2024年7月10日 (水)

天意夕陽を重んじ、人間晩晴を尊ぶ

7/3(水)に、20年ぶりに新紙幣が発行された。

1万円札に表示された方は、我が埼玉県人である渋沢栄一翁。
「日本資本主義の父」と称され、明治時代の勃興期に、
経済界に対し多大な貢献をされた。

何と、約500の企業の設立や約600の社会的事業の支援に
携わられたと言うから驚きだ。

24.7.6に配信されて来た致知出版社の人間力メルマガに
渋沢翁が晩年好んで揮毫した言葉が紹介されていた。

「天意夕陽を重んじ、人間晩晴を尊ぶ」

朝日の美しさはもちろんだが、夕陽の美しさも格別である。
太陽は、沈む瞬間に、一際鮮やかな光を放つ。
夕陽があんなに美しいのは、天がそういう生き方を賞賛しているから。

人間も、夕陽のように晩年になればなるほど晴れ渡り、
残照で周囲を照らすような生き方が望まれる。

何と素晴らしい言葉ではないか。

メルマガには、合わせて、渋沢翁が生涯の師と仰いだのは、
孔子であったと記されていた。

孔子が生涯貫いたという「忠恕」(物事に真心を尽くし、人を思いやる)を、
渋沢翁もまた死ぬまで貫こうとしたのではないか。

渋沢翁は、何時いかなる時も目の前にいる人に
心の全てを傾けて対応したという。
その「誠」が相手の心を打ったとあった。

かなり個性的な部分もあったかも知れないが、
そこも魅力の1つだったのだろう。

まさに、人間力に溢れた方だったと思われる。

我々は、渋沢栄一にはなれないが、我々なりの人生を営み、
世のため人のために役立って行きたいものである。

| | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

タキシードを着用してのオペラ発表会!

7/7(土)に行われたイタリアオペラ発表会。
私にとっては、28回目の舞台となる。

今回、1番のチャレッジだったのは、タキシードを着て演奏した事。
実は、タキシード着用は、これまでの人生で初めての経験。
どんな感じで歌えるのか、全く想像が出来なかった。

そのため、当日の会場でのリハーサル時から着用し、慣れさせて頂いた。

今回のタキシードは、紳士服のアオキでレンタルした。
当初は、大宮近辺の貸衣装店を当たったが、相応しい店が見つからなかった。
そのため、購入しかないと思い、アオキのホームページを参照。

すると、何とアオキでレンタルをしているとの事。
さっそく、さいたま新都心店へ出掛けて、具体的な相談をさせて頂いた。
その結果、ポイントを活用し、費用をあまり掛けずに入手する事が出来た。

しかし、寸法直し等が出来ないため、スラックスがやや長めに。
ここは気にしても仕方がないため、割り切って着用。
だが、余裕のあるサイズを選んだため、リラックスして歌う事が出来た。

お蔭様で、聴いて頂いた方々の評価は、上々だった。
特に、音楽家である先生のお母様からは「音楽的に素晴らしかった」との
お言葉を頂く事が出来た。

先生からも「演奏レベルが上がった」との評価を頂いた。
正装をすると、自分でも気づかない所で、向き合う意識が違って来るようだ。
もっとも、「馬子にも衣裳」効果かも知れないが。

しかし、この意識を本物にして、かつ高めて行く事が大事。
意識の持ち方ひとつで成長の質が違って来る事は、これまでも経験済み。

という事で、今後の発表会も、タキシードで臨む事とした。
先生も、それを期待されているだろう。

そうなると、レンタルではなく、自分にフィットした品を手に入れたい。
善は急げで、今日、アオキへ出向いて、改めて購入の相談をする事とした。

レンタル時にお世話になったAさんが、今日も店舗にいらっしゃるとの事。
昨日の内に連絡をして、在庫や備品等について、調べておいて頂く事とした。

さて、こうなると、オペラの世界も、一段上がった世界に臨む事になる。
タキシードを購入する事が、ある意味、退路を断つ事に繋がる。
大げさかもしれないが、タキシードを着る事は、他にはないだろうから。

