチャージ、
提携金融機関の預貯金の引出し等を、
年中無休で使う事が出来る。

貯まったJRE POINTの、Suicaへのチャージも可能。
現在、JRE POINTが10万円程あるので、まずは
このポイントを、JALSuicaへチャージする考え。

また、ビューアルッテで、JALのマイルをSuicaに
交換する事も出来る。

これらは、ネットでも手続き可能だが、
ビューアルッテの方が、より簡単で速い。

コロナのお蔭で、仕事や生活環境が激変。
身の回りを、今後も変化に対応させて行きたい。

|

« 声楽の力を再認識 | トップページ | 「デジタルとAIの未来を語る」読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 声楽の力を再認識 | トップページ | 「デジタルとAIの未来を語る」読了 »