« 冷静さと勇気 | トップページ | 「和敬静寂」の心とは »

2022年3月 6日 (日)

数独にチャレンジ

前回、ホームの母を訪ねた時、ある紙片を渡された。
見ると、数表が手書きされていた。
何だ、これは。
 
これは、ホームで定期的に提供されている
クイズの一つとの事。
これまでも、各種のクイズを、一緒に解いて来た。
 
しかし、このような数表は初めて。
後で知ったが、これは「数独」というクイズ。
普段、クイズはしないので、新鮮な驚き。
 
さて、どのように解けばよいのか。
しばらく、数表とにらめっこ。
 
数独は、9列9段の升目に、1から9までの数字を、
列・段ごとに重複しないように記入するゲーム。
数個の升目には、予め数字が入っている。
 
まず、どこから数字を埋めて行くか。
縦横の数字のだぶりを避け、ヒントの既存数字を
活かすとなると、まず四隅からだろう。
 
候補の数字から、だぶりの数字を避け、
まず2つの隅を押さえた。
しかし、これから先が進まない。
 
ところが、帰宅して妻に紙片を渡した所、
すぐに解いてしまった。
 
聞いたら、まず、3列3段のブロックに分けて、
考えたとの事。
 
しかし、詳細な方法は、教えてくれなかった。
後は、自分で考えなさいと言う事か。
 
適当にやっても、数字は埋まらないだろう。
基本的には、消去法しかないと思うのだが。
 
数独という名称は、「数字は独身に限る」という
言葉の略。
パズル専門出版社ニコリの登録商標との事。
 
脳トレ兼論理的思考能力の向上にはいいかも
知れないが、これは凝ると疲れそうだ。

|

« 冷静さと勇気 | トップページ | 「和敬静寂」の心とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷静さと勇気 | トップページ | 「和敬静寂」の心とは »