イタリアオペラを、どこまで極める事が出来るだろうか。
厳しく、でも楽しみながら学び続けて行きたいと思う。

| | コメント (0)

2024年7月 1日 (月)

大型家具を整理

娘たちが結婚し、自宅マンションを出てから、かなりの年月が経つ。

その間、次女の部屋は、妻が自室として使うようになった。
一方、長女の部屋は、昔の学習机も含め物置状態に。

以前より、妻がこの学習机や自室に残され不要になった書棚を
処分したいと言っていた。

今回、これらを整理する事に。

まずは、家具引き取り業者に連絡し来てもらい、費用を見積もって頂いた。
学習机と書棚で、合計3万円程度との事だった。
しかし、その担当のお兄さんが、こう助言してくれた。

「この大きさならば、市の粗大ごみに出せますよ。」
「管理人さんから台車をお借りすれば、下まで運び出す事が出来ます。」
「ちょっと、一緒に持ってみますか。」

持ってみたら、運べない事がない事が分かった。
頭から自己解決は無理だと思っていたので驚いた。

家具の持ち上げ方まで教えてくれた。
これはもう、感謝しかない。
お礼を述べて、一旦引き上げて頂いた。

妻が市の担当課に連絡し、改めて大きさや形状等を伝えて
相談した所、引き取ってもらえる事が確認出来た。
それも、たったの550円×2個=1,100円。

昨夜、妻と協力して、マンション備え付けの台車を使い
管理人さんから指定された場所へ、運び出した。
久しぶりに軍手をして、作業を行った。

何で出来ないと思い込んでしまったのか。
今から考えると、むしろそれが不思議。
思い込みの罠に掛かってしまったのかも。

これで、部屋に残った大型の家具は、私と妻のデスクとベッド
そしてダイニングテーブルだけとなった。

書棚や整理戸棚、食器戸棚等は、全て入居時に、当時顔見知りに
なった大工さんに特注して、作り付けて頂いた。
今も、とても便利に活用させて頂いている。

余分なものがなくなると、すっきりとして気持ちがいい。
この空いたスペースを、どのように有効活用して行くか、
楽しみながら検討して行きたい。

| | コメント (0)

2024年6月30日 (日)

大学物理の針が振り切れた!

放送大学で学んでいる物理が、理解の限界を超えた。
「力の運動の物理」の、第11章以降の解析力学の説明が、
まるで理解出来ない。

これまで、放送大学の物理は、基礎の2科目の単位認定を受けて来た。
ベースとなる数学も、同じく2科目クリアして来た。

しかし、今回は、まるで歯が立たない。
ネットで授業を何度か視聴し直したが、やはり教授の方が
解説している内容が意味不明。
レベルが、極端に上がった感じ。

ここまで来ると、馬の耳に念仏状態。
もはや、受講し続ける気力を失ってしまった。
だが、これは物理の勉強を諦めたという訳ではない。

自分に合ったテキストで、自分のペースで勉強を進める方向に
切り替えたという事。
具体的には、マセマ出版の物理のテキストを読み込んで行きたい。

そのため、放送大学は、来年の24年3月末で一旦休止。
自分なりに理解が進んだ時点で、放送大学に再チャレンジしたいと思う。

一度付与された学生番号は、そのまま継続されるとの事。
なので、単位取得した科目は、履歴に残る事となる。

また、私の場合、27年4月までに再入学した場合は、
入学料が25%引きとなる特典が受けられる事も確認した。
つまり、27年3月末までが、目安の猶予期間という事になる。

さて、その3年の間に、独学でどこまで辿り着けるだろうか。
最終的には、修士レベルである量子物理学まで単位取得したい。

マセマ出版のテキストも、既に「量子力学」まで購入済み。

並行して、大学数学も、マセマ出版のテキストを使って勉強したい。
物理法則は、数学で記述されているからだ。

さて、どこまで極める事が出来るだろうか。
学んだ物理法則をベースにして、宇宙を知る取っ掛かりとしたい。

我々は、最期は、この「大宇宙」に戻るように運命づけられている。
魂の故郷である宇宙を知りたいと言う気持ちは、
自然な感情なのかも知れない。

| | コメント (0)

