« 「「未来」の話をしよう」読了 | トップページ | 孫からのプレゼント »

2022年3月26日 (土)

池上彰氏に学ぶ

書店を散策している時に、目に止まった本があった。
それが、以下の本。
「一気にわかる!池上彰の世界情勢2022
 =コロナの先の世界編=」
 
発行日を確認すると、2022年1/25となっていた。
ロシア侵攻はその後だが、それまでの
世界の大きな流れは、網羅されていた。
 
さっそく購入して、一気に読んだ。
 
いつも思うのは、とても分かり易く解説
されている事。
 
自分で情報をよく確認し、かみ砕いて理解
していないと、この記述は不可能。
講師から見ても、お手本のような方だ。
 
書かれている内容は、世界各地・各国の
情勢が、コンパクトにまとめられたもの。
 
この情報をベースに、さらに知りたい方は
自分で調べて下さいと言うスタンス。
最後は、読者の判断に任せている。
 
編集者のコメントを見ると、こう書かれていた。
「本書は「毎日小学生新聞」の連載「教えて!池上さん」
 の記事に加筆、編集したものです。」
 
何と、小学生向けの記事だったのだ。

しかし、平易な書き方とは別に、扱っている内容は

全て高度なものだ。
 
「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく
 ふかいことをたのしく」
 
作家の井上ひさしさんの言葉が、そっくり
活かされている。
 
これまでも、リベラルアーツの一環として
池上氏の著作を読まさせて頂いて来た。
 
今後も、情報源のひとつとして、新刊が出る度に
内容をチェックさせて頂く事としたい。

|

« 「「未来」の話をしよう」読了 | トップページ | 孫からのプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「「未来」の話をしよう」読了 | トップページ | 孫からのプレゼント »