2024年6月29日 (土)

武術・武芸・武道とは

私のテコンドーの師である朴師賢から、伺った言葉がある。
それが、武術・武芸・武道の言葉の成り立ち。

・武術は、中国で敵を倒す「わざ」として生まれた。
・武芸は、韓国で芸術の域に洗練され「美しさ」が追及された。
・武道は、日本でそれをさらに深め「生き方」に昇華させた。

改めてまとめると、次のように整理出来るように思う。
● 武術:武の技術(わざ)
● 武芸:武の技芸(美しさ)
● 武道:武の正道(生き方)

一文にすると、
「わざを練磨して、美しく表現し、正しく生きる」。

これは、柔道家の嘉納治五氏が唱えた、「心技体」と通じるものを感じる。
○「技」を磨き、「心」を美しく持ち、天地と一「体」となって生きる(天地人)。

考えを巡らせると、いろいろな言葉の関連性が見えて来る。
その過程を通して、自分の思考が深まって来るから興味深い。

稲盛和夫氏は生前、いずれ訪れる“新しい旅立ち”に備え、
「魂を美しく磨き上げる」ことを説いていらした。

人生を生きるとは、まさに自分の魂を磨くこと。
この美しい魂に磨き上げるためには、日々そうありたいと思って
謙虚に反省し、自分自身を変えていく努力をしなければならない。

朴師賢から教わった「テコンドー精神」に、以下が挙げられている。

1.禮儀
・互いに敬い 謙虚であること 人の行う礼の道

1.廉恥
・心が清らかで 正と誤をわきまえ 恥を知る心のあること

1.忍耐
・耐え忍ぶこと 苦しみや怒りに耐えて 乗り越える強い精神

1.克己
・己に勝つこと 自らの衝動や欲望に 打ち勝つ精神

1.百折不屈
・幾度挫折しようとも 決して屈しない 不屈の精神

テコンドーの修練を通して我が身を律し、ご縁が合って出会った方々の
何かお役に立てる人間となれるように精進したい。

| | コメント (0)

2024年6月24日 (月)

己のコスモを抱いて生きる

月刊「致知」最新号で、素晴らしい対談記事を読んだ。

葆里湛(ほりたん)シェフ後藤光雄氏と
アル・ケッチァーノオーナーシェフ奥田政行氏の対談だ。
奥田氏は、昔、後藤氏の元で修行を積んだ間柄との事。

最後の以下の会話が、今回の対談のエッセンスを象徴していた。

(奥田)
いや、僕は感謝しています。
「一所懸命」「真剣勝負」「夢中」。
どうすれば負けないかという勝負事の綾、
常に気を抜かない、完璧であるとは何かを学びました。
勉強の仕方を含めて、後藤シェフあっての僕なんです。
いま笑っていられるのは、これまでいろんな真剣勝負に勝てて来たからです。

(後藤)
僕もこの先2年で、必ず1つ星を取る覚悟です。
奥田シェフじゃないですが、僕も本田社長を想って、
未だに写真を胸に入れています。
今回も、また持っていきますよ。
「絶対成功させますから」と。
70歳で海外に出て、目標達成して死ねたら、格好いいですよね。

(奥田)
僕は、アル・ケッチァーノを日本中に料理人の粒子を散らす
〝料理の松下村塾〟と思って、若い子を指導しています。
シェフの教えを、若いスタッフたちに「今日の自分を超えて、新しい自分に
出会ってみたいと思いなさい」等と、形を変えて伝えているんです。
技術を覚える「修業」の上に、人間としての成長「修行」を重ねて、
自分の『コスモ』を広げ、日本に必要とされる料理人になって欲しい。
そこまで行けば、これからの時代で生き残って行けます。
そういう人材を1人でも多く輩出出来れば、この上ない孝行だと思っています。

料理の世界も、奥が深いようだ。
食は、人間にとって生存に不可欠な要素のみならず、
人に感激や感動を与える精神的な要素も大きい。

「一所懸命」「真剣勝負」「夢中」の中で、
「修業」から「修行」に昇華し、
自分の『コスモ(世界)』を構築していく。

しっかりと受け止めたいと思う。

| | コメント (0)

2024年6月23日 (日)

貯金通帳を再発行!

ゆうちょ銀行の通帳を、かなり前に廃棄した。

2005年に独立して、金融機関を見直す中で、必要性が減少した
当時の郵便局の貯金口座を使わない事にしたのだ。

娘たちが学齢期の時は、郵便局には、積立貯金や学資保険等でお世話になった。
しかし、独立と共に、取引金融機関を普通銀行や信託銀行へ移行。

だが、ここに来て、ゆうちょ銀行の口座を復活せざるを得なくなった。
テコンドーの月会費を、ゆうちょ銀行の口座から自動送金する必要が
出て来たからだ。

新規の口座を作るため、最寄りのゆうちょ銀行へ出向いた。
身分証明のため運転免許証を提示したところ、昔の口座がまだ残っている
と言われた。

確かに通帳は廃棄したが、口座解約の手続きをしていなかった事を思い出した。
1人1口座と決められているため、再発行の手続きをせざるを得なくなった。
解約を怠ったつけが、今頃回って来た訳だ。

2週間後に、通帳とキャッシュカードが書留で送られて来たため、
再びゆうちょ銀行へ出向いた。
道場への自動送金手続き等のためにだ。

このタイミングで、スマホで口座管理が出来るように、
「ゆうちょ通帳アプリ」をインストールした。

ところが、次々と関連するアプリのインストール案内が表示され、驚いた。
どのように機能分担されているのか不明だったが、取り敢えず
以下のアプリをインストールした。

「ゆうちょ認証アプリ」「ゆうちょレコ」「ゆうちょ手続きアプリ」

まだよく検証していないけれど、他銀行ではアプリは1つで済んでいる。
これは、重厚長大で、使い勝手が悪そうな予感がする。

ゆうちょ銀行は、今後も、最低限の範囲で使って行こうと思った。

| | コメント (0)

2024年6月21日 (金)

ペットボトルホルダーを追加購入!

Dsc_0057
暑い日が、連日続いている。
しかし、外出しない日はない。
カフェへ行って本を読んだり、ジムへ行ってトレーニングをしたり。

そうなると、熱中症対策として、水分補給が不可欠となる。

通っているジムの1階が、格安食品スーパーのアコレとなっている。
最近は、ここでスポーツ飲料のアクエリアスを購入するのが習慣となって来た。

1本では足りないので、数本買っている。
通常は2本、テコンドーがある日は3本。
1本500mlなので、これだけで1~1.5Lとなる。

外出時には、これらを必要な時に、素早く飲めるようにしておく必要がある。
そのため、従来から便利に使っているペットボトルホルダーを買い足した。

日常使いのデイバッグ用に1つ買い足し、
テコンドーのバッグ用に3つ新規で買った。
これで、合計5つ持つことになる。

バッグ間で入れ替えるのが面倒なため、このような形となった。

これも、当ペットボトルホルダーが、100円ショップで入手
出来るからだ。

私のお気に入りのペットボトルホルダーは、キャンドゥで売っている。

各100円ショップでいろいろなホルダーが販売されているが、
今持っているものが、私のニーズに最も合っている。

色は黒、輪っかの持ち手がついており、手首に回す事が出来る。
ホルダーの中は、気休め程度だが銀色の断熱シートが貼られている。
そして、ストッパー付きのひもで、上部を絞って固定している。

歩いている時にすぐ飲用するには、シンプルかつとても機能的に出来ている。
まさに、アイデア商品だ。
夏場に向かって、大いに活用して行きたいと思う。

| | コメント (0)

2024年6月20日 (木)

インターネット回線を交換

2003年に現マンションに入居してから、早21年が過ぎた。

これまで、インターネットへの接続は、マンション一括加入であった
「UCOM光レジデンス」のお世話になって来た。

しかし、この度、ケーブルテレビの「J:COM」の接続サービスに乗り換えた。

実は、電話については、2017年にNTTから既にJ:COMへ乗り換えていた。
テレビは、マンション一括でJ:COMから同軸ケーブルで接続されていたため、
今回、電話・テレビにネットも加え、全てJ:COMとなった事になる。

通信のインフラを1社に任せる事には、一抹の不安もあった。
しかし、全てが値上がりする中、まとめる事でトータルの料金を
減額させる事が出来る。

逆に、生活の質を上げるため、J:COMの動画配信を観たいという思いもあった。
この契約をすると、J:COM提供の番組だけではなく、アマゾン・プライム等の
ネットの動画も、テレビで見る事が出来るようになる。

この動画を、お試しで2か月間実質無料で観る事ができるキャンペーンを
行っていたため、試してみる事にした。

さて、これで、どれ位「生活の質」が上がるだろうか。

新しい通信環境になって1週間しか経っていないので、まだ評価は出来ない。
しかし、私自身は、動画配信をまだ観ていない。
妻も、まだ観ていない模様。

私は、どちらかと言うと、アウトドア派。
外へ出て活動する方が、気が晴れる。
家の中で、動画を見るのは、その後だ。

これまで、動画は、パソコンでアマゾン・プライムを通して観る事が多かった。
今回、ディズニープラスも観る事ができるようになったので、
これをどの程度、パソコンやテレビで観るかが判断の別れ道だろう。

ちなみに、YouTubeもテレビで観る事が出来るようになったが、
YouTubeは、もっぱらスマホで観ている。

まあ、これまでの生活習慣もあるので、パソコン・スマホから
どれくらいテレビを見る生活に馴染めるかだろう。

この2か月を使って、映像との向き合い方を再検証したいと思っている。
拒むのではなく、一旦受け止めてみたい。

それによって新たな世界が広がり、見識が広がればそれに越した事はない。
これも、ひとつのチャレンジという事が出来るだろう。

| | コメント (0)

2024年6月16日 (日)

テコンドーを本格的に開始!

明日、テコンドーの3回目の修練がある。

6/3(月)の1回目は、「体験」だったのだけれど、実質的に修練開始。
その日が、入会日となった。

6/10(月)の2回目は、大宮道場へ16:00に入り、21:00まで居た。
幼年部が16:00開始だったのだが、誰も来なかった。
そのため、この時間は、朴師賢から個人指導を受ける事に。

17:00からの少年部では、小学生4名と共に、19:00まで修練。
今後は、この子供たちと修練に励む事となる。

その後、19:30から21:00までの成年部の修練も、
体に無理のない範囲で参加させて頂いた。

つまり、この日、大宮道場で行われている全ての修練を、
肌身で体感させて頂いた事になる。
これで、どんな方々がどんな修練をしているのかが、何となく分かった。

明日の3回目からは、朴師賢に以下をお願いした。

16:00~17:00 自主トレ
17:00~19:00 少年部と子供たちと修練
19:00~19:30 (休憩)
19:30~21:00 成年部に無理のない範囲で参加

テコンドーは足技が中心の為、体幹と脚の強化及び柔軟性が必要だと分かった。
私の場合、筋肉はある程度付いているが、体が硬いのが最大のネック。
特に、脚裏のハムストリングが硬い。

ハムストリングの柔軟性を、何としても確保しなければならない。
中学で陸上短距離、高校でフェンシングをして来たが、
ハムストリングの柔軟性は、さほど求められなかった。

実は、6/3(月)以降、ジムでは筋トレを敢えて封印し
マットの上で、ストレッチに励んでいる。
その一環として、自宅でも思い、ストレッチトーラーを購入した。
(仕様) 黒、エチレン酢酸ビニル、0.5kg

また、オペラの適正な発声姿勢作りのため、オペラの先生ご推薦の
整体師のMさんに以前からお世話になっている。
今後、テコンドーの柔軟性確保も合わせてお願いたところ、引き受けて頂けた。

Mさんは、実は合気道の達人でもある。
なので、武道関係の体のメンテナンスは、お手のもの。

今後の修練に備え、出来る事は、全て手を尽くして行きたいと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき